2月4日(旧正月)

2011.0204.jingu02.jpg

■2月4日(金)は旧正月

しばらくぶりのブログです

先週の金曜日は2月4日で、旧暦ではお正月、つまりは旧正月です。

増販増客カレンダーの重要性を説いている弊社としては、いろいろな行事をスタッフや会員の皆さんに理解してもらうためにも、カレンダーは重要です。

とはいえ旧正月(太陰暦の正月)は、太陽暦(グレゴリオ暦)がすっかり定着した日本では、めずらしい話題になってますが、中国、韓国、台湾や香港あたりでは、旧正月は春節。

ま、春の到来ということですよね。

 

2011.0204.KJentrance.jpg年賀状で寒いというのに、なんで「立春」って書くのかって、あれですね。正月は春の訪れというわけです。もっとも二四節気で、冬至、小寒、大寒に続く立春ですが、これけっこう太陽黄経の角度で決まってるようです。

ま、日本も戦後から昭和30年代くらいまでは、各地で旧正月をしてた記憶がありますが、これは農業には便利なものですからね。

日本が農業社会主導型だった戦前、そしてなお影響のある世代がおじいさん、おばあさんとして存在していた時代までは、旧正月をしっかりしてたということでしょう。

いまでは太陽歴がほとんど。

で、クリスマス商戦から年末年始商戦というにぎやかな風習ができてしまいました。

しかし工業化が日本より遅れてやってきた台湾、韓国、中国などは、旧正月が色濃く残ってて、旧正月はお休みお祝いモード。

ちょうど日本人が年末年始にハワイやグアム、さらにはロスやサンフランシスコに足を伸ばすように、旧正月には中国、台湾、韓国から、けっこう日本にやってきます。

渋谷、原宿、六本木や銀座には、相当数のアジアからの観光客が来てましたね。

で、私はスタッフといっしょに明治神宮におまいり。

 

2011.0204.mamemaki.jpg正月にも来たので、これで今年2度目ですね。

また、企画塾のエントランスも、再びお正月モードに……

さらに立春とは節分ですから、我が社では若いスタッフが鬼役となって、まめまきも……

さらにこのあと、でっかい恵方巻きをかじって、旧正月をお祝いしました。若い人達、ことに東京の若い人は、節分や豆まきをしってるでしょうが、恵方巻きは知らないかも……

古来の人達のすごい企画、プランニングですよ、これら季節の演出は…

まずは、当社の旧正月でした。

季節にともなって人が動き、消費が発生します。カレンダーは古くても息づいてますからね。

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月4日(旧正月)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/659

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2011年2月 7日 06:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「22期東京MPの懇親会光景」です。

次のブログ記事は「先週は、全国各地へ5,000キロ近い旅……」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。