料理は企画!: 2008年7月アーカイブ

tamagosoup.jpg■夏バテ防止をしてますか?

夏バテ対策……ってだけではありませんが、土日もないハードワークを乗り切るには、1に睡眠、2に食事。

ですよね。

バテバテで食事をつくるのも面倒……なんて思うと面倒ですが、さっさとスピードクッキングするクセさえつけていればいい。

ことに、朝のカンタンスープはラクチンです。

一番カンタンなのがこの手のスープ。これはカンタン・たまごスープですね。野菜をいろいろ用意してさえあれば、ちょっと具沢山でリッチなスープがすぐに完成します。

milk.jpg作成法は、こちらで。

■秋田、仁賀保高原のミルク

で、秋田の渡辺さんから、仁賀保高原の土田牧場のミルクをドド~ンと送って頂きましたが、そういえばこのところ、ミルクってまったく口にしていないことに気づきました。

ミルクってイマイチ美味しくないイメージがあるのですがね。これは薄めたミルクが市場に出ているからでしょうね。

で、頂戴すると、これはサイコー。

朝のスープに、ミルクを頂戴して、本日も朝からエンジン全開ですね。

渡辺さん、ありがとうございました。

スタッフもこのところコーヒーブレイクではなくて、ミルクブレイクってわけで、ミルク三昧のようです。

これはもしかして秋田で料理教室のセンセーやらないといけないかも。

 

 

 

 

 

moroheiyasuki.jpg

■モロヘイヤのワインすき……続きです

料理は、組合わせの妙…企画と同じですね。

どう組み立てれば、顧客に受け入れられるか……適当に自分サイドでやってれば、まったくビジネスにならないが、ちょっとした工夫で大きく顧客に受け入れられる。

それと、案外、重要なのがビジュアルな要因

乱暴に盛り付けるよりは、ちょっと素材の色合いなどを考えたほうがいいですよね。

これ、私の盛り付けですが、まあ、内容よりも、ちょっと盛り付けで美味しそうにすることを心がけてます。

テーブルは真黒なグラストップ、器はほどんど白い食器しか使いません。これって、一種の手抜きで、有田などの和風の柄の入った食器を使うと、けっこう気の使い方が普通じゃなくなりますからね。

黒いテーブルと白い食器で、あとは盛り付けのみに専念する……というのが私の手抜きの方針ですね。

夏の夜の疲れているかもしれない来客を、もてなす。

やっぱり見た目でもハッピーになってもらわないとね。

ところで、組み合わせの話。

■モロヘイヤを鍋に使う……ほうれん草がヒント

モロヘイヤを鍋に使うことに、かなりの人から驚かれるのですが、モロヘイヤは「ほうれん草」に置き換えてもらえれば、非常にわかりやすいでしょう。ほうれん草は、鍋にもいろいろ使いますね。しかしモロヘイヤは、通常、おひたしとしてよく利用しますが、モロヘイヤも、おひたしくらいの利用法しか一般的には使われない。

これをほうれん草全般に利用されるのと同じ使い方をしてみるわけですね。

すると、スキヤキ、常夜鍋、しゃぶしゃぶ……など、あらゆる鍋の局面に使えます。

問題は2点ありますね。

ひとつは、葉を1枚づつ採らねばならないこと……これって手抜き料理の大敵ですね。でもこれは来客に手伝ってもらうのもよし、ちょっと時間をつくってやるしかありません。

写真の盛り付けにあるのは、1/2束くらいです。他に用意しておき、なくなったら追加するようにしましょう。なにしろ茎が非常に硬いので、ちょっと別にしないと使いものになりませんからね。

なお、茎は別途、炒め物なんかに使えますので、捨ててしまうことはありません。

ふたつめ、葉っぱが特色があり、すぐにへたるるので、これを知らない人は、あっという間に真っ黒な縮んだ葉っぱにしてしまうことがあるので、この食べごろを来客に伝えておく必要がありますね。

