呑んでも企画: 2009年9月アーカイブ

2009.0916iwamatsu01.jpg

■絶品!……仙台の「岩松」

昨秋から「地場建設業活性化機構」の起ち上げで、全国あちこち出かけていますが、先週は、博多、大阪と動き、今週は15日(火)には名古屋で朝でかけて深夜帰宅、16日(水)の昨日は、早朝に仙台に向かい、数件、経営者の方々とお会いしたのですが、最後は……

なんと、すばらしいご褒美が待ってました。

仙台の、美味しい店というので、入ってみると入口はイマイチ、店内に入ると、単なるさびれたカウンターの居酒屋……東京は新宿の小便横丁風ですよ……「これって、マジ美味いの?」……心配が先に立ちます。

ところがです。

2009.0916iwamatsu02.jpg出てくるものは高級料亭風なのです。

お通し(写真上)に出てきたものは、「ひらめの縁側」をちょっとキムチで味をととのえたもの(写真上、方形器の左上)。時計廻りに「あん肝」、そして「氷頭ナマスとふかひれ」……いずれも絶品です。

左のお椀には高野豆腐と筍の繊細なお吸い物。

今週、なんの仕事をしてきたのか、忘れてしまったひととき。

もっと絶品だったのが、「さんま」の刺身

写真左は刺身の盛り合わせですが、くじら、まぐろ、赤貝、ほっき貝、さば、さんま……と並んでいたのですが、さんまの刺身には、さんまの内臓をたたいて加工したタレが……これにひたしたサンマはサイコーの絶品でした。

料理は企画ですね~~~ホントに~~~

サバも金華サバといって、関サバより美味いと評判の仙台は金華山沖のサバの味も、絶品サンマの刺身に負けてしまってましたが、今度は別に食べてみないと……

この季節、美味しいのは知ってて食べてるサンマの刺身……

 

2009.0916iwamatsu03.jpgサンマの刺身が、こんなに美味しいとは……東京で美味しいと思っていた、その何倍なのか……レベルの違う味はついぞ知らなかった!

東京のあちこちの板さんにクレームを言いたくなる一品でした。

仙台といえばタン(牛タン)。丸ごとドンと焼く店は見たことありませんが、そんな調子でダイナミックにステーキ風に焼いかれ、スライスして出てきましたが、これもすごく美味しい。

さらに金目鯛の煮付け。

 

2009.0916iwamatsu04.jpgこれも大根との炊き合わせが最高でしたね。

これからの時代。企画にはサイコーの美意識が求められますからね。仙台でイベントを設定してときには、スタッフも連れてきて食べさせなくっちゃ……そう思った次第でした。

とはいえ、東京からも続々とお忍びで来る有名人も多いらしく、入れるのかどうか、ちょっと心配ですが……

 

2週間の地方出張の最後に、こんな絶品が用意されていたのは、たいへん幸せでした。で、東京に帰宅して爆睡!

 

阿部社長ご夫妻、ほんとうにありがとうございました。

 
 

2009.0912tableB01.jpg

■美意識抜群の和風フレンチ「テーブルB」

12日(土)には、ちょっとイベントの反省会などがあって、西麻布よりちょっと六本木に近い「テーブルB」へ……

これって知人の美人社長・三ツ谷さん(株式会社ビーコムコーポレーション)が経営している店なのですが(道楽でかな?)、ひさびさに出かけてみると料理のコンセプトがかなり変わって、和風フレンチへ……

以前は、地中海風のトルコというか、モロッコ風というか、ちょっと特徴がありすぎて、私の舌にはイマイチだったのですが、変貌してサイコー!

2009.0912tableB022.jpgというわけで、12日の次も、なぜかまた来月早々にテーブルBに行くことになりました。

美意識抜群というのは、味はイマイチですが美意識がグーというわけではありません。食には美意識はきわめつけに重要で、これが繊細に見事にできていて、またできることが味の繊細さにも直結してますよね。

三ツ谷社長、よくぞこんな凄腕の若いシェフをゲットしたものだと、ほんと驚きましたね。

引き抜かれないように注意してください。

ところで、テーブルBのホームページが、昔の料理のままですが、なんとかこの和風フレンチ風にしておいてほしいですね。

 

また行きます!

 
2009.0912tableB033.jpg





このアーカイブについて

このページには、2009年9月以降に書かれたブログ記事のうち呑んでも企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは呑んでも企画: 2009年8月です。

次のアーカイブは呑んでも企画: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。