生活も企画: 2008年9月アーカイブ

swisslacremanphoto.jpg

■絵でも描いてみたい衝動にかられることも……

休みも仕事付けの状況が、長年続いていると、年に1、2回、ふっと他のことをしてみたい衝動に駆られることがありますね。

生身の人間である以上、そんなものでしょう。

パソコンで絵に近いものを描くことはできますね。たとえば、イラストレーターでは、かなり高度な絵を作成することはできます。

しかし絵筆で描くことは、筆先の感触が自分の脳に反応してくるのは、PCとはまったく違う意味で濃密ですから、不思議ですね。

長年、描いてないので、腕はそうとう落ちていると思いますがね。

でも、描いてみたくなるのは、生身の人間なんでしょうね。

swisslacremanderaw.jpg皆さんは、ハードワークの合間に、どんなスイッチを入れ替えてるのですか?

私は、ほんとにダメですね。違う仕事でスイッチを入れ替えているくらいですからね。

ずいぶん昔、学生時代に、ヨーロッパを半年くらいブラブラしていたころに描いた絵と、実際の写真です。(写真もよくぞ残ってた!)

当時は、1ドル360円時代。米ドルをわずか15万円くらいしか持ち出せず、貧乏旅行を覚悟してシベリア経由で行ったのですが、絵を描いてると、米国の旅行者が売ってくれといわれて、ずいぶん売ったおかげで、貧乏旅行はしなくてすみ、「芸は身を助く」とは、よくいったものですね。

月に1回くらいは描いてみたいものの、できるかなあ……

 

 

 

 

 

 

 

memo001.jpg

■メモ魔になる

最近、私はほとんどメモをとることもなく、企画書のスタイルのなかで、処理できるパターンを作っていることもあり、仕事中ではクライアントやお客様との会話に集中し、あとでちょっとパソコンに入れておくのが日常になってますが、昔は、それはそれはメモ魔でした。

入った喫茶店のメニューのメモから、喫茶店の簡単なレイアウトを描いてどんな材質が使われているかメモしたりもしてましたから、かなりあきれられていましたね。

で、最近メモをとらないな……なんて思ってたのですが、案外メモしていることに気づきました。

4つの写真がありますが、上から、

●業務PCの上になにげに置いてあるメモ。

●寝室のベッド横のメモ。

memo002.jpg●リビング(テレビの下)においてあるメモ。

●キッチンのコーナーにおいてあるメモ

それ以外には、リビングにも、まだ置いてあり、

出張用のアタッシェには、2、3のメモが入ってますね。

いちばん利用しているのは、おそらくキッチンのメモでしょう。主夫をしていると、買い物に行くときに買い忘れをしないためにメモをしておくと、非常に便利でほとんどミスがおこりませんね。

キッチンのメモを、ちょっと見てみると来客用の箸、同じく来客用のナプキン。と記してあります。たぶん次に食材を買いにいくときに、食材チェックをして足りないものをメモして、東急フードショウに行って買物をすることになりますね。

 

memo004.jpg次いで使うのは、ベッドのメモですね。

私はテレビをつけっぱなしで寝ているので、不思議なことに深夜でも関心事が放映されているときには、ちょっとメモるというのは習慣になってしまってまして、ベッドサイドのメモは必須ですね。

それにしても最近ベッドインすると肩身が狭いですよ。

テレビをつけっぱなしの習慣はやめられない。世の中は、なにしろエコブームですからね。テレビつけっぱなしは、ほとんど犯罪者扱いですよね。

対抗処置として、20年以上もベッドを買い換えてない……とか、シーツはめったに洗わないとか(けっこう清潔にしてんですがね…)、なんとか言っても、まあ説得力はなさそうで、こまったもんですね。

 

memo003.jpgま、エコの話ではなく、メモの話にもどりますが、若い頃、20代、30代は、ほんとによくメモをとってました。

なんせ、頭の中は空っぽなわけですから、メモをして、それを自分のものに昇華していくことは、ひとつの通過儀礼ですね。

■本日、日曜日…しかし仕事漬け

昨日は、一昨日からいろいろ事件があって、対処に終われ、ちょっとほとんど寝てなかったので、昨夜は0830くらいには爆睡状態に。

で今朝は、0320くらいに起床。

日曜日の日課、ゴミ出しや清掃に洗濯など(マンションは部屋の騒音は外部にもれないので深夜、早朝にもでき、これは助かってますね…)を並行作業でやって、さらには昨日のブログで紹介した雑誌や資料のスキャナ取り込み作業も並行作業で行って、0440ごろブログにむかってます。

これから、ちょっとたまった仕事の処理です。朝、1000までに一仕事をおえ、さらに夜までに、ちょっと重要なプロジェクトの処理があります。今日はのんびり仕事ができる日曜日ではないですね。

 

 

 

 

 
 
 

magazinefile03.jpg■雑誌のファイルはデジタルに

みなさん、雑誌のファイルはどうされていますか?

