Cook-onのオンは、すぐにクッキングするスピードクッキングです。
そしてCook-onのオンは、もうひとつの意味を持っています。
温かい「温」
ですね。

 石原結実さんというお医者さんの書いた『病気にならない!身体を温める食材とレシピ』をはじめ、身体を温める本がありますね。(この方、数冊、同じテーマで書いてます)私自身、ブログ連載をはじめた中身は『食材をムダにしないヘルシー5分間クッキング』は、10年前の本ですが、朝食に温かいスープやリゾットを食べることを基本にしてます。

さらに、私は真夏でも「温かいお鍋」を食べるため、付き合わされたスタッフには「また鍋ですか…」と、ウンザリされるのですが、東京は青山の私の部屋(スタッフが公開しろ…と言ってますので、近々公開しますが…)で1人鍋もけっこう楽しんでいるのです。

 1年間の365日中、2、3日しか休まず、毎週のように北海道から九州までどこかに出張し、全国各地を動きまわり、今年もまだ元旦以外に休みをとっていないのに、すこぶる元気です。というより元気になっていったのですが、温かい食事をベースとしているのがすごくいいようです。

 先日も身体のデータをとったのですが、悪いデータはありません。お酒は、先日、なんと数百日ぶりに1日やめましたが、ようは365日、毎日呑んでるのに、γ-gtpなど肝臓のデータも、まったく問題ありません。食べて呑んでいるのに、痩せようと思えばすぐに痩せられる、もちろん太ることもないこの理由は、どうやら、Cook-温、温かい食事ですね。女性の皆さんには、とくにおすすめじゃあないでしょうか。

 毎日のようにお客様、クライアントと会って企画を練り、かつ自分のビジネスもすすめる多忙な合間に、著作を70冊を著したり、企画書はいったいどれだけ書き下ろしたのだろう……よくわかりませんが、このベースには、どうやらこのCook-温が非常に重要なポイントになっていると確信しています。


 
copyright 2005 kikakujuku & kenkoTakahashi