呑んでも企画: 2010年3月アーカイブ

2010.0323hirosimaMP01.jpg

■広島MP講座、佳境に!……

 で、懇親会は大ブレーク!

19日(金)は、福岡の新たなMPがスタート。

20日(土)は、関西MPの第3期が『フォアマン増販情報センター』、有限会社マイルストーン(小野義直代表取締役)様のご尽力で姫路で成果発表を終えました。

その雰囲気は、こちらで……

で、東京に戻って23日(火)は、広島MPにUターン。株式会社オフィシャル様(江上治代表取締役)主催で着々とすすんでいる広島MP講座は、もう第4課題に突入です。

最初の課題の段階では、みなさん慣れないせいもあって、ちょっと戸惑う感じでスタートしたMP講座も、第4課題くらいになると、昔から企画書を手がけていた雰囲気で、いい感じですすんでゆきました。

もちろん成果もいい感じ出ていますね。成果の一部は、『増販増客実例集2010』にも収録される予定です。

 

2010.0323hirosimaMP02.jpgその皆さんの雰囲気は、この懇親会の空気でおわかりでしょう。

皆さんの発表が終わって、懇親会は、佐多先生(佐多会計事務所代表、MMC増販情報センター所長)が経営されている火鍋DINING 煌 ‐ファン‐へ全員大集合!

おおいに盛り上がってました。

最近、火鍋は各地で流行る気配がありますが、この店の味は和風にアレンジしているというより、中国の現地の味。鍋をS字に分けた独特の鍋で、白湯のほうは、問題なく美味しいのですが、右の火鍋のほうは、けっこう辛い!……でも辛味の好きな人にはたまらない味でしょうね。

 

広島に立ち寄ったら、皆さん、この火鍋を味わってください。美味しいですよ。

さて皆さんは4月6日(火)の成果発表会にむけて、英気を養ういい懇親会になったでしょうね。

 

2010.0319ahcMP04.jpg

■博多は、やはり「水炊き」ですね……

19日(金)は、広島で午前、ちょっと仕事の打合せをすると、そのまま博多へ、博多では、超・企画のブログにあるように、アソウ・ヒューマニーセンター(AHC)の増販情報センターの起ちあげと、MP講座のキックオフにおじゃましました。

で、終わって社長(中島彰氏/写真・私の前席)をはじめスタッフの皆さんと、水炊き「いろは」へ……

中島社長とは20年以上に付き合いで、しかも最初に講演におじゃましたときに、連れてってもらったのが、この水炊き「いろは」……以来、このいろはには、いったい何度来たことか……

もっとも最初に連れてってもらったのは、中洲の川沿いにあったとき。

 

2010.0319ahcMP03.jpgこれがまた薄汚い店で、あの薄汚さが、じつは大好きだったのですがね。いまは、なにやら美しくなりすぎてしまってて、ちょっと不満ですが……。

どんな風に薄汚れてたかというと、同じテーブルがない。サイズ違い、高さ違いの、お世辞にもいまどきの飲食店のテーブルとはいえないようなものが、乱雑にならび、テーブルトップの板がはげてるようなシロモノ…

たたみ敷きですが、たたみ表は、もちろんはがれてる。お客が込んでくると、後ろのお客さんと背中がぶつかる。

ま、そんな店でしたが、そこで食べる水炊きはサイコーでした。

なんか、いまはちょっと上品になってしまって、少し気が抜けた感じもしますが、とはいえ、いろはの「水炊き」です。

堪能しました。

AHCのMP講座、けっこうブレイクするでしょうね。

 

さてさて、いまブログアップしてるのは20日(土)の早朝ですが、もう少しすると、博多駅に出かけ、そのまま姫路へ……で、関西MPも成果発表会に向かいます。

これがまた楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

2010.0301garari01.jpg

■鯛しゃぶ鍋……う~ん、ライバルか……

先週は、月火水とセミナー、講演。木曜日は一服したものの、(そうでもないか…)

26日(金曜日)は、1時間だけでしたが、地場建設業活性化機構に出番があってちょっとお話。さらに27日(土曜日)は、朝1000からMP講座。28日(日曜日)は『企画料ゼミ』ってのがあって、ほとんどセミナーと講演の週でした。

3月1日(月)は、いろいろドタバタしたものの、夕刻になって、外苑前にある、ちょっと隠れ家風の創作料理のお店『がらり』に出かけて、お客様と懇談のひととき……メニューに『鯛しゃぶ』が……

おっ……! と驚きました。

 

2010.0301garari02.jpg

私の鯛鍋のライバルが……

と、思いながら注文すると薄く透明な昆布出汁の鍋が出てきました。さすがに美しい……鯛は、淡路産ですね。私が使っているのもたいがい鳴門か、瀬戸内産のものが多いですね。

さてさて、こちらは『鯛しゃぶ』、私のは『鯛鍋』(写真下)ですからね。よく考えてみれば、しゃぶしゃぶと鍋では、かなり違いますよね。

それにしても、昆布出汁の透明なプレゼンテーションと、そこに薄造り風の鯛を沈めるのは様式美を感じましたね。

美しい。

 

2008.1222tainabe04.jpg食べながら、この鍋にもっとも合う器は、なにがいいんだろう……なんて考えながら頂戴しました。

それに比べると、私の鯛鍋は、やはりちょっと男の乱暴な料理……って感じですよね。

料理は企画……もっとおもてなし方を真剣に考えたレイアウトにしないと……と反省しきりの夜でした。

 

 

 

 
 






このアーカイブについて

このページには、2010年3月以降に書かれたブログ記事のうち呑んでも企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは呑んでも企画: 2010年2月です。

次のアーカイブは呑んでも企画: 2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。