いま、デジタル処理の時代ですが、紙メディアも溢れていますね。

それが毎日のように多様に入ってきます。

捨てるというのもひとつの手ですね。

古い資料は、新聞雑誌なども含めると、そう利用するものではありませんから、90%以上の資料は使わないでしょう。ただ私の場合は、たまたま著作や原稿ほか文書を作成したりすることもあるわけで、2、3%くらいはちょっと見たり利用したりしているのではと思います。

一般のビジネスマンの人たちだと、新聞の利用はあっても雑誌の利用は業界紙誌などは、使っても一般の雑誌の利用はほぼないでしょう。

magazinefile01.jpg

したがって捨てるのが普通ではないでしょうか。

実は、私は雑誌は捨てないで、ひたすらスキャナーで取り込んでいます。

ようはスキャナーに取り込むのは、機械がしてくれるわけで、時間がかからない。そして見ようと思えば、目次ページを見て必要ページを取り出せばいいわけですから、便利です。

時事ネタなどに、雑誌はけっこう役に立ちますね。ヒントくらいですが。

小説を書くときには、非常によく利用しました。

ちなみに、雑誌は製本ではなく、ホチキスの中綴じになっているので、

1・ホチキスをとる

2・センターできれいにカッティングする

magazinefile02.jpg(これをしないと、綴じ代が紙詰まりの原因になります)

3・スキャナにかけて取り込む

4・フォルダを作成し、雑誌名と日付を入れておく

これでOKです。

古いマッキントッシュを、スキャナ入力専用にして仕事の合間にちょっと処理しておけば、時間などほとんどかからず、整理整頓できるわけですね。

日付をつけているのは、野口先生の分類はしないで日付をつけて押し出しファイルという方式同様ですが、HDに放り込んだらほとんど押し出して捨てる必要のないほどの容量があります。

雑誌も出張中などでよく買い、2泊3日の出張だと、雑誌が5,6冊以上増えて、けっこう出張も多いわけですから、そのまま貯めてると、他の資料も含めれば、あっという間にひと部屋いりますからね。

これがいまや、250GとかのHDに相当量の雑誌がカラーのまま入りますから、便利なことはいうまでもありませんね。20年前なら、秘書がひとり必要な業務ですね。

ほんとに便利な時代になったものですよ。

 
 

living.gomibako.jpg

■ゴミ箱って、みなさん、どうしてます?

ホームパーティしているときなど、ちょっとゴミ箱をさがす人がいます。

「どこ?」

って、きょろきょろしたあとでね。

で、私は

「そこ…」

っと指差すのが、この紙袋ですね。

リビングの片隅にちょこっと置いてあるのですが、まあ、ゴミ箱には見えないですよね。

これってBANANA REPUBLICの紙袋ですよ。

誰もファッションブランドのバナリバが、ゴミ箱になっているとは、確かに思われませんよね。それにしても、なんで私の書斎にバナリバがあるのか私もわかりませんが。

誰かが、この紙袋に入れてなにかプレゼントでも持ってきてくれたのかもしれませんが、私はビンボー症なのか、ほとんどのモノを、なにか別の用途に使うくらいを何度かしないと、捨てられません。

で、ゴミ箱は買ったことがなく、すべて紙袋なのです。

kichin01.jpg何度も使ってて、そのうちに汚くなりますから、そうなったら、あきらめて紙袋ごと捨てるわけですね。

リビングは、さすがに気をつかって、わりとおしゃれな紙袋を使いますが、キッチンや人が入ってこない部屋には、ごく普通の紙袋が、あちこちに置いてあります。

キッチンには、ゴミ箱があって、その中に、東急フードショウの紙袋が入れてありますね。

で、満杯になると、所定のゴミ袋にいれて、ポイと捨てに行きます。

 

ところで、このゴミ箱も自作で、ヒンジで開けてちゃんと密封されるようになってます。生物なんかは密封されてないとにおいますからね。

 

ま、とにかく、さらに4番目、最後の写真は、ふたつ置いてありますが、これっていちおう、燃えるゴミと燃えないゴミ。

仕事部屋には、もっといろいろあって、新聞雑誌の資源ゴミ、通常のゴミ、燃えないゴミ、要シュレッダーのゴミと、4種類を用意してます。

kichin00.jpgまあ、買物袋は、エコバッグというらしいのですが、紙袋もさらにいろいろ仕事をしてくれて、最後のご奉公の後に、捨てられるのも、エコな感じがするのですが、紙袋じゃあダメなんでしょうか?

 

■ゴミ箱を買った経験がない

そういえば、ゴミ箱ってものを買って備えたことがないのですね。私は。

この紙袋がゴミ箱ですからね。

10年どころか、20年以上、このスタイルだったような気がします。思い出してみても、いつごろから、この方式にしたのかわからない。

とにかく、なにかと便利なのですね。

企画の世界、発想、アイデアの世界では、

他のものに転用する。

トランスファー

って技法と同じですね。どうも、この転用を1、2回して使わないとモッタイナイって感じでしょうか。

 

bedroom.gomibako02.jpg

そういえば、紙袋は、さらに転用しているものがありました。

出張もふつうは私くらいのメチャクチャなスケジュールを動く人は、出張にはキャスターつきのキャリーバッグをもっているのが99%以上でしょうが、私は、ブランドものの紙袋を使い、ぼろぼろになると捨てる。

まあ、出張先の人は、なんか軽装だよな……って感じで見られますが、紙袋がじつは私のキャリーバッグなのです。

 

人は、いろいろですよね。

 
 






このアーカイブについて

このページには、2008年9月以降に書かれたブログ記事のうち生活も企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは生活も企画: 2008年8月です。

次のアーカイブは生活も企画: 2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。