料理は企画!: 2008年1月アーカイブ

冬は新鮮なブリがいいですねえ。

1月3日(日)も、ひとり鍋で「ブリのさしみしゃぶ」をやってました。

1月8日(火)にも、来客があってこの「ブリしゃぶ」で、おもてなしをしました。

もう今年に入って、3回くらい「ブリしゃぶ」をしましたね。

これって、すごく簡単(もちろん超速)で、案外、美味しいですから、ぜひマスターしちゃいましょう。マスターってほどの芸はいりませんがね。

とにかく温かいものを食べる……酒は飲むものの、水割りなどで胃を冷やさない。これが私の食生活で、長年やっててどこも悪くもならないので、皆さんに温かいものをすすめてしまうわけですが……

burishabu01.jpg

■ブリのさしみしゃぶ……簡単レシピ

かんたんレシピを紹介しましょう。

昆布ベースなどの醤油を軽めにつかい、根菜を中心に入れます。

にんじん、ごぼう、たまねぎ、しいたけ(または舞茸)、えのき……あたりが基本でしょうか。たまねぎの変わりに白ねぎでもよく、場合によったらアスパラなんかも鍋にいいのです。

根菜が、イマイチ足りなくても気にしないでください。

あと、水3に対して1くらいの日本酒を入れます。

まずは、左のように、根菜をとろ火で煮立つまで待ちましょう。

そこそこ煮立ってきたら、さあ始めましょう。

burishabu02.jpg多少の緑もほしいので、ほうれんそうか三つ葉くらいを用意しておくといいですね。

左写真は、お鍋にほうれんそうが、ブリのお皿に三つ葉をのせていますがね。

さて、ビールも用意されています。これなんと私のうちには生ビールサーバーが用意されています。(なぜか?……知りたい人は、→こちら…)

たれは、ポン酢をちょっと薄めるか、めんつゆもなかなかいい味を演出してくれますね。

薬味は好き好きですが、以下をご紹介しときましょう。

◎白ねぎを超薄いスライスする(スライサーを使いましょう)

◎ミントを刻んで軽くぶりにふりかける

◎珍味、くれつぼカブを使う(これは岩手県遠野市の一農家しか栽培していない珍味です。いずれ紹介しますね)

◎ゆず胡椒をポン酢やめんつゆにといて使う

と、まあいろいろありますが、まずは、根菜類の上で、さしみでも食べられるブリを、のせて温かくなって表面がほどよく白くなったところで、とり皿にひたして、食べてください。

なかなかいいですよ。

まあ、ほどほどにブリを楽しんだ後に、野菜もしっかり食べてください。

温かいものを身体に摂る。

これが健康の秘訣、元気の秘訣です。へんな食生活をして、サプリで栄養補給をするなんてのは、あまりまともな方法ではありませんね。

女性の方も、サラダで身体を冷やすより、鍋をしっかり食べてるほうがダイエットできますよ。肌にもいい。

ま、試してみましょう。

これから続々とオリジナル鍋を連発しますからね。

2008年、正月は、例年同様に2日(水)から、仕事はじめ、朝5時ごろからデスクに向かっていますが、仕事を終えると、なぜか毎晩のように自分で工夫した「ひとり鍋」の連発でした。

それと7日(月)ごろからは、毎晩のように、お客様の来客があってVIPルームで私が鍋でおもてなしをしていましたね。

1月の半月のあいだ、ほとんど鍋づくしでしたが、ちょっとその一部をご紹介しましょう。

それと、朝は前の晩の鍋の出汁を使ってスープか、ちょっとリゾット(雑炊)。

2008.0103morningseen01.jpg

朝食を紹介する前に、

1月3日(木)の朝8時ごろの書斎からの光景です。

正月の東京は車も少なく、空気がいいので、富士山がくっきりと見えますね。渋谷から西南西の方向です。

中央の白い部分ですが、丹沢山系の上にちょこっと見える富士山です。この写真では小さく見えますが、実際のシーンはもっと大きく見えます。

海に沈む太陽が、大きく見えるのと同じでしょうか。また富士山に感じる日本人のイメージがそうさせるのでしょうか。

それに比べて、渋谷からの町並みは雑然としていてヨーロッパの町並みと比べると、ちょっと雑然としてますね。

左の高いビルは、渋谷駅のマークシティです。

 

