呑んでも企画: 2008年4月アーカイブ

 

kenkokai01.jpg■一昨日、4月28日(火曜日)は、KENKO会

昨日は、世の中連休モードなので、1日か2日は、ブログをさぼるかな…なんて思いながらの連休です。

仕事はヤマ積みなのですがね。

さて、もう一昨日になりますが、kenko会というのがあって、皆さんが集まってきました。

ま、私の書斎は、半分呑み屋のようなもので、出張以外は私が東京にいるときには、なにかしら、来客があります。

最近は、いろいろお客様との宴会が多くなってスタッフとの宴会がかなり減ってきているな……なんて思いつつ、またまた宴会です。

この写真のように陽が落ちてくると、おっと、そろそろ準備か……ってわけでキッチンに入ってさっさと準備をはじめます。

この一見、静かそうな空間が、一気に宴会に突入すると雰囲気は一変して、それはそれは賑やかな空間に変貌します。

まあ、2つ目の写真のごとくですよ。

なかなかいい雰囲気でしょ。

なにがいい雰囲気かは、ともかく、いい雰囲気なのですね。

kenkokai03.jpgここに参加しているのはNBC(ニュービジネス協議会)のメンバーで、気心の知れた人がいつの間にかあつまってくるようになりました。

そうそう、もう何度目かになって月例会になってますが、前にもアップしてますね。前回の人たち、今回も皆出席ですからすごいですね。

他は皆出席してる人なのかな?

なんか大学のゼミなどは、うまい理由をつくってよくサボってた人のように見えますがね。かく言う私もそんなひとりですが……そんな人のほうが起業したり社長にはむいてるみたいな気がしますよ。

起業するには、失敗を処理して成功にもちこむには、野生のカンがいりますからね。これは大学のゼミなどのお勉強ではできない。 

まあまあ、ともかく、おかげで私も、この年になってゴルフなどをはじめることになったのもこの気心の知れた人たちのおかげですね。

kenkokai02.jpg5月皆さんとゴルフに行くのは、楽しみだなあ。

 ■経済団体などの会合を続ける人、やめる人

ところで、こうした会を、やめる人がいるという話になって、ちょっと思うことがありました。

ちょっと、3次元の尺度を考えてみてください。

X軸……利益になるか~あまり利益にならないか

(機能論【利益意識】~社会論【仲間意識】)

Y軸……長期に考えられるか~短期に考えるか

(長期思考【戦略思考】~短期思考【戦闘思考】)

kenkokai0.jpg

Z軸……人の気持ちがわかるか~わからないか

 

(顧客思考【まず人が潤う】~自己チュー思考【まず自分が潤う】)

 X軸は、機能論でものごとを考えるか、社会論で考えるかという差です。すぐ利益にならなくても、いい人にめぐり合えるという価値観を持てば、まったく楽しい世界が待ってますね。

この呑み会のようにね。

Y軸を考えてみましょう。

こうした集まりは、経営者の人的集積ですから、さらにその後ろに経営者がいますね。すると集まっている人の10倍以上に人脈があることになりkenkokai04.jpgます。

したがって長期に考えていると、非常に多くの人にあえてメリットを享受できますね。短期に考える人はそれはムリというもの。

長期思考は、戦略思考に似てます。短期思考は、いますぐ…ってわけで戦闘思考ですね。多少の小銭は入るでしょうが、会社は決して大きくできないし、多くの人を幸せにはできないですよね。

Z軸は、一種の顧客思考か、人の気持ちがわかるか…ってことですからね。別のいい方をすれば、キレる、キレやすい人は、まあ顧客思考はありえないでしょう。自己チューは、始末が悪いですが、まあ、世の中には多数の自己チューがいて、たいへんでしょうが、ジコチューの人をなんとかするのも社長の務めですからね。

ここにいる社長も、いろいろ苦労しながらコントロールしてるんでしょうね。

ま、ともかく、このXYZの3次元にその人をプロットしてみると、やめる人は、やめるポジションにいますね。まあ、人の気持ちを考えながら戦略的にがんばる人は、成功するということですね。

おっと、パーティの楽しさを壊すような話をしてしまいました。

最後の写真のふたりの社長が、今回の主役の誕生月でした!

