日々実践・毎日が企画: 2009年8月アーカイブ

2009.0828grandhyatt01.jpg

■真夏の夜のディスコイベント

つい先日は、河口湖畔で「お茶会」

で、昨夜(28日/金)は、六本木でディスコ。

この落差は、なんなんでしょうか……なんて思いながら、昨夜はちょっと夜更しをしてしまいました。なんせ21時スタートですからね。

私にとって寝る時間に、かなり近い時間にオープンということですから、途中で睡魔に襲われたらどうしようか……なんて考えながら参加。

六本木のグランドハイアットで、

真夏のイベント「CLUB CHIC 2009 summer ~ greatest 70’s disco hits and classics ~」

2009.0828grandhyatt02.jpgが行われ、友人の女性社長の方々に誘われて行ってきたのですが、ディスコっていったい前回はいつ行ったのだろう……?……考えても思い出せない状況ですね。まあ、ン10年くらい行ってないのかも……

とはいえ、出かけてみると、なかなかです。確かにちょっとワンランク上の雰囲気で、ゴージャスなディスコが演出されてましたね。

2枚目の写真は、せいぞろいした女性社長の面々です。この美女たちをお美しいそのままでアップしたいのは、やまやまですが、かつて、ブログにアップしたら、お忍びで行ったのに、私が公開して、社員に知れ渡り、こっぴどくお叱りをうけたことが何度かあるので、今回は、ちょっと雰囲気だけで顔は識別できない状況といたしました。失礼しますね。

いずれも蒼々たる会社の女性社長さんたちです。

私が一番ショボイ社長かもしれませんが……。

2009.0828grandhyatt03.jpg我が社の皆さんごめんなさい。がんばりましょね。

世もふけて、私は24時前には失礼したのですが、これって24時くらいが佳境で、26時(午前2時)までパーティは行われてましたから、ほとんどの皆さんは26時まで参加してたことでしょう。

さらにその後もどこかに行ったのかも知れませんね。

皆さん、たいへんにお元気です。

こんな場所を見ていると日本の不況とか、100年に1度の不況と、政治家が言っているのは、いったいどんな現況なのか……なんて感じてしまいますが、景気がイマイチであれば、こんなディスコもいいですね。

日本の不況のモザイク模様を見た感じで、自宅へ帰り、爆睡です。

 

 
 

2009.0816asarinabe03.jpg
あさり鍋も試してみました

少し前、「あさりブタの鍋」を紹介しましたね。

これが、あさりの風味がそこはかとなく効いて、しかもブタ肉が非常にやわらかくなる。これがなかなかいいという話をブログアップしましたね。

で、まあ一人鍋。

一人の夜は、一人鍋と決まってて、かつ実験的な料理(料理といっても、ほとんど鍋ですが…)をやってみる。

というわけで、「あさり鍋」に初挑戦です。

とはいえ、買って来たのはあさりだけ、あとは冷蔵庫に残っているものを、平らげるという、残り物鍋なので、あさり以外は、なんの工夫もない。

例によって、根生姜を炊き込み、砂抜きをしたあさりを入れてぐつぐつ。ちょっとあさりが開いたくらいで野菜をいれて、あとはもうちょちょんとつまみながら食べるだけです。

 

2009.0816asarinabe01.jpgこの種の鍋、私流の出汁は、醤油も塩も昆布もかつおも使わない。

もう、生姜だけを炊き込むだけの調理ですから、これはちょっと驚かれますが、味付けはそれだけでいい。塩分過多にはなりません。

どこに食べに行っても、鍋は微妙に塩辛いですね。この食べ方に慣れると生活習慣病対策にもいいような気がします。

ま、あさり鍋、残り物の処理をしたわりには、なかなか美味しい鍋でしたね。今度のホームパーティには、これを出してみますかね、でも、ちょっと美しく盛り付けしないとね。

 

 

2009.0825teaparty01.jpg

■富士の裾野、河口湖の別荘地でお茶会

別荘地として知られる河口湖の近く、富士桜高原の、さる方の別荘で、お茶会が行われたのですが、京都のセレブの家系の友人が誘ってくれたものですから、気軽に行ってみました。

これがもしかしたらこのお茶会にとっては大迷惑だったかもしれません。

なにしろ正座はできない。お茶は知らない。

もっとも禅寺で5歳から18歳までは一人前の坊主をしてましたから、正座もお茶もOKだったのですが、それからン10年たってますから、もう正座はできない。作法もイマイチ……

他の方々は見事な所作で次々とこなしてゆくのを、しびれる足と、冷や汗の連続で、これは大変なことになったという次第でした。

濃い茶、薄茶とコースがふたつあって、これはもう地獄!!!

