料理は企画!の最近のブログ記事

2011.0213jinennjo03.jpg

■国連大学前、ファーマーズマーケット

事務所から歩いて5分もしない場所は、ちょっと大型の公共施設が集積しています。

東京都のこどもの城

国連大学本部

青山学院大学

で、この国連大学の前には、日曜日になると、Farmer’s Market @ UNU(ファーマーズマーケット)が開催され、全国から、なかなかヘルシーで安い素材のマーケットができるのです。

さらには、ちょっとしたお店も。

 

2011.0213jinennjo02.jpg■自然薯丼がサイコー

日曜日もたいがい仕事にでかけてるので、ちょっと休みがてらのぞくのですが、最近、はまってるのが、『自然薯丼』……つまりは山芋のととろご飯ですね。

ちなみに自然薯は、「じねんじょ」って読みます。

墓石なんかも自然石、っていいますが、これ「しぜんせき」とは言いません。「じねんせき」ですね。

お母さんと息子さんの親子で出店されてますが、山梨県道志村でみずから育てた自然薯を、この東京青山の国連大学前のフリーマーケットにもちこんで頂いてるのです。

自然薯丼は絶品です。

 

2011.0213jinennjo01.jpg美味しい!

日曜日に青山あたりをぶらぶらしたら、これです。

お昼頃なら私もいるかもしれません。

見逃せませんよ。

 

 

 
 

2011.0101osechi01.jpg

■あけましておめでとうございます。

 

2011年1月1日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

西日本や日本海側、東北、北海道などほとんどの日本では悪天候。ことに山陰は道路やJRがたいへんな事態になってたようですが、この東京は申し訳ないほどの快晴!

 

2011.0101osechi02.jpg昨日、大晦日は午前中には会社に出たものの、午後は自宅に帰って完全にお休みモードになってDVDなどを大量に借りて映画鑑賞をつまみに日本酒をしこたま頂いてしまいました。

正月を迎えた今日は、おせちを頂戴する(もちろんお屠蘇…というよりまともに日本酒をいっしょに頂き)と、ほろ酔いかげんで赤坂の豊川稲荷に初詣にでかけ、帰ってくると再び昨日同様に日本酒をちびちびとDVDで映画鑑賞でした。

明日2日は、自宅近くの東郷神社に出かけ、明後日3日は明治神宮に出かけるつもりですが、ま、それ以上に自宅に帰ってきては、のんだくれることになるかも……

 

 

2011.0101zouni.jpgとはいえ、1年の計は元旦にあり

ですよね。昨年は、実に忙しい1年でしたが、今年はそれに輪をかけたような忙しい1年にはなりますが、世の中がたいへん厳しい分だけ頑張りがいのある1年になりそうです。

今年は面白く充実した1年にできる状況ができあがってきたので、楽しみです。

今年2011年は、昨年以上に全国各地に回るスケジュールが次々入っていますので、全国の皆さま……ひさびさにお会いできる方、新たにお会いできる方など、出会いを楽しみにしておりますので、スタッフともどもよろしくお願い申し上げます。

 

 

 
 

2010.0925soraben.ekiben01.jpg

■ひさびさのブログ……空ベン駅ベンの日々……

ひさびさのブログです。

ちょっと事情もあってtwitterもブログもちょっと遠慮してましたがブログを本格的に再開することにします。

このところ出張がハンパではなく、東奔西走……というのもイマイチ……なんか新しい熟語が欲しいところですね。

で、食生活がどうなってるんだ……って感じです。

毎日、自分で「鍋」を食べてた時代がほんとになつかしいですねえ。

単に懐かしいというよりも、問題は食事のバランスが気になります。とはいえ、いろんな楽しみがありますね。

 

2010.0925soraben.ekiben022.jpg9月、10月は、いったいどれほどの空ベン、駅ベンを食べたか……毎日1食は空ベンか駅ベンを食べてたかも……

朝、JALの機上で空ベンを食べて、昼は新幹線で駅弁……ってな食生活になったりすることもありましたからね。

あるいは、朝、早朝の新幹線で駅ベンを食べ、昼は出張先で食事、仕事が終わって夕刻の新幹線で、再び駅弁……こちらはビールつきでスタッフと宴会モードにもなりますが……

職を代えて「空ベン駅ベン評論家」に転進しようか……ってくらいいろいろ食べてますね。

こんな空ベンがありました。

 

