2010年11月アーカイブ

2010.1112kaito.kumade01.jpg
■「熊手!」……当選者の方へ

当選者の皆様へは、個別にコミュニケーションさせて頂きましたが、その他の皆様へのご発表が遅れまして失礼いたしました。

熊手のクイズは、難易度が高かったのかもしれませんね。

正解者は、わずか9名、応募の方もその倍くらいと、ちょっと失礼いたしました。

で正解者で5名を抽選で5名の方と「お食事をご一緒に…」ってことになるのですが、当選者は以下の方でした。

名古屋の「織部敦文」様

 

2009.0305takeshacho.jpg

長崎のエーワイプランニングの「若杉有子」様

http://ayplanning.co.jp/

あと3名の方は、このご時勢、公務員や会社へ勤務されている方などは個人情報ほかを気にされておられましたので、お名前の掲載をひかえさせて頂きます。

なお、正解なのに選に漏れた皆様や、ご応募頂いた皆様には、数日後に刊行される「増販増客カレンダー2011」をお届けさせて頂きますね。

豪華ディナーは、東京の方は私の書斎で私の鍋をムリヤリ食べて頂くことになりますが、ま、ご心配の方は胃薬持参でお運び下さい。

鍋は、ブログのあちこちに登場していますので、ご覧下さい。

また首都圏以外、地方の方々は私が各地に出かけておりますので、その際にスタッフがセッティングいたします。

名古屋の織部様、長崎の若杉様には、月例会前後などになりますが、ことに若杉様には、博多で……というスケジュールになってしまうかもしれませんので、その点はお許しください。

速攻で最初に回答された織部様は、たしかMP講座のOBですね。企画塾の通学講座でしたか?

 

 

 

 

2010.1123.ginza01.jpg

■銀座で餅つき

23日の祝日。銀座で、ミツバチの会があると聞いて出かけたのですが、なぜかいろいろな各地から東京に来てのイベントがあって、ふらりと入ると、岡山県の新庄村の「東京新庄応援隊発足式」というのに入ってしまいました。

なんの趣旨もわからずに……

ところが、餅つきがはじまり、これがなかなかすばらしい。

4人の連打ちで、これがなかなか面白い。ふつうは、水を加えて手打ちをする人がいるのが持ちつきなのですが、それがなく4人が杵をもって連続で打ち続ける。当然、杵に餅がくっつくのですが、連打すると餅が切れるという、なかなかの見せ場。

 

2010.1123.ginza02.jpgこんな餅つきははじめてみましたね。

かくいう私は、高校時代まで田舎では必ず毎年お餅をついてました。それもひと臼ではなく、何臼もですからね。けっこうなハードワークをさせられたことを思い出しました。

水を使わないため、コシのあるお餅で、打つのには参加しないで、食べるほうに積極的に参加しました。なかなか美味しかったですね。

おかげで当日、夕食はほとんど食べず……ってことに。

ファームエイド銀座……ってイベントで農業を元気にするテーマでいろいろな活動をしている団体の主催でしたが……なかなかいい企画ですね。

私としては、ミツバチって話で行ったのですが、お餅に気をとられてミツバチのことをすっかり忘れてしまって自宅に帰ってしまいました。

 
2010.1123.ginza03.jpg
2010.1123.ginza04.jpg

shiroikoibito.jpg

■「白い恋人」が変身?

北海道で空港から手土産を買って帰るのは「白い恋人」と、相場が決まってますよね。ま、博多空港では「めんたいこ」と、この南北の空港でのお土産の定番ですよ。

もちろん、北海道は北の漁場から美味しい魚やカニがあがってきて、海産物もいいのですが、ちょっと鮮度やもろもろ気遣うことがあるので、手軽なお土産は、この「白い恋人」ですね。

■「白い恋人」と「面白い恋人」

昨日(11月17日/水)は、札幌に日帰り講演をしてきましたが、そのときにお土産を買ったのが、もちろん「白い恋人」。

 

omoshiroikoibito.jpgところで12日(金)に、大阪に出かけていたのですが、大阪駅で見つけたのが……「なんで、白い恋人がこんなところに……」と、ビックリ!

というわけで、近づいて、よくよくみると……なんと!

「面白い恋人」というネーミング。

しかし、なにげにパッケージの色合いも似ている。

さすが、大阪人!

