鯛しゃぶ鍋……う~ん、ライバルか……

2010.0301garari01.jpg

■鯛しゃぶ鍋……う~ん、ライバルか……

先週は、月火水とセミナー、講演。木曜日は一服したものの、(そうでもないか…)

26日(金曜日)は、1時間だけでしたが、地場建設業活性化機構に出番があってちょっとお話。さらに27日(土曜日)は、朝1000からMP講座。28日(日曜日)は『企画料ゼミ』ってのがあって、ほとんどセミナーと講演の週でした。

3月1日(月)は、いろいろドタバタしたものの、夕刻になって、外苑前にある、ちょっと隠れ家風の創作料理のお店『がらり』に出かけて、お客様と懇談のひととき……メニューに『鯛しゃぶ』が……

おっ……! と驚きました。

 

2010.0301garari02.jpg

私の鯛鍋のライバルが……

と、思いながら注文すると薄く透明な昆布出汁の鍋が出てきました。さすがに美しい……鯛は、淡路産ですね。私が使っているのもたいがい鳴門か、瀬戸内産のものが多いですね。

さてさて、こちらは『鯛しゃぶ』、私のは『鯛鍋』(写真下)ですからね。よく考えてみれば、しゃぶしゃぶと鍋では、かなり違いますよね。

それにしても、昆布出汁の透明なプレゼンテーションと、そこに薄造り風の鯛を沈めるのは様式美を感じましたね。

美しい。

 

2008.1222tainabe04.jpg食べながら、この鍋にもっとも合う器は、なにがいいんだろう……なんて考えながら頂戴しました。

それに比べると、私の鯛鍋は、やはりちょっと男の乱暴な料理……って感じですよね。

料理は企画……もっとおもてなし方を真剣に考えたレイアウトにしないと……と反省しきりの夜でした。

 

 

 

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鯛しゃぶ鍋……う~ん、ライバルか……

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/556

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年3月 2日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「両国あたりにブラリと……」です。

次のブログ記事は「広尾の有機野菜の割烹『山藤』に行ってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。