料理は企画!: 2008年3月アーカイブ

umegomanabe03.jpg

■梅ごま鍋

あまりものでつくったので、なんと呼んでいいのか、わからない鍋でひとり鍋をつくってみました。

ま、根菜類は、常備してあって日持ちがしますから、これはあるのですが、今日はいろいろなあまったもので鍋をつくることにしました。

黒ごま…これって、あまり使わない。ワンパック買うとけっこう残る。

梅干し…これってものすごい高級な感じのものですが、そうちょっちゅう使わないし、梅干しこそ日持ちがして、なんでも百年前の梅干しでも、べつだん身体に影響はないらしいですね。

ただもう、硬くてわずかな部分しか食べられませんがね。

umegomanabe01.jpg煮干し…これは、ただの煮干しではなくて、銚子産のそのままあぶって食べるもの。たぶん煮干しではなく、やや生干しで高級なもののような気がします。となると、平気で煮干し風には使えない。酒のつまみが最適。

でも、ちょっと塩分があるので、あまり食べられない。すると、残る。いいものをたくさん頂戴したのに、ああ、もったいない……というわけで、煮干風に使ってみることにしました。

頂いた方には、煮干し風に使ったって言うと怒られそうですが、大事に食べてて、あまり減らないので、煮干し風に使ったってことでお許しくださいね。

umegomanabe02.jpgさて、鍋にする話です。

まずは、煮干をキッチンバサミで小さく切って、料理酒を入れて数10分寝かせておきます。

ゴボウ、たまねぎ、ニンジン、まいたけ…などをさっさと切って、これを入れてお湯を足してそのまま炊いているあいだに、ちょっとミントを切り刻んで、ふっとうかげんのところでほうれん草と、鱈(たら)を入れてみました。

梅ごま鍋……ってのは、ようはタレに黒ゴマと梅干しを使っただけのことです。名前のつけかたは、ちょっとイージーですね。

梅干しは、めんつゆをうすめて使っています。少しづつ梅がくずれて梅のいい風味が出ます。言ってみれば、焼酎のお湯割りに梅を入れて崩すようなものですかね。ま、呑ん兵衛のやりそうなことだと思っておられるでしょう。

黒ごまは、ふつうのゴマでもOKですね。これはポン酢を入れます。ゴマはたっぷり目に入れましょう。

鱈の味はそっけない味ですから、なにかの味に染まってはじめて鱈の価値がでますよね。

というわけで、下味は煮干しで塩味をつけて、タレで梅か黒ゴマとミントで楽しむ……っていう楽しみでした。

ひとり鍋……っていう話をすると、みんな「そんな、さびしそうなことを……」って感想を述べるのですがね。

そんなことはありません。

食事をつくる……ってことを、いろいろ工夫する大チャンスです。失敗も成功もありますが、いつもはお客様やスタッフと食べているので、ひとり鍋のチャンスは、週に1回くらい。

この週に1回のチャンスを楽しまないと、それはモッタイナイ!

鍋、食事の工夫は、鍋や食事に限らないのです。これを拡大させると、どんなものを、どう組み合わせると、なにができるか……商品企画でも、新事業でも、ビジネス全般に拡大できますよ。

思わぬ事業の組み合わせが、成功に結びつく。

正論と思われるものよりも他のやり方のほうがうまくいく。

料理もビジネスもまったく変わりませんね。

料理は企画です。ビジネスも、もちろん企画ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tumami101.jpg

■寝酒のチーズ巻

この左の写真は、以前紹介したパンカナッペです。

で、この応用バージョンが、チーズ巻き。

いやいや名前なんてない…って言ったほうがいいかも。

昨日は多少のんびり過ごせました。仕事の合間に名古屋マラソンなんかもテレビ観戦してて、へえ、高橋尚子はたいへんだったんだ……なんて時間もつぶし、雑務をしながら本を読んで、夜になると軽く、一人で実験的な食事をつくって楽しんでました。その後、さらに本を読んでたらちょっと遅くなってしまい、なんか寝酒がほしい。

ってわけで、私の寝酒は、このパンカナッペの素材を、超・簡単に使っての寝酒でした。

tumami102.jpg

左写真をご覧になればわかると思いますが、

のり、スライスチーズ、大葉、サーモン、いわ海苔

と、のっかってまして、これをくるりと巻いて、パクリとやる。

下写真は、スライスチーズ、のり、ハム、かいわれ

って、順にのってますね。のりとチーズの順番が両者違うというのもご愛嬌でしょう。ま、ルールはそう細かくない……ってことでね。

tumami104.jpg

本を読みながらでも、テレビを見ながらでも、まあ、寝酒の友としてはいいですね。

ちょっと夜が更けると……っていっても10時くらいですが、こんなものを軽くやることがあります。しかしあくまで主役は百薬の長・アルコールです。百薬の長というわけですから、これを毎日やらないと身体に悪い。

写真には主役が登場してませんが……軽くやって、あとはお休みなさい……。

昨夜のひとときでした。

 

 

 

 

 

 

■老湯火鍋房で火鍋を食べる

老湯火鍋房という店は、行ったことがなくても、聞いたことはあるかも。

テレビ・雑誌で、けっこう引っ張りだこの店です。昨夜は、クライアントのスタッフの若者と、ちょいと行ってきました。

いつも私の鍋でウンザリしている人があるかもしれませんのでね。たまにはひと休みして、外鍋です。

ときどき私の鍋屋ばかりではなく、外鍋の紹介をしますね。

raotanhinabebo●.jpg

 以下、グルナビの中の記事を紹介しておきましょう。

http://r.gnavi.co.jp/a395002/
火鍋とは、味のついたスープに羊肉や野菜などをしゃぶしゃぶのようにくぐらせて食べる鍋の事。一つの鍋が真ん中で分かれ、あっさりしたパイタンスープと激辛のマーラースープの2種類のスープが味わえます。中国に古くから伝わる漢方も食材として使用し、低コレステロールで必須アミノ酸が豊富な羊肉(ラム)や、たくさんの野菜を食すことで健康に良いだけでなく美容にも効果があるとされ、中国で親しまれています。これからの寒い時期は、辛い火鍋で決りッ!鍋を囲み、皆でワイワイ盛り上りましょう♪

