生活も企画: 2008年6月アーカイブ

 

olivetti011.jpg■オリベッティの名機「バレンタイン」

みなさん、こんなタイプライター、ご存知ですか?

PC万能の時代に、ワープロどころか、なんで化石のようなタイプライターなんだ?……と思われることでしょう。

私は学生時代に海外に行った際(当時1ドル363円くらいで買いましたが)に、ちょっとバイトもしてて、行く前よりも帰ったときにドルがけっこうにあまってたもので、それで買ったものです。

当時、10万円くらいしたような記憶がありますが、当時の10万円ってのは、初任給が5万円ないくらいの時代ですから、2ヶ月分の給料くらいの値段じゃなかったかと思いますね。

いちおう30才くらいまでは、マジに利用していたので、非常に懐かしいグッズです。

olivetti04.jpgいままで、何人の人に、「これ頂けませんか?」と聞かれ、「ノー」と言うと、「売ってください!…」というやりとりが何度あったことか。

知っている人は価値を知ってますよね。

じつはこのタイプライターは、MOMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネント・デザイン・コレクションになっている名機です。

エット-レ・ソットサスというイタリアの名デザイナーの作品で、彼がオリベッティの商品のチーフ・デザイナーとしてコンサルティングに入って以来、オリベッティは、独特のデザインの商品を作り出してきました。

olivetti03.jpg人に売るわけでもなく、まして捨てられずに持っていますが……っていうより、こんな話をしたら捨てるのは、もったいないって思いますよね。

最近、この復刻版が出回っている。

ってな話を聞き、ふとブログに登場させてみたくなりました。

デザインに多少の関心があり、プランニングの仕事をしていると、こういうセンスのあるものは、ちょっと手放せないですよ。

日本のデザインは、けっこう海外でも評価が高いですが、こんなオリジナリティのあるものは、ちょっと少ない感じがしますね。やや一般的なデザインが多いように思うのは、私だけでしょうか。

このタイプライター、写真のようにバケットの中に入るようになってます。

ちなみにタイプライターをなにげにインテリアを飾るように置き、バケットのほうは、なんと掃除用のツールを入れるのに使ってます。イタリアのデザインはいい……と絶賛してて、掃除用具を入れてるのは、ちょっとマズイですかね。

ま、生活はいろいろですからね。

 

 






このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうち生活も企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは生活も企画: 2008年5月です。

次のアーカイブは生活も企画: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。