ひさびさにフレンチ料理を……

■ひさびさにフレンチを……

1300福岡空港発のJALで東京にもどり、書斎にもどって着替えて事務所に到着したのは、1600ごろ。

雑務処理などをしていると、もう次のスケジュールに……

というわけで出かけたのが、とあるファッション会社からの招待で、フレンチを頂戴することに。

なにしろ私は、twitterのプロフィールにあるように渋谷の浮浪者風

それが代官山のフレンチのお店、La Maison Paul Bocuse(メゾン・ポールボキューズ)。出てきたのは、

・鴨フォアグラのソテー、ジャガイモのゴーフレット添え

・モリーユ茸のムースリーヌ グリーンアスパラ添え

・セップ茸のクルートをのせた牛フィレ肉のロースト

ってな感じでしたね。もちろんさらにあって最後はデザート。

牛フィレに、彩のように、赤ワインソースをあしらった、ほうれん草の若葉添え は、ちょっと参考になりましたね。

 

それにしても、渋谷の浮浪者風の私ですから、高級シャンパンをふるまってもらえるのに「ビール」といって顰蹙(ひんしゅく)をかい、白ワインよりも、「芋焼酎を生で……」と言ってしまいそうな私がいましたが、セレブばかりが揃っているなかに、どうみても店のなかに不似合いな客がひとりいた……って感じでしょうね。

それにしてもフレンチは、いったい何年ぶりかな……って感じですね。フレンチ風の和食……ってのは、年に何回かはあるかも……

美味しく頂戴して、終わるころには申し訳ないことに……

「ああ、鍋が食べたい!」

と思ってしまう私がいました。(ご招待頂いてたいへん失礼…もうこれで次のご招待はありませんね…)

29日は、昭和天皇誕生日。自前で鍋を食べるか……

それと30日(金)は、スタッフが書斎に集まってくるので、「なに鍋」にするかな……それより、温かくなってるから、鍋よりも他のものを食べたいかもしれないな……

なんて、思いながら自宅に帰って、爆睡。

twitterをはじめて8日目、半日くらい見てない私でした。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひさびさにフレンチ料理を……

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/579

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年4月29日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雑誌の整理!?」です。

次のブログ記事は「雑誌整理法へのご質問へ、ちょっと解説です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。