生活も企画: 2008年5月アーカイブ

tumire01.jpg

■銚子産イワシの、つみれ鍋

銚子から西田社長がやってきてくれました。

テイクオフの西田社長は、いまネットでドレス販売していて、倍々以上の伸びをしている、すごい社長ですね。

昨日、紹介したプロ歌手の美崎唯さんもいっしょ。

で、彼が銚子のイワシのつみれと、いかのすり身をもってきてくれましたが、これがすごい。

西田社長の話だと銚子の魚屋さんが、マイワシじゃあなくて、背黒イワシだからイマイチ……そこで、アジをくわえてつみれにしてくれたとのこと。

tumire02.jpg

しかし、この背黒イワシってのが絶品でした。

アジが加えてあったからかもしれませんが……絶妙な組立てですね。私は、鍋を用意してちょっと軽目の出汁をつくり、ブリでも入れてこれも出汁がわり。あとは野菜を切って待ってただけでした。

つみれをスプーンで丸めて入れて少しすると火もとおって、味は絶妙。さらに野菜が徐々にいい味になってゆきます。

冷凍しゃないつみれの威力は抜群でした。

先週の土曜日は、千葉の館山で海産物を堪能し、今日は、銚子から直行でつみれをもってきて頂いて堪能。

すばらしいですね。

■自分の曲がカラオケに入っているのは奇妙ですね

で、美崎さんの入曲祝い……ってわけで、めずらしくカラオケに行きました。シダックスのカラオケビルは、私のマンションから歩いて5、6分のところにあって、部屋へ。

どおやら通された部屋は、USENの曲がない。で、頼むと他の部屋に通されました。部屋別で第一興商とUSENがわかれてるのですかね。ま、それはともかく「まだやるぜ」と、曲名検索すると出てこない。なにやら不安。

そこで歌手名で、美崎さんを検索すると

「オッ、あるじゃん!…」

そこで開いてみるとタイトルは「団塊の世代への応援歌……まだやるぜ」と、まあ丁寧なものとなっていました。

書店に行くと、自分の本がズラッとならんでいるのには、慣れっこになっている私ですが、さすがにカラオケには初登場。奇妙な感じでしたね。

 

 

bolt01.jpg■ペットボトルの使い方に、みなさん興味!?

昨日の朝、ペットボトルを、ペン立てから、小物入れから、なんにでも使ってるお話をしましたが、これは女性の方にとっては、

「ペン立てや小物入れには、もっとカワイイものを使うわよ。ペットボトルなんて、とんでもない!…」

てな、バカよわばりされそうな話でしたが、男性の皆さんは、ペットボトルというより、ペンたてはわかったが、なにを蓄えてどうするの?

というお話。

昨日3,4組の皆さんと会議や面談しているときに、そんな話に……

で、これから、わかったような、わからないような話をしましょう。

左のピンボケの写真のペットボトルの中身はボルトやナット、ネジの類ですから、これは利用法については、わかりますよね。

なんか、ちょっとDIYの際に使うのはおわかりでしょう。

shaver01.jpg
■ところで……これ、なに?

ところで、左の写真のものはなんでしょう?

やはりペットボトルのなかに満載されたちょっと不思議な形状をしているものですが……

一見するとなんともわからないでしょうね。

で、さらに3番目の写真を見てもわかりませんか?

写真は、ドレッサーの下の収納に入れてありますね。

さらにもうワンパック、いやワンペットボトルなのか、もうひとパックありますから、かれこれ100本以上はあるでしょうか。

ドレッサーの下にあるということは、つまりは洗面台の下にあるわけでね、これでもわかりませんかね。

じつは、これシェーバーの柄なのです。

答えを行っちゃいましょうね。

4番目の写真にあるようなシェーバーです。

コンビニに行けば、どこでも売っているシロモノですが、私のように毛ダラケ人間には、たいへんな必需品です。もっともアタマのほうは、毛ダラケではないのが寂しいのですがね。

shaver02.jpg朝の日課は、まずこの1日1ミリは伸びるヒゲを剃ることから始まるわけで、朝晩、2回そることも希ではありません。

電気シェーバーも、10数台は使いましたが、どうにもこちらのカミソリのほうがいい。昔の1枚刃のカミソリは、ていねいにやっても、血だらけになることもしばしばでしたが、最近の2枚刃や3枚刃は、なかなか切れ味がよくて、血だらけになることはありません。

 
いろいろお世話になっているこのシェーバー。

しかし、数回で切れ味は落ちるので、普通は捨てるのでしょうが、私はなにしろ捨てられない。

やはり捨てるのはモッタイナイ!