で、その後は、手すりによりかかるようにして、最後のコースに行き、これは椅子に座っての茶事料理、いわゆる点心風。

この椅子は、なんの変哲もないごく普通の折りたたみ椅子。

2009.0825teaparty02.jpg椅子がこんなにありがたいものだとは、生涯で初めてでしたね。

それにしても、日本文化を語ることは、私にはできない……と、ショッキングな半日でもありました。

それにしても、最後の茶事料理。

じつに風雅な盛り付けと、味でしたね。

私の鍋とは、天地も違う……ちょっと、日本文化にもっと触れなければと思いつつ、あの正座をするのかと恐怖感と、それはそれは、深い体験をさせて頂きました。

 それはそれは典雅な方々のお集まりでした。(渋谷の浮浪者風の私が言っても説得力はないかもしれませんが…)

 

2009.0825teaparty04.jpg
2009.0825teaparty05.jpg
2009.0825teaparty06.jpg

 

2009.0822mp01.jpg

■MP講座18期も第4課題で、佳境に!

22日(土)は、MP講座(マーケティング・プランナー養成特別講座)、18期の第4課題のスクーリングが開催されていました。

あとは成果発表大会を待つばかりですから、かなり佳境に入ってきた状態です。成果を出している人も多々出てきています。

それにしても毎回、全員成果としての企画書のフルパッケージを束ねると、両面印刷をしているにもかかわらず、タウンページ並みになっているので、皆さんの努力に頭が下がりますね。

2009.0822mp02.jpg企画塾方式の企画書は、私が30年くらい前に原型をつくり、10年近く温め、その間に企画書の本をヒットさせるなどして、1988年に企画塾の通信講座をはじめた際にカリキュラムとして整備し、それ以来、20年間、ほとんど変わっていないのですが、これほどスピードの速い時代に不思議な感じがしますが、まあ不易流行といいますから、普遍性があるところにまで昇華できているのかもしれません。

基本は、構造的にビジネスをとらえ、さらにそれを駆動させる、動かして成果がでるところまでの仕組みになっているところが、確かに他にないものですね。

最近、ワンシートものの企画書の書籍が書店に並んでいますが、私が「企画書は1枚で…」を書いたのが1992年ごろ。

実際に利用していたのは、1975年ごろから。

 

 

2009.0822mp03.jpgコンピュータの普及と、CRT上(いまはLC【液晶】画面上)での操作をイメージして局面局面をワンシートにすることを意識し、その立体的構造的な複合物を企画書としたわけですね。

ま、時代がかってますが、仕組みの変化はわずか……

それにしてもはじめて私流の企画書に遭遇する人は、けっこうたいへんなことは間違いありませんね。ま、それはともかくこの企画書のシステムは、さらに詳細にブラッシュアップしようと、このところ準備中です。

この1、2年は、目を離さないでくださいね。

■毎度、盛り上がる懇親会

事後は、ほとんどの人たちが参加しての懇親会は、近くの「素材屋」って店で開催。いつものことながら盛り上がってました。出てくる食事は、イマイチすぎるものの、皆さん談笑主体でやってたので、食べるより楽しそうでしたが、事務局には、ちょっと食事のクレームも出しておかないと……私はそのあと、数名でボーリングなんかしにいっちゃいましたが、22時ごろ帰宅して爆睡!