もちろん、お土産に買って帰りました。

翌日は、MP講座で多数の人が企画塾にきますからね。

 

omoshiroikoibito.02.jpg皆様のお土産にしました。もちろん皆さん大爆笑!

これが狙いなんでしょうねえ……すごいコンセプトの商品ですよ。

中国のコピー商品とは違う、ウィットに富んだ企画ですよね。

 

中身はゴーフルでした。

もちろん味は、大阪ですから美味しいのは当然。

それ以上にウィットの味が最高でした。

2010.10003kumade01.jpg

クイズの答えは……

さてさて、11月4日に、クリーニングに出すと、きれいになった洗濯物がこのハンガーにつるされてくることが多いのですが、これを写真のようにカットして束ねるとなにになるか……

http://www.expams.com/blog/2010/11/post-461.html

というわけで、皆さんにクイズを出したのですが、回答は

熊手(くまで)でした。

かなり難問だったらしく、非常に回答が少なかったのですが、しかし正解者のかたが、予想より多かったですね。

 

2010.1112kaito.kumade01.jpgカットしたハンガーを束ね、たまたまガラクタ置き場にあったパイプに固定して、束ねて扇状に開き、これを針金で上手に固定すると完成です。

で、私のおうちのお墓が青山墓地にあり、秋口になっているので枯葉が多くなってきたので、お掃除道具として作成したってわけです。

ホームセンターあたりにいいのが売ってあれば、それを買ったのですが、行ってみると、竹製の貧相すぎるものがあったので、だったら自前で作ってしまえ……どうせコストゼロでできるわけだから……

というわけで、熊手ができました。

さっそく墓地に持っていき、使ってみると箒(ほうき)とは違い、なかなか使い勝手がいい感じでしたね。

 

 

2010.1112kaito.kumade02.jpg正解者の皆さまに……

ま、そんなわけで、熊手でした。

正解者に方には、月曜日あたりに、ご連絡が行きますのでよろしくお願いします。いま、私は地方出張中で、土曜日に帰り、スタッフに指示して対応することになりますので、いましばらくお待ち下さい。

 

で、いまひとつの回答ですが……

http://www.expams.com/blog/2010/11/post-462.html

ガラクタになってしまうはずの木片、端材を薄板にはりつけてましたが、さらに、もう1方にも薄板を貼り付けてサンドイッチ状態にします。

 

2010.1112kaito.tana01.jpgいわば、合板のようにして、かなり長い板ができあがりました。

この長い板は、写真のように、つごう2枚制作します。

で、この2枚の間に棚板をレイアウトすると十分に機能する棚が完成することに……最終的には、あと2、3枚、収納するものによって、付け加えることになりますが…

本来なら、ボンドなどの接着剤を利用するのですが、細かい間隔でネジ締めすると、けっこう強度的にも問題ありません。

普通、捨てられてしまうようなガラクタを捨てないでおいておくと、いつでも利用できますね。

 

 

2010.1112kaito.tana02.jpg

2010.1112kaito.tana03.jpg2010.1112kaito.tana04.jpg

 

2010.1112kaito.tana06.jpgま、面白いと思われるか、

くだらないと思われるか……それは、皆のお考えしだいです。

 

正解者の皆さまや、回答者の皆さまに、事務局からご連絡がいきますので、いましばらくお待ちください。

 

 

2010.1107hondana01.jpg

■木の端材の再利用……いったい何になる?

オフィスやら自宅やら、デスクや棚は手作りが多い私です。いままでもいろいろ紹介しましたよね。

書斎の本棚は、かなり以前に紹介しました。

で、昨年は自宅書斎の本棚を、思いっきり事務所に移転したので、設置が大変。

で、応接室に本棚を一部移設……この結果、応接室の壁は、天井まで異常な書籍の集積になってしまいました。

もちろん私のデスクも本棚が天井まで設置してあります。

さて、ここで出てくるのが、木片、端材ですね。

なにかあるたびにサイズを合わせると、どうしても木材を切る必要があって、その結果出てくるのが木片、端材です。

これがたまってしまったのが、左の写真です。

普通は捨てますよね。

で、私は捨てない……というか、捨てられない……というか、もったいないのか、エコなのか、ケチなのか……

 

2010.1107hondana02.jpgなんでもいいのですが、とにかく写真のように捨ててません。

で、昨日早朝に広島からかえって事務所に立ち寄り、ちょっと時間があったので、さっそく作らなければならないものを作ることに……

そこで、つぶした棚板から残った板材があって、これを使って、なにかを作ることに……

で、3枚目の写真……

この板材の上に、さきほどの木片、端材が、次々と並べられていますが、これって何を作ってるのでしょうか?