ま、とにかくほうれん草よりも栄養価も高く、ほうれん草のバリエーションは多いので、この置き換えはなかなかオリジナルな料理に展開できますね。

皆さん、料理は企画です。この組合わせの妙を、いろいろ体験してみてください。

 

 

moroheiya01.jpg

■夏バテしそうな日々ですね

暑い夏が続きますよねー。

昨日(18日/金曜日)は、0400頃に起きだして早朝から新しいプロジェクトの仕込みや準備を行い、0800過ぎには、事務所へ。スタッフと打ち合わせをして、コーヒーブレイク。

事務所に帰り、業務を雑雑やてちると、もうランチタイム、スタッフとちょっと早いランチを済ませると、1300の午後イチの来客対応で書斎にもどって、とりあえずスーツに着替えて、事務所へ。

もう道すがら、猛暑の気配。

暑~~~い!!

たまりませんよね。

 

moroheiya02.jpgで、来客が終わり、雑務をしていると、あっという間に、次のスケジュール。今日は会計事務所対応の「職員ゼミ」で、1500から皆さんの話を聞き、1700過ぎから私の出番。1800頃に終わると、書斎にもどって、プロモーションビデオの撮影。

これは短時間で済み、1900懇親会に合流。

その後、2100過ぎには、大阪からオオモノ先生と合流して、ちょっとカタメのお酒をちびりちびり。

2300帰宅して爆睡へ。

 

■モロヘイヤのワインすき

moroheiya04.jpgこんな日々では、夏バテ防止に真剣にならなくちゃ。と、今夜でもやりたいのが、このモロヘイヤで、ワインすき。

ワインすきは、何度がこのブログでとりあげてますが、野菜のミネラルにこだわり、根菜類を少々使うものの、肉以上に主役扱いにするのが、モロヘイヤ。

バター、割下、ワイン、お酒で、ぐつぐつしながら、最初はもちろん牛肉ですきやきを楽しみ、根菜類を入れたあとは、牛肉とモロヘイヤを入れて食べます。

牛肉とちょっと柔らかくなったモロヘイヤを、からめて食べます。

とり皿には、卵を溶いてやるのもいいですが、ちょっとしつこい。

そう思った場合には、軽く、めんつゆくらいで食べますね。

まあ、こんな感じで夏バテ防止をしないと……

とにかく医食同源ですからね。このとんでもない悪条件の夏を乗り切らないことには大変です。

みなさんも身体をいたわって頑張ってくださいね。

世の中、3連休らしいですが、例によってビンボー症の私には休みはありませんが……

 

 

 

blog_r010[1].jpg

■多菜の漬物リゾット……

夏バテの季節が近づいてきましたね。

こうなると、シングルは、朝抜きって生活になりますが、それはやめましょう。朝、温かいものを、ちょっと胃袋に入れる。

これって大事ですが、なかなかやりませんよね。

『料理は企画』のコーナーの『cook温』で、5分間クッキングを紹介してますから、手抜きで作りましょう。

それにしても、このクック温は、『5分間ヘルシークッキング』って本の中身を紹介しているのですが、これって、1985年くらいに作成したのですが、当時の編集者は、5分間……なんて、手抜きって思われますよね……って、けっこう真剣にコンセプトを悩んでましたね。

ところが今は、5分間、3分間など、手抜き万歳!状態になってますから、もうちょっとあとで出版すればよかったかな……なんて考えてますが……

まあ、これはもう、冷蔵庫の残り物でできるメニューですからね。いまから作って会社に出勤できますよ。

お互い、夏バテ対策しときましょうね。

多菜の漬物リゾット……なんて、ようは雑炊ですが……作ってみましょう。

 

bn_blog_r010_01[1].gif
bn_blog_r010_02[1].gif
bn_blog_r010_03[1].gif
bn_blog_r010_04[1].gif

bn_blog_r010_05[1].gif

 

 

 

 

1・水を鍋に入れ、火にかけ沸かします。

2・沸騰してきたら、和風だし(orコンソメ)とごはんを入れます。

3・再び煮立ってきたら、ひじき、しらす、にんじん、しいたけなどの具を入れ、かき混ぜます

4・ぐつぐつしてきたら中火にして、2~3分ほど待って火を止めます。

5・器に移したら漬物を盛ります。少しリゾットになじませるように浸します。

 

簡単でしょ!