一見、かわいらしいOLさんに見えるでしょうが、これがどうして、何10人か、何百人のスタッフを抱える社長さんですからね。ちなみに写真は修正して若く見えるような処理はほどこしておりませんので、念のため。

最近のフォトショップの機能を使うと、何でもありですからね。

決して誓ってやってません。ハイ。

 

ところで料理の話をする時間がありませんでしたが、これはちょっと新しいバージョンで、そのうちに紹介します。

まだ、名前がありません。

 

 
 

 

 

■4月27日(日曜日)なのに……

26日(土)は、始発で羽田から発って博多に行き、最終便で帰る……って強行軍でした。先週は月曜日は、長崎、佐賀、火曜日は博多で月例会、水曜日は関西で月例会、木曜日は東京に帰ってケータイ広告大手の本格ゼミのキックオフと別件の新事業の打ち合わせ、木曜日は朝は別件、昼からは東京での月例会、終わってすぐに別件の新事業がツメの段階。これはベストな形で次のフェーズに突入。土曜日は再び博多。

けっこうタイトだったせいか、日曜日の朝、どうやらカゼっぽい。

会社のほうは土曜日はMP講座、そしてこの朝からMPAの会議。朝は、ちょっとスタッフとミーティングをして、事務所に帰り、ちょっとお客様と打ち合わせをして、クスリ屋さんに行き、カコナールを買う。なにやら元気の出るという栄養ドリンクもすすめられたので、うまくすすめるよな~……なんて思いながら、こちらはカゼを直したい一心で買う。

書斎にもどり、午後3件の来客があるため、クスリを飲んでちょっと休む。

ランチに出るのと夕刻の来客用の買出しをして、帰宅。

で、0200すぎに来客。新事業の起ち上げ前、いろいろと現場を動いている方とミーティング。事業のフレームについては、あらかた完成にむかっているが、現場の状況の詳細な掌握がいる。

CTPTマーケティングでは、PTの細部を設計しT(ツール)をベストにしないと、これがおもわぬハードルにぶつかり、どうにもならなくなるので、その打ち合わせを……やはり現場はいろいろあるな……と、非常に参考になり。また後日に詳細をつめることに。

0300次の別件の新事業の来客。こちらも着々と進捗しており、さらに磐石にするためにいろいろな策を提供しておく。

担当の方が、センスがいいので、こちらがアドバイスをすると、さらに構造的に組み立ててもらえるので、これは助かる。いい感じでまとまるだろう。もちろん不覚の事態を予測して先手をうっておく必要はあるが。

sashimishabu.jpgま、それは私の仕事かも。

1730ごろ次の来客は鍋つきでやるので、そろそろ鍋の準備。

1800には、来客が……

ま、30分で10人分の準備はできるので、3人用などごく気楽にできますが、この日のメニューは、私の都合で、例の「根生姜のさしみしゃぶ」のちょっとしたバリエーション。

なんせ、カゼ気味なので、身体をあたためようと、根生姜を炊くことに。いつもの根生姜と違い、たまねぎを2個スライスしてまるまる煮込んだベースに、さしみしゃぶをやることにしました。

私の勝手で申し訳ありませんね。

新事業の話に終始するだけでなく、いろいろあちこち脱線しながらの宴会でした。

2100ごろにはおひらき。さてさて私は身体を冷やさないようにして、対策万全で練ることに。

とはいえ、今朝起き出して、症状は、正真正銘のカゼですね。これから朝イチで医者にいって対応してもらいます。

病気は休みの日にしかしない。

と明言しているのに、月曜にかかってる。マズイですね。

今日はまた、経営者仲間が10人近く来て、私がもてなす大変な、いや、おもしろい日です。

 

 

 

