「【超】一枚企画書の書き方」の中身を少し(笑)……卓上にネギ切り器がほしい!

「【超】一枚企画書の書き方」の中身を少し(笑)

卓上ネギ切り機
……卓上にネギ切り機を置きたい!

 さて、慣れたところで「企画書仕立て」にしてみましょう。
 ネギ切り機は、業務用に実にたくさんあります。
 しかし、家庭の卓上などにちょっと置いておいて、必要に応じてスライスするタイプのものはありません。
 家庭用を訴求したものもありますが、キッチンの中に置くタイプで、卓上に置けるものは見当たりません。
 特許庁の出願資料などを調べても、なかなか見つからない。
 そこでちょっと考えてみました。
 家庭で「鍋物」をする際に、薬味のネギは必需品ですが、細かく切るのは主婦の負担。スーパーには裁断小ネギのパックもありますが、切り口が傷むと汚く、鮮度も悪くなる。
 卓上に置け、サイズ的にもデザイン的にも美しいものが欲しい。
 ちょっとカッター周りは企業秘密で割愛しますが、数本の小ネギをペン状の筒に入れて、片手で操作してスライスし、新鮮な小ネギの薬味を自分で作ります。
 鮮度を前に出せば、鍋物の専門店などが業務用で各客席に一本以上置くことも考えられ、すると需要は拡大しますね。

 

 ラーメン好きの人は多いですね。
 しかしネギラーメンのメニューは知っていても「ネギ切り器」を、知らない人は多いでしょう。
 メニューにあるラーメン店では、厨房に「ネギ切り器」があって、大量のネギをあっという間にスライスします。
 ネットを見てみましょう。業務用のネギ切り器が、多数、ネット上にアップされ、販売されています。
 なにかアイデアを考えたら、すぐにネットで検索してみましょう。膨大な情報が、あなたの新たなアイデアを刺激します。

 

2013.0130negichon.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「【超】一枚企画書の書き方」の中身を少し(笑)……卓上にネギ切り器がほしい!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/709

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2013年1月30日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「簡単思いつきメモ…「冷蔵庫チェッカー」」です。

次のブログ記事は「増販増客実例集 事例公開第1弾 高級レストラン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。