 

blog_r006[1].jpg■昨日は、富山から京都へ、そして新大阪泊

7月8日(昨日/火曜日)は、富山から京都へ。北陸では強烈な豪雨が降り、北陸線はズタズタでしたね。

90分、100分送れくらいで運行し、不通もあったようですが、なんとか京都までたどりつき、たっぷりある予定の京都でのお客様との面会時間は、30分になり、1600前には「京都すばる高校へ」

生徒さん、がんばって課題をこなしてました。すばらしい。

で、1730ごろにすばる高校を失礼し、1830近くに西大路へ行き、京都のお客様を訪問。その後、京都駅で、このところ企画塾とずっと行動をともにしていただいてた小野さんと、食事をしながら2人で懇親会。

新幹線は人身事故があったらしくダイヤが乱れており、下手に東京にむかうより、泊まってから朝、東京にむかうことに。京都ではなく定宿のある新大阪へ移動し、チェックインして爆睡。

■さいきんキッチンに立っていません

7月9日(本日/水曜日)5時すぎにおきてパソコンをいじっているものの、出張が多いせいもあって、最近、キッチンにたっていないことをふと思い出す。夜の鍋も激減し、したがって朝のヘルシークッキングもない。

私の体調コントロールに問題ありですね。

cooking[1].jpg

って思ったりして、朝ごはんを思い出してクックオンを見てました。

新しい読者の方は、わかりませんよね。クック温。

これは、ぜひブログのなかをいろいろのぞいてみてください。

今夜は、スケジュールを見ると、めずらしく夜の会食なし……これはひとり鍋でもやるかな。

 「食材をムダにしないヘルシー5分間クッキング

左写真の、この長いタイトルの書は、10年以上前(1995年)に書き下ろしたレシピ本。

上写真は、そのなかのヒトコマです。

 古い本と、Cook-onという考え方→

女性の方、必見「クック温」→

hukuyama03.jpg

■青葉印刷の松浦嘉廣会長と

昨日は、お昼にアップするなんて言っていて、たいへん失礼しました。お昼は、ほとんどお客様とランチをしながらお話してて、とても時間がなく、それから6時過ぎまでえんえんとセミナー。

新幹線にたどりついて、東京に向かうときには、ついついビール……意思が弱いですよね…結局、今朝になってしまいました。

3日(木曜日)の福山行きは、青葉印刷の松浦会長と面談するためにおじゃましてました。たぶん70歳をすぎておられるのですが、アタマは柔軟で、発想も若く、情報も豊富な方です。業界でもかなり有名な会長です。

当時と、あまり変わっておられないのには、ビックリしました。

ほんとに人は年齢ではありませんね。

hukuyama02.jpg最初にお会いしたのは、たぶん25年前、四半世紀前になります。

それから親しくさせていただいていたのですが、私のドタバタの度が過ぎたせいか、20年近く前から、コミュニケーションが途絶えていて、先日、松浦会長とひさびさにお会いして、意気投合いるところです。