2010.0925soraben.ekiben03.jpg上の2つの写真ですが……

ちょっと不思議なパッケージで購入した空ベンですが、9月の博多への朝のJAL便でしたが、なんとパッケージは折り目が非常に特徴があってちょっとトポロジカルな開き方をして、大きな金色の器になります。

なかなかの企画屋さんがいるものです。

こうなると、もう味のほうは、よくわかりませんね。

スタッフとビックリしながら頂いてしまいました。

 

ま、空ベン、駅べんは、忙しい日々の、つかの間の楽しみですかね。

 

 

 

 

2010.0925shozannkan01.jpg

■アルケッチャーノの奥田さんとひさびさに仙台で

仙台で、世界的に著名になった庄内でイタリアンレストランをやってるアルケッチャーノの奥田さんのイベントがありました。

仙台では知らない人はいないブライダルやレストラン、というよりも仙台の迎賓館といったクラスの「勝山館」で開催されたのが、

という催し。

9月の25日(土)に、とある方にご招待されて、おじゃましました。

2009.1227alchecciano03.jpg奥田さんのレストラン「アルケッチャーノ」には、昨年暮れに庄内まで出かけてきましたが、そのときの写真です。

3時間半もランチを楽しんだのですが、価格は非常にリーズナブルで、しかも美味しい。かつイタリアンやフレンチ風というよりも、奥田さんオリジナルのかなり和風ですね。

仙台での奥田シェフの料理は、さらにオリジナルなもの、シンプルで驚くほどのものでしたね。

その一品だけでも紹介しておきますが、お皿に一文字に位置するのは、「白ねぎ」ですね

なかなかの美味でしたが、こうしたメニューのオンパレードでしたね。また奥田シェフの料理を味わいたいな……っと強く思った次第。

庄内に行かねば……ってことですかね。

 

2010.0925shozannkan03.jpg

2010.0925shozannkan02.jpg

それにしても、シャンパンで乾杯して高級ワインのオンパレードというセレブ風のイベントでしたから、アルコールのほうは、ちょっと居心地が悪かったかもしれませんね。

ビールで乾杯をして、日本酒か焼酎という、庶民派というか渋谷の浮浪者風の私としては、ワインオンリー……ってのは、ちょっと……というのが正直なところでした。

2010.0925shozannkan05.jpgしかし、料理はサイコーでしたね。勝山館の雰囲気もよかったですね。

 

全国各地に、奥田シェフのような人が誕生すると、日本もそうとう元気になりますね。地域活性化企画の鍵のひとつは、やはり「食」ですね。

B級グルメも含めてね。

 

2010.0914beerserver03.jpg

 
 
■ホームパーティ用にビールサーバーを作る

先日の日曜日(12日)には、来客があってちょっとしたホームパーティでしたが、やっと涼しくなってきたので、さっそく鍋。

例によって、最近は「さしみしゃぶと大根のスライス」……まだ、これ正式名称ではありませんが、ちょっといいネーミングをつけなくっちゃと考えてます。これに、かなりはまってます。

サシミ用のさかなをちょっとしゃぶしゃぶ風に火を通し、大根のスライスで包み、ポン酢で頂戴するわけですが、これがすこぶるいい。

出汁は、まったく使わず、生姜、牛蒡、人参などの根菜類だけでつくります。なかなかヘルシー。

ま、今回の話は料理の企画ではなくて、ビールサーバーの企画です。

このマンションの移ったのは大勢の人が来て鍋をかこんでも大丈夫な状況をつくったのですが、やはり乾杯のビールが寂しい。そこで業務用のもっとも小さいビールサーバーをお手に入れたものの、これがキッチンに置くしかノーがないもので、ま、業務用ですからしょうがない。

 

2010.0914beerserver02.jpg

そこで、私はビールサーバーをリビングに置けるようにと、ちょっと企画。で設計図を書いて、ま、これは東急ハンズに行って板を切ってもらい、いろいろ部品をとりそろえて、リビングにおけるものを作りました。

これがすこぶる評判がいい。

 

