呑んでも企画: 2008年7月アーカイブ

20080726MPkonshinkai.jpg

■MP15期も第3課題を終え、佳境に

昨日(7月26日/土曜日)は、MP(マーケティング・プランナー)講座15期も第3課題。来月23日には第4課題の最終。

9月5日(土曜日)には、成果発表会です。

今回も、実際に実践している受講生も多いでしょうから、いろいろ楽しみですね。

昨日の私は、朝、スタッフとモーニングコーヒーを飲み、お昼に届け物をしてくれたスタッフと、ちょっとランチ。

あてゃ、ほとんど書斎にこもって仕事してました。

次のプロジェクトが、かなり佳境に入っているため、いろいろ準備があって、あいかわらずのドタバタですね。

shibuya.kikakujuku01.jpg

1730ごろになって、少々集中力も欠いてきたのと、MPも懇親会に突入している時間。そぞろ私も懇親会に…

■企画塾の生態系?

たまたま私の書斎の屋上から撮影した画像があったので、ちょっと企画塾周辺をのぞいてみると……いやあ、渋谷宮益坂周辺は、ごちゃごちゃしてますね。

10階建ての企画塾の入っているビルも多少大きいと思ってましたが、クロスタワーと比べると、ほんとに豆粒です。遠くに恵比寿ガーデンプレイスも見えています。

渋谷駅は、ちょっと画像内に入ってませんが、すぐ右側ですね。

私もスタッフも、このあたりをうろうろしているわけです。上から鳥の目で見ると、なかなか感慨深いですね。

ランチといえば、タンタン麺かタパス。それにちょいと青山方面に向かったラーメン屋の七志。

夕刻に来客があると、周辺で会食。新宿や恵比須方面に出ることもなく、まして赤坂や銀座には、めったなことでは出ない。

もう、ほんとうにこの周辺でうろうろしているんだな……ってことがわかりますね。

そして本日の懇親会は「うまいっしょ!」てお店で、ちょっと246方面に動いた渋谷駅の近く。まあ、近いほうがいいとはいえ、ほんとうに企画塾の半径100~150メートル圏内で動いているわけです。

ついつい、ふ~んと考えてしまった瞬間でした。これが企画塾の生態系か……なんてね。

さて、MP講座後の懇親会……例によって皆さん、大きくもりあがってましたね。

私は遅れて行ったものですから、残飯を頂戴して、あとはひたすら焼酎の生でのどをうるおしていました。

 

wasabi01.jpg

■ふたたび山梨でのお話「焼酎を、わさびで楽しむ!」

6月30日(日曜に)、山梨での最後はランチ。奥藤(おくとう)ってお店だったのですが、ここで出てきたのが、しょうちゅうに生わさびをおろして焼酎の水割りに入れる。

ランチで焼酎?!

と、ま、硬いことを言わないでください。日曜日のことですから。

さめ革でおろして焼酎に入れるわけですが、「う~ん…」とわさびのスパイシーな風味が効いて絶品!。

しかし私は、さらにワガママを言って、お湯割りをさらに追加して頂き、そこに、それはそれは大事にわさびを入れて溶きます。

香りが一段と風味を増して「うま~い…」

wasabi02.jpg

たしか、東京には焼酎のそば湯割をして、わさびを入れる店があったけど、どこだったかな~?

ま、とにかく美味しい焼酎わさびでした。

もちろん他のお料理も堪能に堪能しました。

お世話をしていただいた、株式会社光彩工芸の深沢社長には、ほんとありがとうございました。社長というとおっかなそうな人を想像するかもしれませんが、昨日のブログ2枚目の写真の、右でVサインを出しているのが深沢社長。みんなマイケルって呼んでますがね。

いい男でしょ。

女性読者の方は、間違いなく、彼の会社でつくったピアスやイアリングの小さな部材を使っているはずです。かなりの世界シェアをとってますから有名ブランドの部品も含め、皆さんも使っているはず。