 

hakatahayakitori011.jpg■25日(金)あいかわらず、いろいろ動き回った1日

25日(金)は、朝方から午前は新事業関連の仕事をまとめながら、午後になると会計人の皆さんが集まってのJMMOの月例会。

1400過ぎに別の新事業の案件で、お客様の来訪があって、その対応をしているうちに、そろそろ月例会の私の出番が……

私の出番は1500。

で、月例会へむかう。

hakatahayakitori02.jpg皆さんの前で、案件をお持ちの方の、公開カウンセリングをまずすませる。続いてK’s eye(ケーズアイ)という私のコーナー。

時事関連の情報を提供するのが、このコーナーでとりあげています。

事業承継関連法案の施行が、10月にせまっており、事業承継関係のプロジェクトが、にわかに盛り上げっているため、それを中心とした企画塾hakatahagomaburi01.jpgのとりくみを紹介。

事業承継関連では、5月13日(火)に、私もかかわって、「中小企業経営革新研究会」が立ち上がる前のキックオフ的シンポジウムがあり、この紹介もしました。

企画塾は、4年前に「相続式」を世界初でプロデュースしていますが、事業承継が脚光をあびはじめていることもあって、この相続式を本格的に拡大しようとしていて、この説明もしていた次第。

さらに、公開カウンセリング案件があり、月例会が終了すると、懇親会を失礼して、そのままタクシーにのって別のプロジェクトの打ち合わせに…いろいろ案件山積だが、新事業はスタートすることに。

ちょっとこれからたいへん。

 

 

hakatahagomaburi02.jpg

プロジェクトの打ち合わせと懇親をかねて食事を終えて1000すぎに帰宅。26日は早朝羽田発なので、さっさと爆睡。

■26日(土)再び博多へ…なんとか今週も終わる

26日は0400過ぎに起床して出張準備。

0500自宅を出て渋谷に。5時の渋谷駅は、けっこうな人がいて驚く。こんな時間に電車に乗っている人たちは、昨夜からの人なのか、今日、これから仕事にむかう人なのか……いろいろ考えているうちに品川、そして羽田に。

0625羽田発で博多へ

PCで仕事をしているうちに、博多へ到着。博多は今週2度目。

0850むかえの方が来られて、そのままセミナー会場へ。

すばらしい先端技術をもった企業の幹部候補生の養成セミナー。で、企画塾流の企画書を2回にわたって実践してもらうもの。1日はあっという間に終わる(1700終了)

1740ごろ、セミナーを運営しているスタッフの皆様と懇親会へ。空港むかいの「白水」という焼き鳥の店に……なんか、そんな名前の焼酎があったような……白水だけしかない店かな……なんて思いながら入ると、そうでもないらしい。

ビールで乾杯するまもなく、石飛さんが「ゴマさば」が、めちゃくちゃ美味しいですよ!……

と、おすすめ。博多は美味しいものが、山のようにあるが、この「ゴマさば」はすごいらしい。

さっそく頂戴する。美味い!…

それが、その写真。

ところで集まったスタッフの皆さんは、石飛さん、秋満さん、月成さん、吉次さん、という博多でバリバリ仕事をしている人たち。で、そのお名前は、一度聞くと忘れないような、お名前。はじめて聞く名前ばかりです。吉次さんは15年前に企画塾を受講していただいてたので名前はもちろん存じ上げてましたが、あとにも先にも吉次さんは、この方だけ…)

どこにでもいて、忘れられるような「高橋」って名前は、ほんとに名前負けだなあ…なんて思いながらの懇親会でした。

そうそう、ゴマさばの話がどこかにいってしまいました。

さばの刺身にゴマ、キザミ海苔、こねぎ、わさびがあり、もちろん博多の醤油。これをらんぼうに混ぜて食べるだけのシンプルなもの。しかし確かに美味い。

今週のハードワークが癒された1日でした。

とはいえ、今日は日曜日ですが、午後から来客が3件。

ちょっと準備をしておかないと……ってなことでやはり連休は、仕事ばかりになるようですね。

みなさんは、ゆっくりとお休みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■4月19日(土)PT研&Z塾

昨日は、PT研を中心としたZ塾の日です。セミナーがある日は、なにかとあわただしいですね。ま、慣れっこですが。

早朝に起きだして(まあ、いつものことですが…)進行中の新事業のスキームをいろいろ作り上げていて、一段落してコーヒーブレイク。で、ブログアップして、またまた仕事をして9時前、スタッフとコーヒーを飲んで打ち合わせ。その後、来客あり……と思ってたら、どうもリスケジュールしてのに、そのことを忘れてた!……ヤバい!