1枚目の写真のように、リビングの置くに、グラスの収納棚といっしょに収まってるのがビールサーバーです。

で、まずは、生ビールで乾杯ができるわけですが、これが皆さん、喜びますね。なにしろ缶ビールをグラスに注いでも、ひどい泡の状態ですから美味しいわけがない。すると出した料理もまずくなりますね。

というわけで、私が自作したのがこのビールサーバーです。

そのうち、設計図を公開しますかね。

みなさんの興味があればということですが、生ビールの樽は、このボックスの下の引き出しに入り、後方には炭酸ガスのボンベが収納されています。

上の引き出しは、ビールを注ぐときに引き出して、ビールや泡がこぼれても大丈夫なシンクになってるわけですね。

で、これもふだんは収納します。

 

2010.0914beerserver01.jpg

2010.0914beerserver04.jpg

ボックスのトップに、サーバー部分がありますが、これも収納しようと思ったのですが、湿気などの問題もあるので、まあ、外に出すデザインとしました。

昔は、アサヒビールのV字回復の前段階でアサヒさんを手伝った際にビールの味にならされたのですが、最近は、自宅ではこのキリンの一番絞りを頂戴してますね。

で、これは下にキャスターがついてて寝室に持って行ってテレビでも見たり読書をしたりしながら、ビールを頂戴する……ってなシチュエーションでも利用できるようにしたわけです。

 

ま、いずれにしてもただの呑ん兵衛ということですね。こんなものまで作って……

 (制作したのは、かれこれ3年前2007年11月ごろですね)

2010.0802sendai01.jpg

■仙台のセレブのパーティで出たもの!

仙台のセレブの方に、およばれして行ったホームパーティ。上品な紳士淑女がお集まりでした。

で、そのパーティのお話です。

『メロンパーティ』とお聞きしてたので、メロンを愛でながら食すパーティなのかな……っという感じでお邪魔したのですが、これがビックリ。

熟成したメロンが2つに割られて出てきたのですが、ま、これだけでもデカイ!……普通、メロンの半分が出てくること自体、めったにないのですが、これが半分。

で、真ん中には、まん丸の氷が入れられてますが、そのあと驚いた!

 

2010.0802sendai02.jpg銀座のクラブで、ン10万円くらいするブランデーが並々と注がれ、メロンを削りながらブランデーも頂くわけですね。なかなか相性のいい絶品の味に!。

メロンを削って食べるたびにブランデーが注がれるわけですから、ブランデーの消費たるやハンパではありませんね。

メロン半分を2個、つまり丸々1個を賞味し、そのなかに、減れば注がれるブランデーを、並々と頂戴しましたから、ハンパではない量を頂いてしまいました。

セレブのパーティは、すごい企画があるものだと感心しましたが、コストを考えると、う~んと、たいへんな数字なのですが、そこはセレブのパーティです。

私の『鍋パーティ』とはフタケタくらい違う感じがしました。

いや~……堪能しました!

 

 

2010.0720hukuoka01.jpg

■福岡への空ベン……『黒いなり』

福岡へ早朝の便で移動する際には、必ずごやっかいになるのが、空弁(そらべん)ですね。

けっこう小ぶりでちょっとオシャレなものもいろいろあって、早朝での出張のささやかな楽しみ……

今回見つけたのは『黒いなり』……真っ黒ないなりがあったので、ついついスタッフと私のぶんを買ってJALに搭乗。

あけてみると、ほんとに真っ黒。

注釈を見ると食用の備長炭ってのが使ってあるらしい……

なんか私は、最近、墨がブームですね。

食用の備長炭があるってことを知らなかったのですが、食べてみると、墨の風味はまったくしない……

2010.0720hukuoka03.jpgこれって、墨にする意味があるのか……って話になりますが、しかし真っ黒な『いなり』……ってのは、なかなか存在感がある。

黒にするだけで、ちょっと価値が出る。

これって企画そのものですね

 

けっこう美味しく頂きました。

 

2010.0718okinawa01.jpg

■沖縄の海と、ソーキそば

18日(日)は、海の日が19日(月)で、3連休ですが、3連休のど真ん中の日に、わたしはアタッシェケースを持って、沖縄へ……

飛行機も満席状態で、まわりはほとんどTシャツ、タンクトップ、短パンと、ほとんどリゾートモードで家族連れ。

異様に見えたんでしょうかね。PCで作業もしてましたしね。スッチーが「お仕事ご苦労さまです……」って話しかけられましたが、いつも仕事ですが、そんな声をかけたくなるほど異様だったんでしょうね。