下の写真は、渋谷から北北西方向でしょうか。新宿の副都心を写したものです。手前のフラットな前景は公園は、代々木公園と新宿御苑がつながって写ってますね。

2008.0103morningseen02.jpgいつもこんなに、きれいな空ならいいのですが、これは正月の5日くらいまでで、その後は、もちょっとよどんだ空を眺めることなります。

もっとも、北西の季節風が強く吹くと、こんな空もたまにあります。

しかし、少し風が強く、こんなすばらしい色の空のときに、ふと考えることがあります。

新潟や北陸、東北の日本海側は、重いグレイ、いやいやもっとどんよりとした鉛色の空だろうなあ……と、なにか申し訳ない気にもなったりします。

で、一句

東京の空の青さは北ブルー

新潟から冬に出てきた人は、東京の空を見て、故郷を思うとブルーになりますよね。きっと…申し訳ありません。

光景を見ていると、朝ごはんの話を忘れてしまいました。失礼

■1月3日(木)の朝食

べつだん、お見せするようなものではありませんが、シングル生活で健康管理をするための秘訣と思って、貧しい食事を笑ってくださいね。ただ、この朝食には基本方針があって、それは

温食主義……かならず、身体をあたためるために温かいものを食べる(これは夜も同様で、だから「鍋」なのですがね)

多菜主義……多数の野菜をとる、とくに根菜をとること。けっきょくミネラルを多様に摂取するためですね。

速攻主義……スピードクッキングで3分以内。インスタント食品より素早く作ります。

というわけで、1月3日のかんたん朝食です。

2008.0103breakfast000.gif

 左から、昨日の鍋の残り出汁を朝食を作る鍋に移します。

ごはん(100g)を入れます。これって分包して冷凍庫に入れてあるものです。

すぐに炊き上がりますから、それをスープ皿に盛り付けます。炊いている間にとき卵を準備しておき、ちょっとみつば、などの彩りをを準備しておきます。

で、テーブルに。およそ2分くらいでしょうかね。

2008.0103breakfast05.jpg

あとは、ちょっと刻み海苔をふりかけておきましょう。

てな調子で、毎朝の食事をつくっています。

まったく手間もかかりませんよ。

なんだよ、これが朝メシかよ……って人もあるかもしれませんが、ま、これで充分すぎるのですね。

ワタシ的には。

 

またミョーなものをいろいろご紹介しますね。

お急ぎの方は→→こちらへ

おでんなのに、おでんじゃない。

これで友人をもてなすと、めちゃくちゃ面白いのです。その面白さは最後にね。

 

■おでんを買ってきました
 さてさて、急な来客です。ちょっと、もてなすってったって、もうまったく時間がない……という状況……こんなことってありますね。

 でも、これが超速の10分で、それなりにリッチなお鍋ができちゃうのです。
 たぶん、ビックリ仰天の速攻メニューですね。
●まずはセブン・イレブンで、おでんをテキトーに人数にあわせて買ってきます。
 セブン・イレブンのどんぶりサイズを軽めに2つ買ってくると、まあ4人分ですね。
 できれば、スーパーあたりで ・ブリ(鰤)の切り身を2、3枚 ・かき(加熱用で十分)
 を手に入れましょう。というより、適当にこうした急な対応に対処できる食材を買い置きしておるのがいいですね。あとは、冷蔵庫の掃除の気分(お客様にはちょっと失礼ですが……)で、たまねぎ、にんじん、ほうれんそう、ごぼう……などなど
 これらを加えているだけです。もう超簡単。

