博多は、やはり「水炊き」

2010.0319ahcMP04.jpg

■博多は、やはり「水炊き」ですね……

19日(金)は、広島で午前、ちょっと仕事の打合せをすると、そのまま博多へ、博多では、超・企画のブログにあるように、アソウ・ヒューマニーセンター(AHC)の増販情報センターの起ちあげと、MP講座のキックオフにおじゃましました。

で、終わって社長(中島彰氏/写真・私の前席)をはじめスタッフの皆さんと、水炊き「いろは」へ……

中島社長とは20年以上に付き合いで、しかも最初に講演におじゃましたときに、連れてってもらったのが、この水炊き「いろは」……以来、このいろはには、いったい何度来たことか……

もっとも最初に連れてってもらったのは、中洲の川沿いにあったとき。

 

2010.0319ahcMP03.jpgこれがまた薄汚い店で、あの薄汚さが、じつは大好きだったのですがね。いまは、なにやら美しくなりすぎてしまってて、ちょっと不満ですが……。

どんな風に薄汚れてたかというと、同じテーブルがない。サイズ違い、高さ違いの、お世辞にもいまどきの飲食店のテーブルとはいえないようなものが、乱雑にならび、テーブルトップの板がはげてるようなシロモノ…

たたみ敷きですが、たたみ表は、もちろんはがれてる。お客が込んでくると、後ろのお客さんと背中がぶつかる。

ま、そんな店でしたが、そこで食べる水炊きはサイコーでした。

なんか、いまはちょっと上品になってしまって、少し気が抜けた感じもしますが、とはいえ、いろはの「水炊き」です。

堪能しました。

AHCのMP講座、けっこうブレイクするでしょうね。

 

さてさて、いまブログアップしてるのは20日(土)の早朝ですが、もう少しすると、博多駅に出かけ、そのまま姫路へ……で、関西MPも成果発表会に向かいます。

これがまた楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 博多は、やはり「水炊き」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/562

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年3月20日 06:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広尾の有機野菜の割烹『山藤』に行ってきました」です。

次のブログ記事は「広島MP講座、佳境に!……で、懇親会は大ブレーク!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。