生活も企画: 2009年3月アーカイブ

2009.0330nikkei01.jpg

■ひさびさの「新聞の景品」

昔から新聞の購読合戦はすごく、購読時点での「プレゼント」が、いろいろ話題になったりしましたね。

半年割引もあれば、主婦に喜ばれる各種の洗剤が使われたりと、じつにいろいろなものが使われてましたね。

今では新聞の購読率は減り続け、20代ではとらない人のほうが多くなっています。若いカップル世帯でも新聞をとらない。

こうなると新聞折込の広告は、ターゲットを明確にしなければならない。

いまや新聞チラシで告知する場合、ターゲットに若い人たちを意識しては使えない……ってことになってしまってますね。

それはともかく。

2009.0330nikkei02.jpgネットだけで情報をとってたのですが、やはり新聞を手元に……と思って日経3紙をとることに。

あとで一般紙を2、3紙とることにしてますが……

そしてひさびさに、景品が手元にとどきました。

じつにいろいろと入ってましたが、文具のセットは、なかなか面白いのが入ってましたね。

ミニサイズの文具が、いろいろセッティングされているものですが、これって20年以上前に「チームデミ」っていう、プラスから発売されたユニークな文具セットがありました。

それを思い出しましたね。

右下は、定番の磁石つきクリップ。

事務所ではスチール家具に、家庭では冷蔵庫に貼る、定番のSPツールですね。

2009.0330nikkei05.jpg

文具は、現実に使うかどうか……

ま、それよりブログねたですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

brind01.jpg

■なにができあがるか……10日後くらいに……

左図は、たぶんみなさん。ガラクタにしか見えないかもしれませんね。

しかし、これは私にとっては宝物。

なにかを作る際に、出る端切れですね。たとえば

書棚を本格的に制作し、さらに引っ越しの際に次の部屋に合うようにセッティングすると、かならず端切れなどが出ます。

小さな小物をつくっても、いろいろ端切れは出ますね。これをストックしておくわけです。

なんにでも利用できますから、これは便利。

で、これは事務所のスタッフが頼んできたので、作ることにしました。

brind02.jpgまずは設計図(ここには掲載していませんが…)を作成し、さっそくガラクタのような端切れを取り出し、その最少の組合せで、所定のものができるか、パズルのようなことをするわけですね。

下にあるのが、私が作成した、カッティング用の図面(裁断指示設計図)です。

つまり、設計図→必要なパーツ→最適な端切れを使う→端切れにパーツを書き込む→裁断指示設計図の作成

という段取りで、作成しました。

パソコンという便利なものがあり、それで作成するとわかりやすくできますね。

で、この右写真は、カッティング用の端切れを準備し、その端切れの上にカッティング要領も仮貼りしておきます。

これを東急ハンズに持ち込んで、あとはカットされたものをとりに行って制作することになります。他に発注したものに時間がかかるものがあって、10日後くらいに完成したものをブログアップすることにしましょう。

これって、なにができるかわかる人がいたら、たいしたものです。分かった人には、本の1冊くらいプレゼントする価値があるかも……

 

 
brind03.jpg






このアーカイブについて

このページには、2009年3月以降に書かれたブログ記事のうち生活も企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは生活も企画: 2009年2月です。

次のアーカイブは生活も企画: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。