まあ、ダブルブッキングよりマシか……と、時間ができたことをとりあえず喜んで、雑務をこなす。

ランチを終えて、オフィスに戻ると、なんと20年ぶりの方が…!

おそらく前にお会いしたのは1990年前後。17、8年、ほとんど20年ぶりではないか……という再会。午前の弊社のセミナーにご出席いただいていたとのこと。その後、ご用があるとのことで、ご挨拶程度で終わりましたが、連休後くらいにまたお会いすることで失礼しましたが、なつかしい人が尋ねていただくのは、嬉しいことですね。

■10年ぶりの方もご登場

Z塾には、ゲスト講演のコーナーがありますが、講師は、村山涼一さん。著書にパワーコンセプトの技術 (講談社BIZ) や、最強の戦略は「図」で立てる (PHPビジネス選書) など、10冊以上の本を書いている売れっ子のマーケティングプランナー。あえてマーケティングプランナーと言うのは、最近、マーケターと称する人にあやしげな人が多いのでね。

村山さんは20年前に、企画塾で勉強してました。ご本人は講演後の懇親会では、企画の勉強しないで、ボクと酒ばかり呑んでた……って話をしてましたが、1990年くらいの塾生さんなので、3期目かな。

いまMP(マーケティングプランナー)養成講座をやってますが、これは2003年ごろから始まったもの。それ以前の1988年からスタートした「企画塾」は通信教育と添削交流会という、いまでいうオンラインとオフライン的なやり方をしてましたか。

1990年ごろだと、企画書を書くと言っても、たぶん手書きかワープロの時代ですよね。当時の村山さんの課題はどんなのだったのだろう……なんて思いながら講演を聞いていました。

コンセプトメイキングのお話を中心に、なかなかパワフルで、みなさん非常に参考になったと満足しきりでした。

村山さんとの付き合いは、塾生としてよりも、おそらく彼が講談社時代に、私の書籍で「企画書として読む日本国憲法」「高橋憲行の企画書」という2冊を講談社から出版してて、きっとその打ち合わせがてら来社してもらってるときに、呑んでたのでは……

その後も彼の結婚式にも出席したりしてましたが、この10年くらい、ちょっとご無沙汰でした。「便りのないのはよい便り」という格言のとおり、そうとうに頑張っておられるわけで、すばらしい再会でした。

■さらに10年ぶりの方が、もうおひとり

10年ぶりの方は、村山さんに限りませんでした。りそな銀行の「お客様サービス部長」(一般の銀行では支店長)となった井上理律子さんも、10年ぶりくらいに再会。企画塾流の企画書や提案書があって、社内的に非常に評価されていただいてますと、企画塾を、よいしょしていただきましたが、話半分でもお役にたってるとうれしいですね。

CIMG2616.JPG皆さんの、ますますの発展を祈ってます。

村山さんの講演中に電話がかかってきて、とあるお店のママさんから「えらい人が来るので、パーティになんとか出席してほしい…」という話。

■さらに深夜近くまで……

そこで、盛り上がっている懇親会を失礼して、別のパーティへ。

そのえらい大先生は、先日、大阪の「くいだおれ」にも連れていっていただいた方でした。どのくらいえらいか……っていうと、日本には神道の分派がいろいろあるのですが、出雲や伊勢は別格として、13くらいの神道を束ねている管長さんなのです。

