次にどう備えるのか…?

2011.0427plate.jpg■次にどう備えるのか…?

国のリスク管理は、どうみても後手後手の感じがしてならないのと、国民に不安を与えてはならない……ってわけで、危機的情報は、必ずしも伝えられていないような気がする。

で、私がこの東日本震災を、富山の氷見で見て、東京に帰れず、翌日東京に向かうなかでずっと思ってたことは、以下のことです。

想定外が起ったわけで、続いて想定外が起るリスクは、どんなものか。考えたくはないが、ますます気になるのでブログアップしておきますね。

1・東日本大震災の最大級余震の位置

東電福島第一原発の直下でM8クラスの余震が起る可能性は、どの程度か……しかも浅い震度で……

するとチェルノブイリ級の危機がくるのか?

2・東海地震か連動か?

東海・東南海・南海の連動地震か、東海地震でM8クラスが来た際の東西分断はどの程度になるか。

ようは東海の日本の大動脈がどう分断されるか。さらにリスキーなのは中電浜岡原発はどうなる?

中電は、駿河湾との間に10~12メートルの砂丘があり、これが津波を防ぐといっていたものの、東電の事故をみた翌週、砂丘と原発との間に12メートル高の防波壁を築くといったが、これはいつできるのか……

政府は、早急に防波壁の完成を指導した話もないから、これも気になる。

■4枚のプレートに浮かぶ日本……1枚が総崩れ状態……あと3枚はどう動く?

日本が4枚のプレートにのっていることは、この地震で、ほとんどの人が理解しはじめているようですね。

このプレートという考え方は、ウェゲナーが1912年に『大陸移動説』を唱え、当初は異端扱いだったが、徐々プレートテクトニクス理論に進化し、いまはこのプレートの衝突、沈み込みが地震の原因であったり、ヒマラヤ山脈が高くなったのは、ユーラシアプレートに別物だったインドプレートがぶつかり徐々に地形を褶曲させながら山脈を形成していった仮説などが有名だ。

日本も、伊豆半島はもともと南方にある島で、フィリピン海プレートにのってきて日本にぶつかったというのが定説になっている。富士山の噴火もそうした動きのひとつでしょうね。

今回の想定外の大地震は、北米プレートが総崩れ状態で変化した。このあとどうなるということで地質学者などは総出で日本各地の小さな地震や地殻変動や火山の状況を注視している情報が飛び交ってくるが、どうなるというより、我々日本に生きている以上、最少リスクにするにはどうするか……私の場合は

1・福島原発直下型M8余震が来ると、即座に東京脱出をする

2・フォッサマグナ(糸魚川~大井川の中央地溝帯)から相模湾にかけてのエリアが動き出す(地震)と関西に拠点を移す。

という行動をしようと考えています。

■まず事務所の引っ越し準備

したがって、もう行動をはじめており、東京の事務所をいまの8階から、地盤のいい場所で低層に引っ越す

これは準備完了、物件も決まり6月には引っ越し決定です

次に万が一の準備と関西方面の顧客拡大を視野に、再び関西に拠点を持つことにし、準備を開始。

なんとか秋くらいには拠点を設置し、万が一には社員と家族も動ける準備を整えます。場合によっては福岡も視野に入れて3拠点に。

東海が分断した場合に備え、各拠点を移動しなくても連携できる状況にする。

これはハイテクがローコストになってきたので、スカイプや電話会議をはじめ、使えるものはいまから使いまくり、分断されてもいろいろ自社対応ができ、お客様にも便利にサービスできるよう考え、危機に際してどう対応するかの準備を整えることにします。

■いやな事を言ってるように聞こえるかもしれませんが……

じつは、私、地震の翌日に東京に帰る道すがら、同行していたスタッフに、「これは関西大震災の死者数どころではないぞ、おそらく2万7、8千は死者が出る…」と言ってたのですが、類推した数字に、あまりに近い。

その後の動きも小冊子に書いたように、人の動きがかなり予測どおり。次の地震ほかについては、私は地質学者ではないので、あたらないことを祈るのですが、ちょっと不気味な感じがするので、ついついブログアップしてしまいました。

はずれることを祈りながら、しかし万が一の準備をすすめています。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 次にどう備えるのか…?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/678

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2011年4月27日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「西日本への移動が、始まる気配」です。

次のブログ記事は「大震災後についての書籍…これから続々と……」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。