書籍の謹呈を多々頂戴しました

2010.0829.jpg■書籍の謹呈を多々、頂戴しました。

この1、2週間のうちに、3冊もの著作の謹呈をうけました。

斉藤孝太著『売上アップのお店改善』日刊工業新聞社、8月30日

萩原京二著『稼げる社労士になる方法』すばる舎、8月26日

関根眞一著『苦情対応実践マニュアル』ダイヤモンド社、3月11日

いづれも今年2010年の刊行です。

最初の斉藤孝太さんは、企画塾に3年くらいいてPT研の担当をしてましたがその後独立。よく考えると彼の会社の社名は私がつけてような気がしますが……数冊目で、著作に多少こなれてきたみたいですね。

もちょっとがんばってね。

萩原京二さんは、長らくJMMOの会員さんでMP講座も受講されてて昨年のコンファレンスでも社労士さんむけの発表をして頂きました。CTPTマーケティングにも精通してて「マーケティング社労士を目指す」と言っておわれましたから、まさにそうした方向で活動を活発化されてますね。

今後、さらに発展されることでしょう。

関根眞一さんは、知る人ぞ知る「クレーム対応」の専門家。この分野のナンバーワンです。彼の書は企業のクレーム担当者のバイブルとして扱われてますね。

なにしろ彼の引き出しのなかには、クレーム事例とその対応の実例がじつに膨大にありますから、これが参考にならないわけはありません。

事例、ケーススタディほど現実に役立つものはありませんね。クレームはさらに厳しい時代をむかえるでしょうから、関根さんの存在感はさらに増すことになります。

ひさびさに3人の方々のことをなつかしく思い起こしました。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書籍の謹呈を多々頂戴しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/628

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年8月29日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひさしぶりの靖国神社」です。

次のブログ記事は「時間のスキマで整備したコックピットデスクが8割方完成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。