お寺でいえば、末寺をゴマンとかかえる曹洞宗でいうと、総本山の永平寺か総持寺の管長さんクラスですよ。雲の上の人って感じですかね。

なにやら私は飲み友達にして頂いてて、たぶん80才を超えておられると思うのですが、私の著作も読んでおられるらしく、いろいろ私の著作の中身の質問をしてこられるのですよ……それもすごいが、呑む量もかなりのもの。

で、さらにもう1軒行くことに……

神道の思想と、エコ思想との共通点で盛り上がりました。

1軒目の懇親会では、話しててあまり食べてなくて、2軒目のパーティは、みんな食べ終わっててできあがってた感じで、3軒目は神道とエコ談義。深夜近くに帰ったら、ちょっとおなかがグー。

空腹には耐えられずに冷蔵庫を見ると、出張前で冷蔵庫は順次カラにする習慣があるため、めぼしいものはない。

で、冷凍庫をあけると、「おお!……よくぞいてくれた!……」ちょっと大ぶりのホッケが……

というわけで、ホッケをレンジで温めて秘伝のにんにく醤油をかけて、やはり、ちょっとカタめの寝酒をのみながら、1日が終わりました。

「神道」のあとで「法華」だと、大大先生に宗旨替えだと怒られるかも。

 

■東京で田舎

読者の皆さんに『因伯』といっても、なんの意味かわかりませんよね。

これが、ある地域の人だとわかります。

「因幡」と「伯耆」で、『因伯』なのです。これでもほとんどわからないんじゃないですかね。

因幡(いなば)は「因幡の白うさぎ」の因幡で多少わかっていただけますよね。で、伯耆(ほうき)は、伯耆大山といって、少しわかる人がある程度でしょう。

さらに説明すると、鳥取県の東、鳥取を中心とする東部が旧国名「因幡」。鳥取県の西部と中部が旧国名「伯耆」です。そういうわけで、『因伯』ってのが通用する人は、ほぼ鳥取県の人に限られ、隣の島根や南隣の岡山の人もわからない名称でしょうね。

b458800ps3[1].jpg

前置きが長くなりましたが『因伯経営者クラブ』というのがあって、昨年暮れから参加することになったのですが、今回が2回目。首都圏で活動している鳥取県出身の経営者の集まりでした。

アテナイオス株式会社社長の横井さんが、この集まりに出たら、と誘ってくれたのですが、「どんな人が来るの?。鳥取は人口が少ないからな…」なんて言ってたのですが、とんでもない。

昨夜(15日)は、そうそうたる経営者の方々が20人くらい集まっていました。

会の会長は山崎製パンの副社長、山田憲典さん。あのペコちゃんの不二家の会長兼社長もやっておられます。業界では知らない人はいない凄腕の経営者です。山田さんの周りには、いつも薫陶を受けたい若い経営者が絶えませんでした。

会場は、東銀座の「分左近太郎」という料亭風のふんいきのお店で、いったい会費はいくらだ!…と、思いながらおそるおそる尋ねると、1万円。

3万くらいとられるのかとビビりましたがね。

話がはずんで、18時から20時30ころまで、なかなか皆さん、故郷がいっしょなこともあって、なかなかいい感じで下。

でも鳥取県は、人口は60万人を欠け、人口最小県ですからね。私の住んでる渋谷区より少ない。かなり影の薄い県です。

ナレッジカンパニーの勝部会長が、田舎の店に行こう……ということで、おじゃましakagai01.jpgたのが、銀座の「琳千(りんせん)」というお店へ10人近くで2次会。

またまた話がはずんで、あっという間に深夜、明日になるくらいの時間になって、おひらき。渋谷に帰り着いたのは、00時40分くらいでしたか。

今年、はじめての午前様になりました。

でも、琳千のママは、米子(よなご/鳥取県西部)で、有名な料亭をやってて、銀座に出てきたのです。それがわずか5年前。すごいですねえ。でも、すごく気さくなママでしたね。

で、出てくるものが懐かしいものばかり。あごちくわ、赤貝の煮付、板わかめ、干しがれい、等、故郷のおふくろの味ばかり。

中海産の赤貝はうまかった~。

 

