簡単思いつきメモ…「冷蔵庫チェッカー」

簡単思いつきメモ…「冷蔵庫チェッカー」
……冷蔵庫に、なにがあったか?…スーパーでの悩みを解消

 スーパーで買い物をしているときに、冷蔵庫にあるもの、ないものをフッと毎回考えるのでは?。
 保存のきく食材の場合はいいのですが、野菜類の場合はとくに問題で、「ない」と思った食材が冷蔵庫のなかにあり、けっきょく古いものは食べないまま捨ててしまった経験などは、しばしば。
 この対策を考えます。
 いまウェブ用カメラは非常に低価格ですから、冷蔵庫内に可動式カメラを設置し、庫内を上下に動き、回転しながら、食材の状況を、ケータイに送信し、買い物に無駄がないようチェックします。
 園児の様子を両親にウェブを介して見せる幼稚園などがありますが、考え方は同じですね。
 カメラは野菜室や、冷凍庫にも入れ、照明もコントロールします。
 ケータイやスマホからカメラを操作して、庫内をくまなく見て、ムダのない買い物をします。
 カメラのレンズが曇る問題なども解決可能で、将来的にはセンサーもセットして鮮度情報も届けられます。
 もっとも冷蔵庫メーカーがいずれ組み込み型を発表するでしょう。

 最近は、夫婦とも働く共稼ぎは多く、シングルも普通に自宅で料理し、離婚でバツイチの人も多くなっています。
 自宅から冷蔵庫をチェックしてスーパーに買い物にいけるのは専業主婦だけで、結果的に仕事に追われ、帰宅前にスーパーの売り場で、今夜のメニューを考える人が大半。
 「よせ鍋」でもしようと思って
 「ぽん酢はあったかな?」「ゆず胡椒は?」「野菜室にニンジンはあったっけ?」
 とか、いろいろ考えますね。そして思い違いによる買い物の失敗は、何度もした経験があるのでは……?

2013.0129reizoko01.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 簡単思いつきメモ…「冷蔵庫チェッカー」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/708

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2013年1月29日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 【超】一枚企画書の書き方(発刊:ダイヤモンド社)の中身を事前紹介!」です。

次のブログ記事は「「【超】一枚企画書の書き方」の中身を少し(笑)……卓上にネギ切り器がほしい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。