本日はゆっくり起床して、快適にブログアップしてます。

来月からは、弊社がやってるJMMO、PT研、MP、OACIAほかの話は、公式ブログのほうに移り、このプライベートブログは、ますますプライベートに潜行することにします。

双方のブログとも、たまに遊びにきてくださいね。

 

 

 

 

 

2009.0919sashimishabu.vu04.jpg

 ■「サシミしゃぶ」…ちょっとバージョンアップ

何度も登場している「サシミしゃぶ」を、ちょっとバージョンアップしました。

19日(水)には、はじめてのお客様が、3名ホームパーティに……

最初の来客には、根生姜のたっぷり効いた「サシミしゃぶ」で歓待するのが、私の書斎での慣わしですからね。当然のことながら「サシミしゃぶ」ということに。

しかし……そのお客様を連れてくる数人の方は、もう5回、6回は、私の「サシミしゃぶ」を食べてる人ですから、これは気の毒……

そこでバージョンアップをすることにしました。

ま、いろいろ隠し技が必要ですね。

経営もそう。

隠し玉を後ろに何個も持っていて、目の前の状況がダメでも、隠し玉から次々と繰り出し、どのくらいの当り確率で繰り出すか考えて実践しないと、縮小縮小に陥りますよね。

鍋もいっしょ。別バージョンを次々繰り出せないと、お客様は飽きちゃいますよね。隠し技をいろいろ……

で、今回のバージョンアップは、かつて事務所の近所に大相撲の千代大海(大関)の店があったのですが、いまはない。

 

2009.0919sashimishabu.vu03.jpgで、ここのちゃんこ鍋で、だいこんのスライスを敷いていたのですね。

これを前から頂くことにしてたのですが、さて、だいこんのスライスを敷くと、いままでは、しゃぶしゃぶをする魚が、ちょっと鍋の下に沈んでしまうこともしばしばでしたが、これを回避できます。

さしみが急速にしゃぶ状態になる状況が楽しめます。

なかなかいいですね。

3枚目の写真は、通常のサシミしゃぶの状況。4枚目のように、だいこんを敷いてみます。

すると、最後の写真のように、だいこんの上でサシミしゃぶを楽しめます。

2009.0919sashimishabu.vu01.jpg

2009.0919sashimishabu.vu02.jpg

 

 

毎度、毎度の「サシミしゃぶ」の話でした。

 

あまりの毎度さに、あきれないでくださいね。

 

 

 

 

2009.0919sashimishabu.vu06.jpg

「サシミしゃぶ」のあとは、皆さん、のっていて近くのスナックにカラオケに行くことになってしまいましたが……これはまあ、楽しかったのですが、早寝早起きの私には、ちょっとヘビー。

ゴゼン様になって、1時就寝くらい……ただでさえ、夏がニガ手で夏バテ気味の私は、翌日は、ちょっとバテ気味で、仕事が少々遅れ気味になっちゃいました。

とはいえ、「サシミしゃぶ」のバージョンアップを果たし、すばらしい来客と実に楽しいビジネスの未来の話ができて、なかなk有意義な日ではありました。

 ●サシミしゃぶ……にご興味の方は、右の検索でひいてみてくださいね。ただ、私も気楽に書き下ろしているので、「サシミしゃぶ」「さしみシャブ」「さしみしゃぶ」……など、いろいろな表記をしているような気がして、これは皆さんの興味の深さで、のぞいてくださいね。

 

2009.0816sangoan02.jpg
三合庵の「蕎麦」

さいきん、はまっているのが三合庵の蕎麦。

事務所(渋谷宮益坂上付近)の近辺には、蕎麦やさんがない。蕎麦がないので、パスタでがまんしているランチ。

禁断症状が出ると、ことに休日のランチ時の打ち合わせなどになると、迷わず白金の三合庵へ。

美味い……

ちょっと細身で、わずかにつなぎを使ってるものの、味は繊細で美味。10割りそばではないものの、ふつうの蕎麦やさんの大味な蕎麦とは、繊細さがケタ違い……天地も違いますね。

蕎麦では、日本でも指折りに評判がいいというこの三合庵、あちこちのブログでも紹介されているだけのことはあります。さらには、すこし早めの時間に行っても開店前からお客様は並んでいる。

 