 

 
 

■通が通うモツ料理「はがくれ」

私の事務所の近くに、モツ料理屋さんで「はがくれ」があります。もう20年は通ってますが、昔は6時前に入らないと開店即超満員状態になるという人気店で、人を紹介してつれていくと、なんと、その紹介した人が友人たちと来店してて、私は入れない……なんてガックリした経験を何度もしたお店です。

hagakure01.jpg

場所は青学西門に近い246から一筋入った、なにやらさびしげな場所で、しかも急階段を2階に上がらねばならないという店舗。まず一見は入る雰囲気はありえない店ですね。

この急階段。私は、落ちた酔っ払いを何人か目撃し、店の中から落ちてゆく大音響も何度も聞いたことがある階段です。

そんなことがあろうとも他にはない品揃えと鮮度が魅力なのか、いつ言っても満員状態。

出るネタは、モツのオンパレード。ちなみの私は、テッポー、ハツ、レバー、コブクロ、つくね、ねぎ間、カシラ、ナンコツなどとともに、珍味のさしみのミックスなどを頂戴しますが、昨夜はその大半を出していただいて、たんのうしていました。

■呑んでも企画

まだ20代の若いビジネスマン2人と一緒だったのですが、30歳代でIPOでもしそうな、ビジネス感覚があり、知識も豊富でコミュニケーションができ、礼儀正しいという。……いわゆる「いまどきの若者」とは、そうとうに一線を画した人たち。

 

hagakure02.jpg年齢を超えてもいろいろな話をできる人は、ビジネスでも、なんでも大成できますからね。

成功者の条件のひとつに若い時代に「老人キラー」が得意なことが挙げられます。「老人」って言葉が嫌いな人は「年配キラー」とでも呼ぶことにしてください。

年配の人と、いくらでも話しこみ、ときには使い走りもする。

かくいう私も20代のころに、老人キラーと呼ばれていましたがね。でも「成功」には、ほど遠いから、私は例外になるのかなぁ……

ま、ともかく有能な老人は、人脈、知識は、ものすごいものがあります。ひけらかすこともありません。さらに人を見る眼力も、すごい。

若い人で成功した年配者と会えることも、その人の眼力の範囲内に入っているわけですから、あるハードルは越えてるわけですね。

一方、難しい若い人で勉強しない人は、論外として勉強好きな人(ペーパーワーカー)が、その範囲に入っていけないことが多いようですね。

勉強は好き、現場はイマイチ、コミュニケーションがイマイチ。緊張するとかとまどうとかで、空気に入れない。なじめない。だから勉強に突入する。ペーパーワーカーになっちゃう。

勉強は現場、現実と並行でないと意味がありません。

「売上増ノウハウ」なんて勉強するのはいいのですが、やはり現場が重要。現場の空気で、同じノウハウが適応できないことだってありますからね。

■呑み方も企画

人の呑み方にも、いろいろありますね。

呑むのは、ストレス発散……って考え方もありますが、呑んでも企画って考えもありますよね。同じ時間を使ってるんだったら、明日に使える呑み方をしたほうがいいんじゃないでしょうかね。

失礼ながらダメな人はいませんが、曲げてダメな人という表現を使うと、ダメな人たちは、類友(類が友を呼ぶ「ルイトモ)」でしか呑まない。同じ人だけとしか呑まない。フリーターはフリーターとしか呑まない。サラリーマンは上司や経営者と呑むときは、いきなり緊張状態で呑み、部下と呑むと、えらそうになって同僚と呑むとハチャメチャ。

これでは、いい話ができないですよね。人脈は得られない、人脈は金脈そのものですからね。ビジネスの速度が違ってきますよ。

将来が光って見える人は、しっかりオーラもあって、呑みがいがあるというものです。

まあ、わずか2時間のなかで呑むほどに、私は彼らとのビジネスのシナリオが、相当量のパターンで見えてきましたが、その数分の1か、10分の1くらいに鋭く絞り込んで、ちょっと組み立てなくっちゃ。

という気分になってきました。

 