……以上、ぐるなびの紹介記事


場所は、井の頭線渋谷駅西口30秒くらいですね。

hinabe.jpg
向かいには、あの「チャンコダイニング若」の渋谷店があります。

老湯火鍋房のホームページものぞいてみましょう。

鍋は、冬ばかりでなく、夏でもOKですよ。昨年の夏も、ここには毎月行ってましたね。

この店には、夏も冬も毎月1回くらいは来てます。

■老湯以上の火鍋をつくろう…ムリかな

ところで私は、この火鍋用の鍋ももってるのです。私の鍋を食べた方が、プレゼントしてくれたのですが、これは老湯火鍋房以上の火鍋を作れ……って意味でもらったのかな?

ちょっと老湯火鍋房以上のものは、むずかしいかもしれませんよね。

一方で、しゃぶしゃぶをやって、もう一方で豆乳鍋をするとか……そんな程度でしょうかね。

老湯火鍋房については、全国酒談義処にも紹介してますので、そちらももぞいてください。経営者の竹さんのお姿ものってます。

 

昨夜(6日)は、来客が数件あり、それが終わると、名前を出せば誰でも知っている経営者と会食をしながら、いろいろお話をすることになってたのですが、もともと時間が流動的でしたから、やはりちょっと時間が遅れるという話。

で、9時ごろに銀座で合流しないか……って話になったのですが、呑みながらのコミュニケーションもいいな……なんて思ったものの、そうとう遅くなるかもしれないし、それに、込み入った話ができない……

残念ながら次回にすることにして、ひさびさの一人鍋をすることにしました。

冷蔵庫を見ると、おっ……と、いろいろ残ってる。

5日(一昨夜)は、お客様があって常夜鍋風で、豚ではなく牛を使ってやってましたが、これが少々残ってる。

それにしらたき、豆腐なども用意していたのですが、話がはずんで、けっきょくこれが残ってましたので、これはもう一人鍋の鉄則。モッタイナイ……残り物で鍋にしよう……ってことになりました。

siratakinabe.jpg

■しらたき鍋

しらたきは、鍋などしていてちょっとあまると、朝のスープに使こともあるのですが、触感がいいのと、非常にカロリーが少ないですからね。

最近は、コンビニの陳列台に春雨スープがかなりのシェアを占めているのも、よくわかります。

とにかくしらたきが丸ごとあまってた。

で、これを主役に使ってみよう。

ってことで写真のように。

だしは例によって、2年もの(もうほとんど3年ものですが)のにんにく醤油。

とり皿にあるタレは、しょうが醤油と、ごまダレ。

しょうが醤油は、にんにく醤油と同じようにかなりつけてます。

生姜って、イボイボがあって、上手に使ってもこれが残る。すてるのはモッタイナイので、これをつけこんで生姜風味の醤油をつくってます。

この生姜醤油を、ちょっとうすめてタレにします。

ごまダレは、しゃぶしゃぶなどに使うものですね。

しらたきは、味がありませんから、タレでいろいろ工夫すると面白い。若い人は、マヨネーズをタレに使うこともできます。

えーって思う人もいるでしょうが、これもけっこう使えます。マヨネーズと梅とあえてみたりするのも、おもしろい。ポン酢にすりゴマをたっぷり入れたタレもおもしろい。

工夫するのは、ほんとに面白い。料理は企画、もちろん経営も企画ですからね。

具材は、前日にあまった肉と、写真でわかるようにゴボウ、ニンジン、水菜あたりを使って、これはもう5分で準備できますね。でテレビをのんびり見ながら、頂きました。

 

 

2008.0229burishabu01.jpg

ブリのさしみしゃぶ

略してブリしゃぶですが、昨夜は5時ごろにお客様。

ある経済団体の皆さんが3人ご来客、私も入れて4人で、いろいろな行事の中身の打ち合わせ、その後、6時半ごろになって、さらに2人が参加。

で、そろそろ「鍋」。

というわけで、ブリしゃぶになりました。作りかたは、以前に紹介しているので、割愛しますね。

じゃあ、なんでまた同じものを……と思った人はごめんなさい。

ちょっと見えないところが違うのですね。

 

2008.0229burishabu02.jpg以前の鍋は、根菜を、にんにく醤油で味付けして煮込んで、その上でぶりしゃぶを始めるタイプでしたね。

 

これは加熱用の牡蠣をいれ、さらに根生姜を千切りを入れて煮込んであるところが違います。隠し味は、にんにく醤油。

この上で、ブリをしゃぶって頂きます。

生姜を使うのは、非常に身体を温めますから代表的なCook-温ですね。夏でも冷房で冷えますから、根生姜を使った鍋は、非常にいいのですがね。

昨夜は、話がはずんで、12時近くなってました。

またこの皆さんとは18日にも楽しい夕刻を過ごすことになってますが帰り際に……次の鍋はなに?……って言われちゃいました。

完全に鍋屋の亭主になってますね。わたしは……

 

 

 

 

 






このアーカイブについて

このページには、2008年3月以降に書かれたブログ記事のうち料理は企画!カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは料理は企画!: 2008年2月です。

次のアーカイブは料理は企画!: 2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。