というわけで、この写真のようにドレッサーの下にペットボトルの大型のものを容器にして、そのまま次々と保存しているわけですね。

ペットボトル容器は3つ並んでますが

左は、使わなくなったものを、無造作に入れるペット容器です。

shaver03.jpg次の2つのペット容器は、柄の部分と、刃の部分そして刃の部分のカバーを分離して入れてるわけです。つまりちょっと時間があるときに、最後の写真にあるように、分離して整理しているわけですね。

さてさて、これはいったい何のためでしょうか?

まあ、これは答えを言うのは、半年後くらいにしておきます。

あたった人はエライ!

ちょっとやそっとで、わからないようなものを創ることにしてますのでshaver04.jpgね。

懸賞付きで、問題にしたくなってきましたね。

またまた妙な話で失礼しました。でもモッタイナイ……ってお話ですよ。ゴミの分別だけがエコではありませんよ。捨てないで使い切るほうが、よっぽどエコな感じがしますが……

 

pet00.JPG

■私は、ペットボトラー

もう連休も終わりですね。今日から、またがんばらなくっちゃ……と、朝起きして……ちょっと朝起きすぎましたが、4時前に起きてちょっとコーヒーブレイクです。で、ブログにむかいました。

ところで

最近、棚とかちょっと工夫とかの話がありませんね。

ってお話が何件いただ来ました。あの本格的な中空の棚や、ちょっと小さな書斎コックピットデスクの工夫に相当驚いたという話があってのことですが、あんなの、いきなりやらないでくださいね。

ビギナーにはできないと思いますから。

で、今日はペットボトルの話です。私にとっては日常のヒトコマでちょっとつくってしまうので、なんのことはない作業なのですが、しない人にとっては、ご興味があるようなので、お話すると、

ペットボトルを捨てない

というのが私の趣旨なのですね。

ふつうペットボトルは分別回収用のゴミ箱に捨てるのでしょうが、私の場合は、とにかくためておきます。これがなにかのときに非常に使えるのですね。

最後に説明しますが、これがまた企画と経営の話になるのですがね。

 

pet01.jpg

たいがいは、目的に合わせてカットします。

(1)は、ガーデニングなどで使う先のとがった剪定(せんてい)バサミなどで、差込むようにはさみを入れてあとは、グルリと切ってしまいます。

(2)に示すように器をつくるわけですね。高さなどは、だいたいいろいろな目的によってつくりわけますが、大小サイズの器をつくるとあとはいろいろな目的に利用できますね。

この目的のほうは、写真のカットでお見せしましょう。

pet02.jpg

順に説明しましょうね。

(3)(4)は、デスク周辺にあるものですが、これ文具入れでペン、ハサミやカッターナイフ、小さな定規、小さなドライバー、ラジオペンチ、ダブルクリップなどデスク周りで必要なものを入れておくためにペットボトルを切って置いてます。

しゃれたペンたてを買ってきておいても機能的ではないので、作業向きではありませんよね。

ここには、5コ並んでますが、とにかくこれでOK。人に見せる部屋ではないので機能的にすぐにとりだして使えるように文具を整理しているってところですね。

(5)~(7)はキッチン周りの一部です。

(5)には、高さの違う2つのペットボトルが置いてありますが、ペン、ハサミ、カッターナイフ、ラジオペンチなどが入れてあります。キッチンでは食材をしっかりパックしてあるものがありますから、そんなときは、はさみかカッターかラジオペンチか、それぞれ対処に適したものを、すぐにとりだせるようにしてますね。

あと小さなものには、ダブルクリップなど小物を入れてます。ダブルクリップは、冷蔵庫に入れるもので、ちょっととりだしてまた風をするときにこれは便利です。文具のダブルクリップは、なにかと会議に出るとついているのですが、ファイルに入れて不要になったクリップの行き先の半分は、キッチンですよ。