2008.0117odennabe01.jpg

写真は左から、『セブンイレブンのおでん』→『切り分けてるところ』→『おでんを満載して』→『牡蠣や鰤(ぶり)も入れる』

■鍋に移しながら、切り分けます
 おでんを、鍋に移しながら切り分けておきましょう。

 チクワや、つみれ、ごぼう天、など大振りのものは小さく切っておきます。クッキングハサミで鍋のなかでチャキチャキとやっちゃいます。糸こんにゃくなどは、帯をといておけばいいでしょう。
 セブン・イレブンから買ってきて、多少冷めてますから、鍋には火をかけましょう。
 たぶん、おでんの出汁だけでは足りないので、お湯を加えて、かつお出汁か、なにかを若干加えるといいでしょう。わたしは2年モノのニンニク醤油(そのうち紹介)を使いますがね。

2008.0117odennabe02.jpg

■自前の食材を加えます
 おでんを鍋に移す前に、ほうれんそうを1束、レンジにかけて、5分(これはレンジのワット数など機能で違うので、レンジのマニュアルを見てくださいね)ほど過熱します。水で洗って水をあまりきらずにラップをかけてレンジにかけます。
 ブリは、少し切り分けて鍋に入れます。牡蠣は少々洗ってそのまま鍋にいれちゃいましょう。
 にんじんは2分の1本くらいを、数ミリ幅にさっさと切って、たまねぎは、半分に切って、厚めに(5ミリ~1センチ)くらいのスライスカットして、おでん鍋に入れます。
 そうしているうちに、ほうれんそうが、レンジのなかで、しんなりしているはず。ほうれんそうの束を、しごくように絞ってからまな板上で、5cmくらいに切って、これも鍋に入れましょう。
■ちょっとだけ煮立てます
 もともと出来上がっていますが、ブリとかきを入れ(おでんの先に入れてもいいでしょう)、たまねぎ、にんじん、ごぼうを入れて、少し煮立てておきましょう。
 しかし5分も待たなくても、立派に鍋になってます。たまねぎ、にんじんは、少々時間がたってから、お箸をつければいいでしょうし、ほうれんそうは、すぐにでも食べられますね。
■アッという間の『おでんのブリッコ鍋』
 とり皿は、「辛子皿」と、「薬味皿」のふたつを用意のゼイタクざんまい!
 食べ方は、まずはおでん風に、出し汁を少し加えて辛子で食べます。もうひとつは、ふつうの鍋風にして、ポン酢と大根おろしと、わけぎのキザミをいれて、いただきます。
 同時並行作業を上手にやりましょう。同時並行こそ、速さの秘訣ですからね。

 最短だと4人前、10分で可能です。長くても15分くらいですね。超簡単もいいところです。
■なんたって面白い!

 この鍋のおもしろさってのは、食べる人の反応が面白い。

 できれば、おでんの具材は、見えないようにし、小さくしておきましょう。(写真は、おでんとわかるようにチクワを見せてますがね……わたしが友人にイタズラするときは、もう小さくきざんでます。

 みんなの反応です。

「なに鍋?」「よせ鍋なの?」なんて、いろいろ聞かれます。

でもね、「まあまあ楽しんで食べてね…」って言っておけばいいのです。

 そのうちに食べてる友人たちは「?????」状態になります。

 「これって、チクワみたいだなぁ…」「たまごが入ってる…めずらしい鍋だね?」

という状況が起こります。

 でも「おでん」という既成概念は、鍋のようにほうれん草やにんじんなどは入ってない。牡蠣や鰤も入っていない。この既成概念からワープできない人の反応が面白いのですね。

 ずいぶんの人に、楽しませていただきましたよ。これはほんとにいたずら鍋なんですね。この『ブリっ子鍋』は…

 一般的には、おでんは、おでんとしてしか食べないでしょう。

 それをちょっとひとひねりして、おでんをおでんとして食べないで、おでんを鍋の材料として考え、ちょっとひと工夫する。

 このブリっこ鍋は、よく『ひとり鍋』もやってます。

 冷蔵庫の残り物を使いながらね。

 おもしろいですよ。

 皆さん、やってみて感想をくださいね。

 

あ、最後になっちゃいましたが、 セブン・イレブンさん、ほんとうにありがとね。

 






このアーカイブについて

このページには、2008年1月以降に書かれたブログ記事のうち料理は企画!カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは料理は企画!: 2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。