■東京→広島→姫路

デジカメとれず、残念。

昨日は、広島、福山でいろいろな方とお会いして、17時ごろ、姫路に入りました。

姫路では、フォアマン増販情報センターの小野さんや、小野さんがMP講座でテーマにしてフットサル場が活性化した姫路のフットサル場の店長・定国さんにも、はじめてお会いし、さらに多くの姫路の人たちも集まって、いろいろなお話。

でも、姫路の活性化や、自社の活性化の話しでいろいろ盛り上がりました。

ずいぶん呑みましたね。

さらに、2次会は、これも小野さんがサポートして、増販増客実例集にも掲載されている「セパージュ」に行き、さらに楽しいひとときでした。

楽しい話題は、また出張途上でアップしますね。

これから、朝食会です。

 

それでは、また。

■ 3月31日(月)……ひさびさの外鍋は「水炊き」
あるプロジェクトの起ち上げを手伝っていますが、そろそろ直前になってきています。あと1ヶ月半くらいか…その件で16時過ぎから来客があり、その細かいツメのひとつをしていました。
ターゲットを具体的にツメる作業ですね。
細かい作業が一段落した18時過ぎには、ひさびさの外鍋に出かけました。書斎で皆さんにふるまうのが私流なのですが、今回は外鍋。
20080331mizudaki.jpg

かれこれ10年以上は行っている青山通りをちょっと一筋入ったところにある、お店で「水炊き」と「焼き鳥」のお店です。ま、ほとんど水炊きが評判がいい「酒井」というお店
「水炊き 酒井」でグーグルを検索してみると、なんとなんと、8800件もヒットするので驚きましたね。

この冬は、けっこう断られて他の店に行きました。

以前は、ママに「ヒマ~」とか「もっと人連れて来なさいよー。来ないとウチ潰れるわよー」

なんて、脅されてちょくちょく行ってたのに、この1、2年は、そんな話はなくて電話すると、「ふふふ…今日はいっぱいよ…」。

と軽く断られることが多くなりました。

ネットに8800件も書き込みがあれば、それはすごいですよね。

ママもそれが自慢らしいですね。ネットがうまく機能したケースですよ、この店が満杯になるのは。

水炊きの店は、東京ではそうそうありませんからね。希少価値とネットの整合性は非常にいい相性ですね。

やはり、渋谷でもんじゃの店「ゲロゲロ」は流行るのでは

水炊きは、九州の人たちは好んで行きますが、東京には少ないですね。九州は博多の水炊き専門店に「いろは」がありますが、私は博多に行くとちょくちょく行きますが、これは絶品ですね。

ところで水炊きは、ウチ鍋(自分ちでつくる鍋)はちょっとムリですね。

なんたって、水炊きの調理法は、長時間かかります。スピードクッキングの私の作法には、そうとう真逆の作法。

骨付きカシワをとにかく炊き込んで、上に浮かんでくる脂質をとりにとる。鳥の脂ってのは、黄色い脂で次々浮かんできますからね。これをひたすらすくってくのですよ。これだけで数時間かかる話ですから、私んちではムリというもの。

で、外鍋で美味しく頂きます。

骨付きカシワでとったスープ。それにダシガラに近いカシワが入って、そこに白菜、しいたけ、えのき、菊菜など、よくある鍋の素材を入れてつくるわけですね。とり皿にはポン酢。

とにかく、けっこうイケます。

■どれだけの企画がここで生まれたか

私の事務所は、この10年で4ヶ所は変わってますね。職住接近で生活しているので、自宅も5ヶ所くらいは変わったかな?で、この店は、常に事務所、自宅から5分圏内にありますね。

昔から私の事務所は千客万来だったので仕事のあと、スタッフやお客様や知人……とにかく多くの人を連れていきましたね。で、お店ですからね。食べて呑んでますが、もちろん話ははずんで、内容は大半が仕事の話。