先日おじゃましたキャッスルホテルの「鞆の浦」で、仕事の話をしながら、またまたお食事を頂戴したのですが、このお店の料理のレベルは高いですね。ほんとに。

前にもお話したように、1500年以上前から大陸との交流、西日本の交通の要衝で、高い文化に触れているエリアだからでしょうね。

戦後は、工場地帯になって、ちょっとその歴史を忘れられていただけで、どこかには、しっかり残っているわけですね。

hukuyama01.jpgで、さらに出てきた鯛の頭がすごかった。

なんか食い意地がはってるようで、失礼な感じですね。瀬戸内の鯛は、昔からかなり有名ですが、たしかに本物。

私は、猫も食べないだろうというほどきれいに食べてしまいましたが、松浦会長は、かなりあきれておられたかもしれませんね。

「失礼いたしました……」

再びその後、前回もおじゃました「游(ゆう)」というお店に行くと、なんと、前回「覚えてね!」とお店の皆さんにお願いしていた私の曲

「団塊の世代の応援歌……まだやるぜ!」

を、しっかり歌って出迎えてくれるではありませんか。

これは感激でした。

またまた立ち寄らないといけないな……っと、さらに感じた福山でした。

 

wasabi01.jpg

■ふたたび山梨でのお話「焼酎を、わさびで楽しむ!」

6月30日(日曜に)、山梨での最後はランチ。奥藤(おくとう)ってお店だったのですが、ここで出てきたのが、しょうちゅうに生わさびをおろして焼酎の水割りに入れる。

ランチで焼酎?!

と、ま、硬いことを言わないでください。日曜日のことですから。

さめ革でおろして焼酎に入れるわけですが、「う~ん…」とわさびのスパイシーな風味が効いて絶品!。

しかし私は、さらにワガママを言って、お湯割りをさらに追加して頂き、そこに、それはそれは大事にわさびを入れて溶きます。

香りが一段と風味を増して「うま~い…」

wasabi02.jpg

たしか、東京には焼酎のそば湯割をして、わさびを入れる店があったけど、どこだったかな~?

ま、とにかく美味しい焼酎わさびでした。

もちろん他のお料理も堪能に堪能しました。

お世話をしていただいた、株式会社光彩工芸の深沢社長には、ほんとありがとうございました。社長というとおっかなそうな人を想像するかもしれませんが、昨日のブログ2枚目の写真の、右でVサインを出しているのが深沢社長。みんなマイケルって呼んでますがね。

いい男でしょ。

女性読者の方は、間違いなく、彼の会社でつくったピアスやイアリングの小さな部材を使っているはずです。かなりの世界シェアをとってますから有名ブランドの部品も含め、皆さんも使っているはず。

痛かったり、浮気相手のところに落としたりするものは、間違いなく他社製です。

サヨリーナ、マーガレット、ユッキーほか、女性の読者の方は、よく覚えておきましょう。

で、美味しい体験をすると、いろいろ工夫してみたいのが私の習性で、これまた昨夜は夜中に、焼酎のお湯割りに練りわさびを入れてみました。というのも、スーパーに行ったら特大の生わさびは2000円ほどしていたので、う~ん、これはパーティでもやるときにしか買えないな~。

ということで練りわさびをちょいと搾り出して、やってみました。

ま、そこそこOKです。

充分楽しめました。なんとそのほか、からし、マヨネーズ、うめペースト、ゆず胡椒……などなど、いろいろ入れて実験してみたのです。いろいろいけますよ。でもマヨネーズは、二度と飲むかっ!って感じでした。

実は、こうして私は、失敗体験を料理やお酒など、日常のちょっとしたことでチャレンジしていることで、仕事の本番に、いろいろなビジネス組み合わせの際に、ミョーに役立っている気がします。

失敗は成功の母ですね。

料理やお酒にちょっとオリジナルなことを考えてみる。すると失敗する。そこからまたひと工夫する。繰り返しているといいものがつかめる。毎日、毎時間、いろいろなヒントをもらうことが、どんな状況でもありますから、これをやるのとやらないのでは、たいへんな違いですよ。

