料理は企画!: 2009年5月アーカイブ

2009.0520tagami011.jpg

■20年以上も通っている店「たがみ」

新しくしかけているプロジェクトも、なんとか目途がたち、ちょっと気分は一服かげん……とはいえ、原稿や雑務はモロモロありますが……

そんなときは、いつもの店に……

といっても1ヶ月以上来ていなかったかも。

ここは渋谷の事務所から1分とかからない場所で表通りから一筋入ったビルの奥まったところにあります。

「たがみ」という店で、家族でやっている店ですが、いつもカウンターに座ってご主人と話しながら食事をしてちょっとアルコールを頂戴し、帰宅するという、まあ夕食をいただくお店ですね。

カウンター越しに「今日の魚は?」……って声をかけると、焼きかげんが最高な、いい魚がちゃんと出てきますからね。

2009.0520tagami022.jpgなんて尋ねたり、こちらが呑みながら本でも読んでると、黙って適宜、旬のものが適量出てきます。こんな店は、ほんとに居心地がいい。

ところでこの店、20年以上通ってます。

渋谷に事務所とねぐらをかまえたのが20数年前ですから、そのころから通ってますが、いまやそのころあった気楽に通っていた馴染みの店10数店は、いまやわずかに3店が残るのみです。この「たがみ」をのぞくと、

水炊きのお店「酒井」、モツ料理のお店「はがくれ」ですね。

次々と廃業したのか、潰れたのか、なくなってしまい、ビルが建て変わったりチェーン店になったり、業態も雰囲気もすっかり変わり、行かなくなってしまいますね。ほんとに。

2009.0520tagami033.jpgそんなときに、ホッとするのが、こうした20年以上通ってる店です。

以前に紹介した私の隠し味、2、3年漬け込んだ、にんにく醤油も、このご主人から伝授されたものですね。

ま、この店でサバとかサンマとかを食べてると、すこぶる幸せです。いい智恵も企画も生まれますからね。

それにしても書斎で鍋でおもてなしをしていると、それだけこの店に来ることが減っているんだと、つくづく思いました。

なんせ1ヶ月以上も訪ねていなかったわけですからね。

とはいえ、幸せなひとときでした。

 

 

 

 

2009.0517zakuro01.jpg

■いつものことですが……ドタバタした1日でした

今日は、5月ももう20日(水)。もうすぐ衣替えですからね。日の出も早くなり、ホームパーティのスタート時間は、まだ陽が落ちない状況になってきました。

昨日は19日(火)、早朝に起床してちょっと仕事の準備。

0720には、渋谷駅にでかけ横浜の先の藤沢まで

0850クライアントの会社に到着し、ちょっと打ち合わせ

0930には調整を終わり、藤沢駅へ向かい、渋谷へ

1145渋谷に到着して1200前には書斎へ……で、軽くランチを自分でつくったのち原稿に向かう。

1300には、お掃除サービスのスタッフが来てくれました。毎週、火曜日は3時間くらいかけて、水まわりや書斎の接客スペースをクリーンアップしてくれます。なかなかいいですね。

1400には、渋谷に出て夕刻の来客用の食材を買出し

1440には帰ってひと仕事して1800には来客が……

社長2人と新事業の打ち合わせはそこそこに、まあ、いろいろと情報交換していると、あっという間に2100は、過ぎてしまい。

後片付けをし、雑事をしていると、もう爆睡の時間。

 

2009.0517zakuro02.jpg例によってドタバタの1日でした。とはいえ地方出張などがある日ではないので、気楽な1日だったかもしれません。

■あんたのモノは、そう長くない!?

ところで前の日曜日(17日)。ちょっと銀座まで出かけたので以前から気になっていたお店「ざくろ」にしゃぶしゃぶを食べに……鍋研究家としては、いろいろな鍋を食べないことにはね。

で、その店のトイレにはいって驚きました。

         STAND CLOSER PLEASE,

     YOUR HONEST JOHN IS NOT SO LONG

            AS YOU EXPECT

ちょっと用をたしながら、思わず「プッ!」と吹き出しそうになりました。ちょっと日本人の書いた雰囲気の英文ですけどね。

「もっと近づいて下さい。あんたのモノは、あんたが思うほど長くないっすよ……」

と書いてあるのです。これは、ほんとに吹き出しますよね。

で、戻ってしゃぶしゃぶを食べるものの、この店の「吹き出し」トンネルは、確かに長かった……これってかけてあるのかな。

おかげで「しゃぶしゃぶ」の味はすっかり忘れてしまいました。

 

 

 

