生活も企画: 2009年1月アーカイブ

2008.1212kj01.jpg

■事務所のエントランス

厳しい時代の話を随所に出しているのに、今日は、まったく間延びした話ですが、これって企画塾の事務所のエントランスです。

知っている方は、ごく当たり前の光景ですね。

もちろん訪れていただいたほとんどの人たちは、よくあるエントランスということでしょう。

で、これって私の手作りです……って話を聞くとたいがいの方がのけぞりますね。で、このエントランスの造作は、かれこれ3年少々は、ちゃんと役割を果たしてくれてますから、まあとりあえず合格でしょうか。

こういうエントランスをシンボリックに演出するコーナーを業者にお願いすると、デザイン料やら特注費やらで、この程度でも40~50万円くらいしてしまいますからね。

自分で作ると、なんと2~3万円もかかってません。

図面を引いて東急ハンズに持ち込んでカットしてもらう。

で、カッティングしてもらった材料を持ち帰って組み立てるわけです。

天井まで2400mmくらいありますから、上下は別の板で、棚板状の部分の向こう側でジョイントしてあります。

板は、もちろん構造的に危ないわけで裏側でちゃんと補強もしてありますが、全体的には柔構造にして、構造的に問題ないようにしてあります。

こんなスリムなものですから、すぐに転倒しますから、最上部にはアジャスタで天井につっぱり留めにしてあります。

「企画塾」という看板のところは、アルミの多孔版を少し浮かせてレイアウトし、その上にロゴタイプを切り出し(もちろん外注ですが)たものを貼り付けて構成してますね。

で、1200mmの位置に、棚板状の突起をつけて、その上に、会員様から頂戴した、「まねき猫」が鎮座しています。

最上部の時計も会員様から頂戴したもので、なかなかシンボリックでおしゃれな時計ですから、こういう場所で光りますね。

2008.1212kj02.jpg光るといえば、裏側には、ちゃんと電気コードもセットしておき、なにか照明をつける場合を考えてありますが、いまのところ、これで済ませてますね。

ま、てなわけで、自作のエントランスですが、別にヒマ人だから、こんなことをしているわけではありません。

文字通り、土日の空き時間を使って制作するという、日曜大工というわけですかね。ま、コストダウンにはそうとうなってますがね。

やはり、 ちょっと間延びしてますね。

厳しい時代の対策の話に、早く移らないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

ato1004nichi.jpg

 ■私の賞味期限、あと1004日!

さてさて、新年早々、ヘンな話しと思わないでください。

右上で、忙しくカウントダウンしているのは、私の賞味期限。つまりは「あの世」に行く予定日ですが、あと1004日になっています。

あと4日、1月10日(土)になると、あと1000日。

あと5日後には、999日と1000日を切るわけで、これはお祝いをしないといけないかな……なんて思ってます。

とはいえ肉体年齢は、データ的にかなり若いらしく、どんな「あの世への逝き方」をするのか、私自身も興味津々。

約37年前に「人生企画・ライフプラン」を立てたときには「脳卒中であの世に逝く」としたのですが、どうやらこうはいかない感じ。

ま、1004日後には、わかりますが、もう少しですね。

私に借りのある人は、香典をよろしくお願いしますね。それで皆さんでドンチャン騒ぎをしてください。

 

videosatuei.jpg■今日は朝からVTR撮影

今日(6日/火)は朝0700から、スタッフやプライベートサーブの藤井社長が私の書斎に来てもらい、VTR撮影。

昨年暮れに何度か紹介した日本版401k(確定拠出年金)の解説ビデオを撮影してました。

100年に1度……と、政府は枕詞のように使う、厳しい経済環境の中で、この401kは、けっこうメリットがあります。

従業員にとっては、少子高齢化時代の年金が確実

企業にとっては、総人件費の大幅な削減

経営者個人には、実質手残り金が増額

経営者個人にとって、制度導入するだけで、小遣いが増えるとは、政府もたまには、なかなかいいことを考えてくれますね。

ま、ともかく撮影の話。

たいがい夕方撮影しているのですが、早朝にやったのは、ほんとに久しぶり。けっこうエネルギーがいるので、夕方やって、喉がカラカラになったついでにビールを飲むというスタイルを、ひさびさに早朝実施。

早朝は、なかなか元気にできてスッキリでした。

日本版401k、みなさんご期待くださいね。

 

 

2009.0104huji011.jpg

■快晴の富士が続いています

快晴の富士が、毎朝見られるこのごろです。

日頃の快晴の富士とは、まったく違うクリアな富士を見て、さらに走る自動車のいない、まったくガラガラな道路を見るにつけ、自動車の排気ガスとは、かなりのものなのだと感じますね。