「1日1気付き、1発見」する人は、1年365日で「365気付き、365発見」ですよ。

やらない人はゼロ。

3年たつとゼロ対1000ですからね。これはもう人生が違っちゃいますよ。

これって、ボクの座右の銘ですね。

「1日1企画」、1年365企画」

どんな小さなことでもいいじゃないですか。これって毎日できますからねー。

料理は企画。飲むのも企画ですね。……って、飲むことを正当化してオチ……おゆるしを。

wasabi03.jpg
wasabi04.jpg

wasabi05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yogannnabe.jpg

■山梨合宿の反省会は、溶岩鍋で「噴火!」

28、29日(土日)の合宿から、大半のひとたちは午前に、私ほか5人くらいは、一昨日アップした「ほったらかし温泉」でのんびりの後、ランチをして(これまた美味しかったー)東京へ。新宿で解散しました。

さて、一昨日の30日(月曜日)。

再度、というか、3日連続というか、大半の皆さんと再会。毎日じゃあ、再会はないか……集合ってわけで、私がこっそり行っている赤坂の溶岩鍋の店「石器料理・いしかわ」へ。

毎月、私の書斎に集まってくる経営者の皆さん。私の鍋には、飽き飽きしてるだろーと思って、「外鍋」にしたのです。

山梨の合宿の反省会も兼ねてね。

 ほんとうは、静かに料理を楽しんでもいいくらい美味しいのですが、この

yogannnabe022.jpg

雰囲気から伝わってくるのは、食事よりも情報交換か騒乱状態か!

いずれにしても、この日をもって私の「隠れ家」が確実に1軒減りましたね

この店、支店が以前は渋谷宮益坂上あたりにあって、あの邱 永漢(きゅう えいかん)さんのビルの地階にあったのです。邱 さんは「お金儲けの神様」なんて言われてた台湾生まれで日本に帰化した作家、経済評論家ですね。そうとう量の著作を残してます。

その邱 さんのビルの地階のお店がなくなった……そこでしかたなく赤坂まで脚を伸ばしているわけですね。

 

yogannnabe03.jpg

で、再び溶岩鍋の話へ。

こちらにいる皆さんは、ぜーんぶ経営者。平均年齢は、どのくらいか?…そんな詮索はともかく、みんな若くて業種も実に多様で、よくあるくたびれた雰囲気の経営者は、まったくいなくていい。これってサイコーの情報交換の世界。一国一城の主ばかりの現場情報やホンネもチラホラが、すごく面白いですね。

そのメディアに「鍋」は、サイコーです。

写真左・株式会社メインの山尾社長は、フォーク全盛時代(70年代かな?)の「青い三角定規」のメンバーのひとり。当時女子高生だったってことだから……んーと……なんてことはともかく、当時のお姿を検索してみましたが、出てきませんでした。ちょっと残念。本人に直訴してみます。

 

 
 

odenn.jpg■ひさびさの「おでん鍋」

先週の、あちこち行って怒涛のような1週間が終わり、29日(日曜日)は、さすがにバテ気味。

冷蔵庫には、野菜以外の素材もなく、冷凍のほたてがあるだけ……これは、セブンイレブンだ!

というわけで、セブンイレブンに出かけ、おでんを買って、ちょっとホタテをベースにおでんをさらにぐつぐつ。

(おでん鍋の本格バージョンは、こちら)

ニンジン、ごぼう、たまねぎ、をスライスして入れ、まいたけも……あとは、三つ葉をのせて、ちょっと待ち。1週間の反省がてら、ちょいとビール……おっ!……また新しい鍋ネタが浮かんできました!

ま、それはともかく、ああ、おもしろい1週間だった……と、考えながらぐっすり寝て、翌30日(月曜日)は、かなり元気回復です。

本日(7月1日/火曜日)、多忙につき、手短にこのあたりで失礼しますが、昨夜(30日)は、山梨の合宿組が、またまた東京で会って、なんと鍋の研究を、大騒ぎでしていたのであります。この報告は、かなり長くなるので、またの機会に。






このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち料理は企画!カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは料理は企画!: 2008年6月です。

次のアーカイブは料理は企画!: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。