2009.0816sangoan01.jpg
店内は、お昼の12時になると満席。

なぜか、外国人も多く、日本人と思しき人でも英語をしゃべってることも多く香港やシンガポールあたりからも来てるのかも……

なかなか国際的です。

ここではつい、昼間のビールにも手が出て、そばを2杯に、その他、なつかしい味の一品をいろいろ……

三合庵は、白金(東京都港区白金5-10-10)にあって、看板も目立たず、わかりにくいところにありますが、北里病院のすぐそばですね。

渋谷から行くと、天現寺の交差点を右に曲がって恵比寿3丁目交差点を白金1丁目にむかった間にあります。

蕎麦は、毎日でも食べたいところですが、なにしろ、事務所のそばにはないので、実に悲しいところですね。

 

2009.0809asaributa01.jpg

■あさりとブタのお鍋!……サイコーでした

8月8日(土)の「地場建設業活性化機構」の設立記念セミナーでは、30人以上の大宴会を事後懇親会でしてたのですが……

宴たけなわになったころ、私が鍋ばかりやっている話を他の経営者の方がしていて、とある社長が、「ボクも鍋をよくやる。で、あさりとぶたの鍋はなかなかいい……」というお話。社長の情報はサイコーですからね。

サラリーマン社長ではなく、オーナー社長の情報の密度は、その売上高の累乗比くらいに濃密ですから、これはすなおに聞き、さっそく日曜日の夜は、ひとり鍋。

ちょっと自分のオリジナルにすることにして、例によって生姜をふんだんにつかって、そこにあさりを入れてあとは、ブタをしゃぶしゃぶすることに…

 

2009.0809asaributa02.jpg白ねぎや、ちょっとほうれん草もつかいました。

食すと、じつにさっぱり!……常夜鍋もいいが、これもなかなか……

あさりとブタだと、イメージするのは、白ワインを使った蒸し物なんかで、なにかイタリアンな感じですね。もっとも和食風にもできて、さっぱり風味はできますが、鍋にあさりとブタはイメージできてなかったですね。

私にも膨大な盲点があることを知らされました。

美味しいのでちょっと私の定番にすることにしました。

さらにオリジナルな食材を組合わせてみたいと思ってしまいました。

事後セミナーでの懇親会は、非常にいい情報が飛び交い、サイコーですね。もっとも毎晩、なにかと事後セミナーをしているようなものかもしれませんが。

5時9時、9時5時、5時9時のタイムマネジメントは、やはりいいですね。

5時9時、9時5時、5時9時

ビジネス並行作業…ToDoList

朝のひと時…1日を3日使う

そうそう、私の評判の悪いカウントダウンを外しました

みなさん、いままで失礼いたしました。変わりに私の「超」企画ブログへの案内が出てますが、なにかちょっと顔がデカイですね。これはデザイナーに修正をしてもらわないといけません。

 

 

2009.0808oacia01.jpg

■「地場建設業活性化機構」発足

東京・八重洲で設立記念セミナー開催

8月8日(土)、以前から告知していました「地場建設業活性化機構」が発足しました。ひとまず23社30名もの皆さんにご参加いただきました。

案外、少ないと思われたでしょうが、告知数は400社にも満たず、参加率は6%を超えるわけですから、これはひとまず充分な成果でしょう(自画自賛はまずいですかね…)。

しかも解散で衆院選挙があり、地場建設業の方々は選挙活動も忙しい。現にそうしてご参加されなかった企業は何社もあり、夏休みですから、これも地方からは参加しにくいですね。

2009.0808oacia02.jpgまた東京には都合が悪くて9月の地方開催に参加していただける方々も多く、全国行脚が楽しみになってきました。

建設業は公共工事での談合や耐震偽装問題での姉歯事件などがいろいろマイナスイメージがありますが、実は全国各地に公共事業から脱し、民間を軸に大きく業容を変え、地域に根ざしてがんばる建設業が多々あります。しかも企業規模が地方企業のなかでは群を抜いて大きい。これら地場建設業が、より活躍すると地域活性化に繋がる……これが本機構のビジョンです。

まずは、神奈川・藤沢を拠点に、すばらしい活動をされている株式会社丸山工務所の保坂社長に

地場建設業の生き残る条件
「丸山工務所の事業戦略に学ぶ」
2009.0530oacia01.jpgとして基調講演をお願いし、私(高橋)も本機構の運営や、会員の皆様へ提供する弊社(主宰会社は「高橋憲行総研株式会社」です)の運営方針や、企画塾のマーケティングシステムなどを解説しました。