さてさて快晴の富士とは、うらはらに今年の景気は、そうとうに落ち込むことは必至ですね。

そしていよいよ2009年のビジネスは明日5日(月)から始まります。

 

2009.0104shimenawa.jpg■初・初詣に「豊川稲荷」に出かける

初・初詣というのは、実はなんと長~い私の人生のなかで、ほとんど初めての初詣に出かけました。なんか前に一度行ったような気もするのですが、ほとんど記憶がありませんから、まあ、ほとんど初めて。

「日本人じゃ、ねえな…」

なんて言われそうですが、私は禅寺(曹洞宗)の息子で、なにしろ20才になるまで、初詣をされる側だったので大晦日とか正月の3が日というのは、それはもう大変な多忙さでした。

参拝客は次々来るは、大晦日の108回の鐘の音を、勘定している檀家がいて、私が撞いた鐘の音の数を勘定しているんですよ。

 

2009.0102toyokawainari.jpg「なんか、2個足らなかったですね…」

なんていわれる。こっちは、マジにやってるつもりでも、なんせ煩悩があるは忙しいはで数も忘れて、だいたいになる。

これを勘定されているのでそりゃもういやな正月ですよ。

そんな参拝客に限って、ふるまい酒を呑みずぎて昼くらいまでいる。

こんな参拝客とつきあってたので小学生から飲酒が始まり、まあ、酒には強くなったのですがね……

まま、そんな昔話はともかく、赤坂にある豊川稲荷に行ってきました。しかし朝のせいか、あまり人出は多くなかったですね。豊川稲荷は、稲荷というとほとんど神社ですが、この豊川稲荷は、じつは曹洞宗のお寺。本院は愛知県の豊川にあって、豊川市は、いわゆるこの稲荷の門前町として発展したものですね。

東京の赤坂、東宮御所の隣にあるのは、その分院です。

今年は、なにしろビジネスにはたいへんな年。

みなさまの事業がうまくいくように祈念してきました。

もちろん私の新しい仕事も。

もっとも、サクセスは、ビジネスやマーケティングの基礎を押えての話ですがね。

 

 

 

 

 

 

 
 

2009.0102osechi01.jpg

■お正月は、やはり「和」

お正月くらいは、ビジネスを忘れて日本の伝統に浸るのもいいかも……

そんなわけでしょうか、連日、初詣は超満員のようです。もっともビジネスの、商売繁盛を願って初詣をする人もいるわけで、ビジネス度外視というわけではないかも……

今年はとりわけ厳しいですからねえ……

テレビは、正月特番で、どこを見ても和服だらけ、それになぜか「お笑い」ばかり……笑う門には福来るということなのでしょうか……

笑ったところで、景気は回復しませんが、日本のテレビは、どうしてこうお笑い系で占められているのでしょうかね。

もう少し、硬派な番組があってもいいような気がしますが……

2009.0102osechi02.jpgまま、それはともかくとして、やはりお正月は、おせちとお雑煮ですよね。

おせちは、1日に訪問してきてくれた知人が、すばらしいおせちを持参して頂きました。正月の殺生をいましめた、すべて植物系でつくったおせちですが、それにしても美しすぎます。

日本の、こうした美学はすごいですね。

まさにおせちは「幕の内弁当の美学」の、極致ですね。

お雑煮も全国でいろいろな伝統的なスタイルがあります。お雑煮の基本は、お餅ですが、とにかく雑煮のベースが違う。

私の田舎は鳥取ですが、お正月の雑煮は「小豆雑煮」でしたね。

 

2009.0102osechi03.jpg関西では、昆布と鳥出汁でのおすましが多いような気がしますが、大阪、神戸、京都で違うらしい。また商家や武家、ごく普通の家庭でもいろいろ違いがあるみたいですね。

東京では、全国各地のお雑煮が、それこそごった煮のように、いろいろ食されているみたいですが、もちろん江戸前のお雑煮はあるのでしょう。

ちょっと、研究してみたいですが、ま、仕事の合間に雑学的な勉強をしてみることにしましょう。とにかく、おせちとお雑煮で、新年を祝うことに。

もちろん、皆様の幸せとご健勝、そして厳しいビジネスを乗り切って頂くことを祈念して、いただきました。

東京は、昨日の元旦も今日も、見事な快晴です。

下の写真は、私の事務所近くの国連ビルと青山学院。そういえば青学は今日の箱根駅伝33年ぶりに出場とか。今日は半日、のんびり箱根駅伝でも見ますかね。

 

2009.0102kokurenbild.jpg

2009.0102aogaku.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






このアーカイブについて

このページには、2009年1月以降に書かれたブログ記事のうち生活も企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは生活も企画: 2008年12月です。

次のアーカイブは生活も企画: 2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。