内閣府の「沖縄新世代経営者塾」ってのに参画してるのですが、塾長は、江口克彦さん(前PHP社長)。

ところが彼が、みんなの党で参院選に出馬し、塾長空席。

2010.0718okinawa02.jpgそこで、私に役割が回ってきて「塾長代行」。

江口さんからは「キミ、頼むね!」……昔からのご縁があるので、ほとんど断れませんしね。内閣府からも「そういうことなので……」

ってわけで、沖縄行き。

でも沖縄の海と空はきれいですね。何回行ってもそう思います。写真は、石油備蓄基地の島、平安座島(右)と宮城島(左)の間を埋め立てて建設された備蓄基地ですね。写真ではわかりにくいですが、平安座からは、うるま市から突き出た半島に、橋がかかってます。

到着すると、お昼前。

で、さっそくソーキそばを食べてから会議に行こうと、空港内のお店に入ってソーキそばを注文。

沖縄に来ると、けっこうはまってますね。このソーキそばに……

つかの間の楽しみでした。

 

2010.0624kyoto01.jpg

■バブリーな京都駅と

「京風・スパゲティ」なんて、パスタ屋さんが……

21日からの週は、博多、博多、大阪、京都……と移動してましたが、京都に比較的早めに到着。

講演は、1400からの予定。十分に時間があるので、京都駅の最上階のレストラン街で、早めの食事でも、打合せしながら……

って、わけでバブリーな京都駅のレストラン街をぶらぶらしていると……

「京風スパゲティ」という看板が……正確には「京風スパゲッティー」でしたか……麺喰いの私としては、スタッフの意向を聞かずに、ここに決定。で、どんなものが京風なのか……

というわけで、テキトーに注文。

 

2010.0624kyoto02.jpgずいぶん、さっぱり味で、わるくない。

もっとも注文してから、ずいぶんたって出てくるのも京風だったかも……

ついつい東京気分で「お姉さん、まだ?…」

と叫んでしまいましたが、京都の料亭ではたいへんなマナー違反ですが、このパスタ屋さんでもマズいことをしたのかも……

■バブリーな京都駅

3枚目の写真は、京都駅のレストラン街から下へと続く通路を撮影したものですが、この建物は、設計当時からいろいろ話題で、JRの駅舎を国際コンペで設計を決めるのも異例。

安藤忠雄や黒川紀章といったそうそうたる建築家への国際指名コンペで、原広司(東大名誉教授)の設計に決定。

しかしちょっと珍しい設計だったことから賛否両論の景観論争が行われたのは、いまでも知られるところ。

竣工は1997年で、いまから13年前。ときはアジア通貨危機といっしょになり、この空中庭園というか、すごい吹き抜けの変わった景観は、ずいぶん批判の的に……

 

2010.0624kyoto03.jpgどっちかっていうと、否定派が多かったかも。

 

とはいえ、毎年、何度も京都駅では降りているものの、このバブリーな建築物を上から下まで移動しながらながめたのは、13年ぶりでした。

 

 

 
 

2010.0621jalbentou01.jpg■博多行きの上空で……

今週は、月~木まで出っ放しでした。月火(21日、22日)は博多、水(23日)は大阪、木(24日)は京都……と終日か半日のセミナー、講演でしたが、なかなか充実。

ところで、いつも朝イチ近い便でスタッフと博多へ飛ぶ際に、食べるのが、この空ベン。これを食べる確率がかなり高いですね。

ちょっと小ぶりのわっぱ風のケースにコンパクトにパッケージされた、このお弁当には、ちょいちょいご厄介になってますね。なかなかよくできてます。けっこう安い(800円しないくらいか?…次回、正確に押えよう…)

ま、上空に行って、頂くか……

それともラッシュ状態になって上空にあがらない場合には、地上で食べてしまいますが……こちらの確率が高いかも……

多忙なスケジュールのなかで、JALの上や新幹線上で、ごやっかいになるお弁当は、ひとときの安らぎをくれますね。






このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち料理は企画!カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは団塊応援団です。

次のカテゴリは日々実践・毎日が企画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。