2009.0513nissei01.jpg

■連休あけのホームパーティ

今年がはじまったころは、ホームパーティと懇親会の連続で、ホームパーティは1週間連続もあり、土日も入れて1ヶ月以上続いてました。

これはもう、いささか食傷気味でしたが適宜あるのは、いいですね。

連休明けの11日(月)。ちょうど1週間前の私の書斎の光景です。

窓の外から、不思議な光が差し込んでいますが、これは初体験。

晴れていたりで木々雲っていると、空は夕焼けになり、赤からオレンジ色の光が差し込んでくるのが私の書斎の光景ですが、この日は違いましたね。ちょっと小雨模様で暗く、夕焼けはすぐにダークブルーの空につつまれて、こんな光が書斎に入りこんできました。

まま、それはともかく書斎には、お客様。

2009.0513nissei02.jpgはじめての方々でしたから、例によって「根生姜のサシミしゃぶ」。

私のブログをしばしば見ていただいている人にとっては、「いったい何度目の、サシミしゃぶだ!」

とお叱りをうけるかもしれませんが、とにかく最初の訪問客には、この慣例となっているので、お許しを。

金融関係のお仕事をされている皆さんと、しばしの談笑。

 

先週を振り返ると、なにやらドタバタの1週間。

月曜日は、銀座に出かけて、帰ってくるとこのホームパーティ。もちろんその前に、ちょっと買出し。火曜日は、地域PFI協会のセミナーがあり、その後は懇親会。「地場建設業活性化機構」の起ち上げも……

13日(水)は、夕刻に書斎に来客があって、ここでも鍋談義で、とある業界をなんとか活性化させようという話。

14日(木)は、数組の来客があったものの、夕刻はゴルフのレッスンに行って最後は、スタッフと食事をしながら明日の打ち合わせ。

15日(金)は、JMMOの月例会、そして懇親会。16日(土)はZ塾で、終わると懇親会。

あとは原稿がヤマとあって、新しいプロジェクトの仕込みもあり、あっという間に時間が過ぎてゆきます。

あと872日で、この世とおさらばしなければならないというのに、時間というのは、あまりに過ぎ去ってゆきますね。

「光陰矢のごとく、学成り難し」とは、よく言ったものです。

 

 

 
 

2009.0502torijaya01.jpg

■鳥茶屋の、極太うどん

5月のはじめころ、ちょっと神楽坂付近の小さなスタジオで行われたプライベートなイベントにでかけることがあり、極太うどんのでる鳥の「うどんすき」にそそられて「鳥茶屋」本店へ……

早稲田とおりをブラブラ行くと、神楽坂の毘沙門天が目に入りますが、この門前で、ちょっと小道に入るところに鳥茶屋があります。

それにしても神楽坂。

なかなかの人出で、どこが不況だろうという感じ。新宿や渋谷の喧騒とは違う趣(おもむき)で、なかなか風情があります。

とくに小道に入って間切りくねった石畳を上り下りすると、周囲にはしゃれた店がたちならび、なにか京都を思わせる風情も……

さていま、NHKの大河ドラマでやってる「天地人」の越後の百戦不敗の強さを誇った上杉謙信が、非常に信仰を厚く、日夜手をあわせたというのが毘沙門天です。

毘沙門天は、戦勝へご加護があるというわけで、上杉謙信は祈ったのでしょうが、これは毘沙門天が中国に伝来してからのような経緯があるらしい。もともと毘沙門天がインドで生まれたときには、財運の神様らしい。

鳥茶屋さんは、財運をめざしたのかどうかは、わかりませんが、ほんとに目の前ですからね。ご加護もあるのでは……

 

2009.0502torijaya02.jpg5時過ぎというのに、お客様が次々と吸い込まれてきてましたね。

テーブルに出てきた「うどんすき」は、野菜満載の私好みの鍋。

自称:鍋研究家の私としては、すばらしい鍋でした。鳥鍋というのは、鳥の骨から出てきた脂が、独特の風味をかもし出すので、なかなかですね。博多の水炊きも、鳥ガラを長時間炊いて脂をとりながらつくりますが、これはまたちょっと違う。

同じ素材でもコンセプトが異なり、食材を代え、演出に工夫をすると、まったく違うものになりますから、料理はたまりません。

まさに料理は企画です。

コシのある極太うどんは、サイコーでした。

 

 
2009.0502torijaya03.jpg
2009.0502torijaya04.jpg





このアーカイブについて

このページには、2009年5月以降に書かれたブログ記事のうち料理は企画!カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは料理は企画!: 2009年4月です。

次のアーカイブは料理は企画!: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。