ひさびさに根津美術館に…

2010.0912根津美術館.jpg

■ひさびさに根津美術館に…

ひさびさに根津美術館に行ってきました。しばらく改装してたみたいで、長らく行ってなかったのですが、ふと行くことに……

根津美術館は、事務所から、自宅から歩いて10分くらいのところにあるわけですから、もちょっと頻繁に行ってもいいようなものですが、あんがい灯台もと暗し…ってやつですね。

以前行ったのがいつだったのか、思い出せないほど…数回は行ったのですがね。

東武鉄道の社長をはじめ、多数の企業をつくり、トップをやってた戦前の屈指の実業家で、しかも茶人である根津嘉一郎。美術館の庭園のあちこちに、茶室が点在してます。

 

2010.0912根津美術館02.jpgこの広大な南青山の美術館は、彼の私邸だったようですが、スケールが違いますね。で、彼の収集品、茶道具や中国古代の陶磁器青銅器から日本の美術品など、そうとう幅広いものですが、これらを展示するためにつくられたのが、この根津美術館というわけですね。

開館したのは1941年。日中戦争は泥沼化している時代、そしてこの年の暮れ、12月8日に真珠湾攻撃から太平洋戦争が勃発するのですが、こんな時期に開館すること事態が、なにかすごさを感じますね。

ま、それはともかく、庭園をのんびり歩いてみましたが、9月というのに今年は異常に暑く、10月くらいになったら、また来てみるか……ってな気分になりました。

3枚目の画像は、入口からアプローチの通路ですが、右の壁面(入口からだと、左側になりますが…)

 

2010.0912根津美術館03.jpg竹をセッティングした、なかなか風情のあるアプローチです。

 

3年ほど閉鎖して、昨年の10月に新装開館したみたいですね。

皆様も、機会があれば行ってみてください。

なかなかいい美術館です。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひさびさに根津美術館に…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/635

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年9月20日 09:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホームパーティ用にビールサーバーを作る」です。

次のブログ記事は「アルケッチャーノの奥田さんとひさびさに仙台で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。