どう工夫するか、どんなツールを組み立てるか、ターゲットとはずれないか?……もうCTPTマーケティングそのまんま。ここで仕事のヒントが出たこともあったり、私の企画内容が、スタッフの腑に落ちない場合、文字通り水炊きと一緒に腑に落としてしまったことは多々ありますね。

食事をしながら呑みながら企画談義をすると、腑に落ちないものも、物理的に腑に落ちちゃいますからね。

この店に限らずですが、酒を呑んでると、知恵の鍵やKFS(KeyFactor of Success)は続々と出てきますね。で、それを早朝起きたときにさらに思考回路を回す。で企画に組み立てる。長年つみあげてきた様々なキーワードや構造に、これらのヒントを流し込んで、さらにリニューアルする。人生おもしろいですね。

こういう呑み屋さんがなかったら、私の人生どうなっちゃってるんでしょうね。

 


 

 
■3月29日(土)MP講座受講の皆さんと、さらに……
東北から帰って、ちょっと書斎で仕事をして出力し、そのまま東京での重要な会議に出かけ、その社長さんと食事をしてタクシーにのって渋谷に向いました。
もう20時ごろ。
MP講座の懇親会は到着すると、お開き寸前の状態。
MP講座は第3課題を終えた段階なので、みなさん、かなり佳境に入っている段階でしょうね。みなさんの雰囲気を見てるとそんな熱気が伝わってきました。
なお、もう一軒。
という雰囲気で私のまわりに皆さん来たものだから、それじゃあ……っというわけで、私のマンションの近くにある店「PinkCow」に行きました……というのは、先日のブログに書いた通り。
2008.0329MPinPinkCow.jpg
■ 外人さん経営のお店の良さ
外人が経営しているっていうと六本木や新宿あたりの怪しげなバーなどを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、私がタマに行くこのお店は、非常に素敵な店ですね。
ちょっと汚いのはタマにキズ……いやいや愛嬌のうちですが。
ここで私は、出張から帰ったり、出先から帰って、夜も11時近くなるときなどには自宅の部屋で寝酒を飲むのではなく、ここでギネスを1杯とか、ウィスキーのショットを1杯だけ飲んで帰る……ってことをすることがあります。
ギネス1杯、800円くらいですね。
これがいい。
この店の公用語は、ほとんど英語ですから英語を勉強したい人は、さらにいいでしょうね。英語のレッスンは800円では受けられませんよね。
日本の店で、ちょっと1杯とスナックに入ると、普通に5000円から……ってな金額になっちゃいますから、寝酒で5000円はありませんよね。それが800円。
キャッシュ・オン・デリバリーで、もう1杯呑んでも1600円。これは合理的でいいですよね。
なかには、頼まないのに次々おつまみが出てきて、すぐに1万円近くなってしまう店もありますよね。昔の銀座じゃないんだから……なんて思いながら飲むのは、冗談じゃありません。
■ MP後の懇親会
MP講座を終わったあとの懇親会。この懇親会は、だいたい100%近い懇親会出席率になりますね。そして第2、第3講座と会を重ねてゆくうちに、ものすごい盛り上がりようです。戦友状態。
MP講座の受講者の皆さんは、それぞれ目標が違うものの目標に向うスタンスは受講中、間違いなく一緒ですから、戦友状態。同期の桜状態ですね。
ちょっと表現が古過ぎるか……反省。
ま、この外人さんのお店で、めずらしく日本語でしゃべっている人がたくさんまとまった夜のひとときでした。
後で聞くと、どうやら23時過ぎまでやってたみたいですね。
まあ、懸命に企画立案してプレゼンし、一段落した日ですから、23時くらいまで議論していろいろ時を過ごすのは「呑んでも企画」ということで、いいですね。
その後、どっかに行った人もいるかもね。
まだ聞いてませんが…
私が夜更しは身体に悪いぞ!…としばしば言うので、たぶん私には聞こえて来ないかもしれませんね。






このアーカイブについて

このページには、2008年4月以降に書かれたブログ記事のうち呑んでも企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは呑んでも企画: 2008年3月です。

次のアーカイブは呑んでも企画: 2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。