痛かったり、浮気相手のところに落としたりするものは、間違いなく他社製です。

サヨリーナ、マーガレット、ユッキーほか、女性の読者の方は、よく覚えておきましょう。

で、美味しい体験をすると、いろいろ工夫してみたいのが私の習性で、これまた昨夜は夜中に、焼酎のお湯割りに練りわさびを入れてみました。というのも、スーパーに行ったら特大の生わさびは2000円ほどしていたので、う~ん、これはパーティでもやるときにしか買えないな~。

ということで練りわさびをちょいと搾り出して、やってみました。

ま、そこそこOKです。

充分楽しめました。なんとそのほか、からし、マヨネーズ、うめペースト、ゆず胡椒……などなど、いろいろ入れて実験してみたのです。いろいろいけますよ。でもマヨネーズは、二度と飲むかっ!って感じでした。

実は、こうして私は、失敗体験を料理やお酒など、日常のちょっとしたことでチャレンジしていることで、仕事の本番に、いろいろなビジネス組み合わせの際に、ミョーに役立っている気がします。

失敗は成功の母ですね。

料理やお酒にちょっとオリジナルなことを考えてみる。すると失敗する。そこからまたひと工夫する。繰り返しているといいものがつかめる。毎日、毎時間、いろいろなヒントをもらうことが、どんな状況でもありますから、これをやるのとやらないのでは、たいへんな違いですよ。

「1日1気付き、1発見」する人は、1年365日で「365気付き、365発見」ですよ。

やらない人はゼロ。

3年たつとゼロ対1000ですからね。これはもう人生が違っちゃいますよ。

これって、ボクの座右の銘ですね。

「1日1企画」、1年365企画」

どんな小さなことでもいいじゃないですか。これって毎日できますからねー。

料理は企画。飲むのも企画ですね。……って、飲むことを正当化してオチ……おゆるしを。

wasabi03.jpg
wasabi04.jpg

wasabi05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yogannnabe.jpg

■山梨合宿の反省会は、溶岩鍋で「噴火!」

28、29日(土日)の合宿から、大半のひとたちは午前に、私ほか5人くらいは、一昨日アップした「ほったらかし温泉」でのんびりの後、ランチをして(これまた美味しかったー)東京へ。新宿で解散しました。

さて、一昨日の30日(月曜日)。

再度、というか、3日連続というか、大半の皆さんと再会。毎日じゃあ、再会はないか……集合ってわけで、私がこっそり行っている赤坂の溶岩鍋の店「石器料理・いしかわ」へ。

毎月、私の書斎に集まってくる経営者の皆さん。私の鍋には、飽き飽きしてるだろーと思って、「外鍋」にしたのです。

山梨の合宿の反省会も兼ねてね。

 ほんとうは、静かに料理を楽しんでもいいくらい美味しいのですが、この

yogannnabe022.jpg

雰囲気から伝わってくるのは、食事よりも情報交換か騒乱状態か!

いずれにしても、この日をもって私の「隠れ家」が確実に1軒減りましたね

この店、支店が以前は渋谷宮益坂上あたりにあって、あの邱 永漢(きゅう えいかん)さんのビルの地階にあったのです。邱 さんは「お金儲けの神様」なんて言われてた台湾生まれで日本に帰化した作家、経済評論家ですね。そうとう量の著作を残してます。

その邱 さんのビルの地階のお店がなくなった……そこでしかたなく赤坂まで脚を伸ばしているわけですね。

 

yogannnabe03.jpg

で、再び溶岩鍋の話へ。

こちらにいる皆さんは、ぜーんぶ経営者。平均年齢は、どのくらいか?…そんな詮索はともかく、みんな若くて業種も実に多様で、よくあるくたびれた雰囲気の経営者は、まったくいなくていい。これってサイコーの情報交換の世界。一国一城の主ばかりの現場情報やホンネもチラホラが、すごく面白いですね。

そのメディアに「鍋」は、サイコーです。

写真左・株式会社メインの山尾社長は、フォーク全盛時代(70年代かな?)の「青い三角定規」のメンバーのひとり。当時女子高生だったってことだから……んーと……なんてことはともかく、当時のお姿を検索してみましたが、出てきませんでした。ちょっと残念。本人に直訴してみます。

 

 
 






このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち呑んでも企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは呑んでも企画: 2008年6月です。

次のアーカイブは呑んでも企画: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。