 

これもクイズにしてしまいましょうか?

2010.1107hondana04.jpg前回の正解が、あまりに返ってこないので……ウチのスタッフもちんぷんかんぷんらしく、まったく難問だったようです。

 

というわけで、再びクイズ

ちょっと簡単なものに……

 これって何になるのでしょうか?

 

回答をお待ちしてますね。

2010.10003kumade01.jpg■クリーニング屋さんのハンガーが変身!

 

誰もがよくご存知のクリーニングに出すともらうハンガー。

最近は、プラスチック製も多いのですがね。以前はほとんどがこのプラスチックをコーティングした針金製のハンガーです。

 

で、この端っこを、ちょっとカッティングします。

 

 

2010.10003kumade02.jpgま、20本ばかりをカッティングしました。

先がちょっと曲がり、一方は、ほぼストレートですが、わずかに曲がったくらいのところでカッティングしてます。

 

これが何に変身するか??

 

ちょっと、固定させるために、ガムテープでそろえました。

 

2010.10003kumade05.jpgさあ、これはなにに変身するでしょうか?

企画頭脳があると、妙なことを考えてしまうのですね。

で、クイズにしましょう。

回答は1週間後の11日(木曜日)までとしましょう。

珍問ですから、笑える珍答も大歓迎ですよ。

12日に回答をブログアップしますね。

正解者か珍答者のなかから、5名の方とカウンセリングつきディナーかランチをご一緒に……経営者の方々は、経営上の難問珍問を持ってきてください。リーマンショック以後の、厳しい状況への対応策、とくに不況下の増販増客、売上増のノウハウをなんでも聞いてください。その他の課題をお持ちいただいてもかまいません。

ビジネスマンやフリーターの方でも、OKです。起業など、テーマがあれば盛ってきてくださいね。

もっとも若干、近くの都市に移動してもらわないとマズい場合もありますが、お許し下さい。

なお、全国各地を動いていますから、地方の方々もふるってご参加ください。

 
 

2010.0925soraben.ekiben01.jpg

■ひさびさのブログ……空ベン駅ベンの日々……

ひさびさのブログです。

ちょっと事情もあってtwitterもブログもちょっと遠慮してましたがブログを本格的に再開することにします。

このところ出張がハンパではなく、東奔西走……というのもイマイチ……なんか新しい熟語が欲しいところですね。

で、食生活がどうなってるんだ……って感じです。

毎日、自分で「鍋」を食べてた時代がほんとになつかしいですねえ。

単に懐かしいというよりも、問題は食事のバランスが気になります。とはいえ、いろんな楽しみがありますね。

 

2010.0925soraben.ekiben022.jpg9月、10月は、いったいどれほどの空ベン、駅ベンを食べたか……毎日1食は空ベンか駅ベンを食べてたかも……

朝、JALの機上で空ベンを食べて、昼は新幹線で駅弁……ってな食生活になったりすることもありましたからね。

あるいは、朝、早朝の新幹線で駅ベンを食べ、昼は出張先で食事、仕事が終わって夕刻の新幹線で、再び駅弁……こちらはビールつきでスタッフと宴会モードにもなりますが……

職を代えて「空ベン駅ベン評論家」に転進しようか……ってくらいいろいろ食べてますね。

こんな空ベンがありました。

 

2010.0925soraben.ekiben03.jpg上の2つの写真ですが……

ちょっと不思議なパッケージで購入した空ベンですが、9月の博多への朝のJAL便でしたが、なんとパッケージは折り目が非常に特徴があってちょっとトポロジカルな開き方をして、大きな金色の器になります。

なかなかの企画屋さんがいるものです。

こうなると、もう味のほうは、よくわかりませんね。

スタッフとビックリしながら頂いてしまいました。

 

ま、空ベン、駅べんは、忙しい日々の、つかの間の楽しみですかね。

 

 

 

 






このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。