保坂社長の株式会社丸山工務所・は、昭和51に神奈川県へ進出。当時、工事高は5億円程度の建設業でしたが現在では50億円を超えています。
経済の専門誌が発行した建設業者ベストランキングでは、全国1000社中、なんと第5位、神奈川県ではトップにランク。(ベストランキング…建設会社の収益性・流動性・安定性・健全性の4つの指標によって経営状況をランク付けしたもの)。
売上高のほとんどを民間需要で占め、資産家へのアプローチの仕組みには定評があり、資産家との関係作りを軸に、RC賃貸マンション受託・管理・運営、高齢者施設受託・管理・運営、建物管理、RC住宅、ホテル経営、など民需を軸に多様な事業展開をされています。

全国の地場建設業のなかでも、他社がベンチマークするトップ企業の丸山工務所に、まず最初にご参加いただいたのは、なにより光栄でした。

東京駅近くで行われた懇親会も、ほとんどの方々がご出席。

なごやかな雰囲気で情報交換が行われていました。9月の地方へ出かけるいいスタートが切れました。

また皆様に経過報告をすることにします。

 


 

 

 
 

2009.0110ato1000.jpg■カウントダウン…止めます。

いま、右上で忙しくカウントダウンしている私の人生時計。

やめることにします。近日中に消えているでしょう。

ことに女性の方々に、冗談ではないくらい、かなり嫌われていることがわかりました。

……このカウントダウンを見るのがイヤで、ときどきしかブログを見てませんでした……

……センセーは、なんかビョーキをお持ちかと思って、非常に気の毒に思ってました……

……もう3年ないようなカウントダウンは見るのがつらくなります……

と、いったお話がいろいろ……

人生の覚悟が決まってて、なかなかいい……ってなコメントはひとつもありませんでした。

人生のLC=環境のLC×3R×3H×2A×1C×Op

というわけで、人生企画を、それなりに体系化したのは、私が最初ではないかと思うのですがね。人生企画の本は、いろいろ出してきて読者の人たちも自分の死期、最後を考えることの意味の重要性はわかってもらえると思うのですが、そんなことよりカウントダウンが気味悪いらしいですよ。

時期が近づけば近づくほどね……

■しかし、デッドエンドをいつにするか?

いづれにしても食生活や生活習慣を30代のころから変えてきたこともあって、血液のデータは、まったく正常。この年齢になれば、ほとんどの人がある、肝機能や血圧、中性脂肪などが、まったく問題がありません。

毎晩、酒を人の倍ほど飲んで休肝日がないというのに、データは、40代の男性よりいいわけで、どうするか?

あと10年現役をやって、さらに20年は不良老年でもするのか?

別に現役はできそうだし、不良老年もできそうなものの、新しい目標を作らないとたいへんですよ……これは。

 

 

 

2009.0804ing01.jpg

■首都の、さらに心臓部の光景

高層ビルが林立する写真の左には、国会議事堂のてっぺんが、わずかに見えていますが、わかりますか?

ちょっと見にくいかもしれませんが……この首都の心臓部、国会議事堂周辺には、議員宿舎をはじめ、いろいろと国の関連の施設が、建設ラッシュなのです。

建設用のクレーンが、10本ほど忙しく稼動していますが、ここから右へ視線をむけて、民間のビルの状況はというと、建設用のクレーンは、あまり見えませんね。

ま、国も景気回復にがんばってくれてるということで、ごちゃごちゃ言うのは止めておきましょう。

 

2009.0804ing02.jpgホテルニューオータニのオフィスビル棟のガーデンコートの27階からの光景です。下に見えているのは赤坂東急。その向こうはプルデンシャルタワーですね。中央下の平屋は、たぶん衆議院か参議院議長の公邸ですね。たぶん……なぜかグーグルマップには表記がありませんが……

