★毎日が企画: 2013年3月アーカイブ

企画書・提案書は、どこを描いているか?……「【超】一枚企画書の書き方」(ダイヤモンド社2013.01刊行)より
……企業の全体を見て、さらに今、あなたはなにをしているか? なにを企画・また提案するか?

 シャープの経営危機、ソニーやパナソニックの長期低落傾向など、日本企業の厳しい状況が続きます。
 大企業も中小企業も、厳しい局面を突破しようと、知恵を絞り、大リストラの事業企画書や新事業への企画書や提案書が飛び交っています。
 商品が売れない……すると、広告・販促関連の企画書や提案書が飛び交います。
 企業が発注するか持込みかは別として、販促や広告関連ツールの提案書が、圧倒的に多いでしょう。
 ツールでV字回復できるほど時代は簡単ではなく、その証拠に広告、印刷業界の傾向は、このところ急速に右肩下がりで、なお高度成長時代のマスマーケティング発想で企画提案されるものの、費用対効果が悪く、その結果、発注が減り、さらに値下げ競争に走る悪循環の現実があります。
 それは企業の「価値」「仕組み」「顧客との関係」づくりのどれか、あるいは複数がうまくいっていないことを意味し、構造的な「問題→解決」が必要なのです。
 ツールでV字回復できない場合、プロセスを含めた「顧客との関係」の問題解決の必要があります。
 それでも解決できない場合、「価値」づくりか「仕組み」づくりの徹底が必要になり、これも非常に重要な企画ですが、企業内部の問題で、外部からは分かりにくい。さらに内部スタッフも内部の問題は処理しづらく、難しい事態に直面します。
 しかし厳しい時代と言っても越えなければ未来がないわけで、各段階の問題解決をする必要があり、企業規模が大きければ大きいほど緻密な地図、図面が必要。つまり企画書が必要になります2013.0314ichimaikikakusho.03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うまくいっていない企業の状況は

 企業の「価値」づくりがうまくいかない……需要と供給がミスマッチしている

 企業の「仕組み」づくりがうまくいかない……これはスピードの速い市場に対応できない

 企業の「顧客との関係」づくりがうまくいかない……ネット時代と過信しすぎたり、ネットに乗り遅れたりよく見かけます。

 これらの構造的な「問題→解決」が必要です。

 「価値・しくみ・関係づくり」のあたまをとって「かしか」「可視化」としていますが、複雑であれば、一瞬でわかる仕組みが必要……これを私は、30年来、企画書という仕組み(ごぎれいに見せる企画書ではありません)に創り上げて来たのです。

 なかなか本質を理解している人は稀ですが、経営者は感覚的にわかってますね。

だから、一枚の企画書を好むのです。

おりにふれて、またお話しますが、なにぶん多忙なもので、たまにしか……ごめんなさいね。

最近の「【超】一枚企画書の書き方」(ダイヤモンド社2013.01刊行)は、比較的、わかりやすくまとめています。



 






このアーカイブについて

このページには、2013年3月以降に書かれたブログ記事のうち★毎日が企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは★毎日が企画: 2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★毎日が企画: 2013年3月: 月別アーカイブ