(6)は、キッチンのお手ごろなポジションのドアを上にあげると、(7)のコーナーが出てきますが、上にあるのはキッチン用にいろいろ使えるロールです。水切りやてんぷらなどの際にね。で下に見えているのは、小ぶりなキッチンタオルで、これは何枚あってもすぐに使えますから、必要に応じてちょいと取り出して使います。

その奥にあるペットボトルにはビニールの袋が無造作にぶち込んでありますが、きっと10数枚はあって、これは、なにか冷蔵庫に食材を収納する際に取り出して使います。スーパーから買物するとたくさん増えますからね。

キッチンの、ことに冷蔵庫の中にもいろいろ活躍していますが、これも掲載すると時間がかかるのでまたの機会に。

(8)(9)は、本棚の一角にもペットボトルは登場します。

(8)は、本棚の一部のちょっと置かれたペンたてや小物入れに使ってます。ちょこっとあれば便利なのですね。

(9)は、絵を描いたするために、ちょっと絵筆を収納する筆入れに使ってますが、黄色い矢印のところですね。右側には絵の具が置いてありますね。

pet03.jpg(10)(11)は、もの置きのなかですが、(10)のペットボトルのなかには、デスクや会議用デスクなどを廃棄するときに、そのままゴミに出すのではなく、分解すると丈夫なボルトナットや便利な金具があり、これらをノコしておくと、実にいろいろなシーンで使えるのです。もっとも会議用デスクなどの天板も、カットしてコックピットデスクに使ったりしてますから、すべて捨ててるわけではありませんが。

(11)は、ちょいと重いものを買ってくると店がつけてくれる取っ手ですね。これもなにかと使えるので、その収納にペットボトルを使ってます。

と、まあ、いろいろ使えるペットボトル。そのために捨てないで、利用待ちのペットボトルは、こうして買物袋のなかに、大量に待機して、待ってるわけですね。

これらのペットボトルもいろいろな役割を果たした後、廃棄されるわけで、ペットボトル、飲んだらすぐ廃棄……じゃあ、モッタイナイですよね。資源の有効活用は、いろいろなシーンでできるわけでね。

これは、もう経営や企画のセンスに一脈も二脈も使えるってことですよ。

 

kenkokai02.jpg

 
■料理の手抜き道具は、いろいろ揃える

先日のホームパーティで、こんなお皿が出てたのですが、どんなカッターを使ってるの?……って聞かれましたが、よくある道具ですね。

実に短時間に食材をカッティングできるので重宝してますよ。

あっという間に切れますからね。

私が使ってるのは、イワタニのIFP-45Sって道具で、たまにテレビショッピングなんかに登場しているから、そこそこ売れてるのではないでしょうかね。

料理の手抜き料理のなかで、一番おくら入りするのは、ジューサーで1,2回使ってキッチンの下に入っちゃうようですが、一般的な食材のカッティングは、やはり日常的な作業なので、こうしたものは便利ですね。

 

cutter01.jpg
cutter02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキッチンカッターは、ケーシングと、カッターとカッティングした食材を受けるケースと、上にカッターを左右にピストン運動させる駆動部と、カッティングする食材を入れる部分からできてますが、なれると非常に便利です。

左上は、刃を分解してる写真、右上はそれを組み立てて食材を受けるケースにセットしたところ。

これで千切りができる算段です。より詳しく言うと、左の刃で水平に切って右の刃が垂直に切って、千切りができるようになってます。

cutter03.jpg
cutter04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、この刃をセッティングしたケースを外側のケーシングにのせるのですが、これが小さいローラーがついてて左右に動くようになってます。なかなかよくできてますよ。

で、左写真に、ちょっと突起があると思いますが、これをキャッチしてかぶせるように(右写真)上に駆動部をのせます。

cutter05.jpg
cutter06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、こんどは駆動部のそばにカッティングする食材を入れる丸い筒状のツールをセットし、ここではニンジンを入れてますがあとは押し付けるだけ。

押すと駆動部がしたの刃をセッティングしたケースを左右に手際よく往復させてスライスがあっという間に完成します。

てな簡単な手順でスライス完了ですね。

シングル生活してて、さっさと食事の準備をして、ワッと人が来てパーティ料理をしても苦にならない。楽しくやるには、やっぱり道具は大事ですね。20人くらい来ても一人で準備しちゃいますからね。

cutter07.jpg






このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうち生活も企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは生活も企画: 2008年3月です。

次のアーカイブは生活も企画: 2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。