ここはアイエヌジー生命保険会社の研修施設で、立派そのもの……非常にデザインライクなスペースで、私は講演をすることに。

テーマは

「顧問先企業の売上増を実現する『増販増客の方程式』という考え方」

その後は、大分の伊東先生が講演。テーマは

「開業5年目で顧問先300社獲得。そのキーワードは増販増客」

税理士さんがたくさん集まっておられました。

その後は、ちょっと赤坂のお店で、懇親会でした。

 

 

 

2009.0731.401k01.jpg

■日本版401k(確定拠出年金)本格稼動へ

以前にも、皆様にご報告していた日本版401k(確定拠出年金)のお話ですが、なお確実にするために、いろいろ水面下で活動していましたが、今回、本格的に皆様にご報告することに。

これは、他の専門業界紙誌にも今後本格的なパブリシティとして告知されることもあると思いますが、まずは、弊社にかかわりのある人たちへの報告会を、401k月例会のなかで行いました。

●あいおい損害保険株式会社

 

2009.0731.401k02.jpg●クロスヘッド株式会社

●PAS協会

●高橋憲行総研株式会社(企画塾の関連会社)

の4社が共同して日本版401kの普及啓蒙を行うことを発表した次第です。

詳細はまた機会を見て説明しますが、今年後半から来年にかけて、皆さんも一般紙誌のなかで、この日本版401k、また確定拠出年金の話は、目にされることが非常に増えるでしょう。

 

2009.0731.401k03.jpgひとまずご報告です。事後、関係者の有志で、懇親会。おおいに盛りあがりました。

 
2009.0731.401k04.jpg

2009.0730hayakawa.jpg

■パーティのはしごの日

7月30日(木)は、パーティのはしご。

いずれも盛り上がってましたが……

朝から来客で会議があり、午後には事務所と書斎を出たり入ったり……事務所でフル回転させるためには、あと1週間くらいは準備が必要……

で、いろいろドタバタしているうちに、1830には、早川周作さんという若い経営者のやってるベンチャーマッチング交流会に出かけました。

場所は西麻布の「ユナイテッドラウンジ西麻布」

ヒジョーに場所がわかりにくい隠れ家的なところでタクシーの運転手さんもわからない。とはいえ、なんとか目的地に到着。

2009.0730hirai02.jpgこんなところにかなり大きなラウンジがあったとは……

私の旧友もいたりして、なかなかこういう交流会に出るのはいいですね。

1700には、私の講演というかスピーチが30分ほどあったのですが、のびて1730から出番。おもしろいのは、講演は別会場に2箇所あって、どれか聞いてもよく、聞かない人はラウンジで呑んだり皆さんとお話しててもいい……なかなかおもしろい仕組みですね。

で、私の講演か雑談は、2000には終り、この交流会は、さらに深夜まで盛り上がるらしいのですが、私は恵比寿のイタリアンレストランに移動して皆さんに合流(写真2枚目)。

これはワンコーナーのスナップ。30~40人くらい来てたかな?

2009.0730hirai01.jpgで、行われていたのは、セリフウイングの平井社長の誕生日パーティ(年齢はよく知らないのですがね……)

こちらには、実にいろいろな人たちが来ていて私も気楽に談笑。

夜は更けて、私の時間帯では、もう寝るタイムなのですが、さらに2次会に突入。これが、不思議なところで、飲食ビルの4階へ……

なんと、エレベーターもなく、皆さんについてのぼったものの、ドアやスペースが普通じゃない。本棚がドア。トイレに行こうものなら戻れないようは不思議な空間設計。

でも妙に気に入りましたね。

あまり人気になると困るので、店名や場所は教えないでおきますね。

ごめんなさい。

2009.0730hirai03.jpgで、このカラオケのワンシーン……中央に平井社長が踊ってますが、皆さん深夜まで、楽しくやってました。

もっとも私はちょっと早めに失礼しましたが……

 

最近、あまり夜の交流会などに出ていないのですが、たまに出るのは、なかなか楽しいですね。

ひさびさのパーティのはしごでした。

 






このアーカイブについて

このページには、2009年8月以降に書かれたブログ記事のうち日々実践・毎日が企画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日々実践・毎日が企画: 2009年7月です。

次のアーカイブは日々実践・毎日が企画: 2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。