世界にはばたくアルケッチャーノ

2009.1227alchecciano033.jpg
世界にはばたくアルケッチャーノ

昨年12月27日(日)には、山形県の日本海に面した庄内地方の鶴岡にいってきましたが、アルケッチャーノに行くのが目的。

このアルケッチャーノは、いま、世界が注目するイタリアンレストランなのです。ツーショットの写真は、私とアルケッチャーノのオーナーシェフの奥田政行さん。

奥田さんはイタリアの(いや世界の)スローフード界で、知らない人はいないという方ですね。なにしろイタリアから成田に飛んで、羽田から庄内空港に飛び、このアルケッチャーノのくるイタリアのレストラン関係者がいるくらいですからね。

世界のシェフの100人にも選ばれている、この奥田さんのメニューは、イタリアン風なのだけれども、和食風でもあります。

 

2009.1227alchecciano01.jpg
それは、この庄内地域で、かつお店から30km圏内から採れた食材しか使わないというコンセプトでメニューは提供されています。

いわゆる地産地消の典型的なレストラン。

2枚目の写真は、左がイルケッチャーノで、関連商品を販売しているお店とリーズナブルなメニューを出しているお店で、右は、レストラン・アルケッチャーノです。

ところでアルケッチャーノは、別段、イタリア語ではなく、庄内地方の言葉で「そこにあるから…」ってな意味らしいですね。ようはすばらし食材が近辺にある。地産地消ならではの造語だそうです。

 

2009.1227alchecciano02.jpg
 さてさて、ここで12月27日(日)におじゃましたのですが、なんと1145から1530ごろまで3時間以上のランチを楽しみました

3時間以上のランチなんて、イタリア、スペインなどヨーロッパに行ったときにも、せいぜい2時間くらい。

私の一生のなかで、もっとも長いランチでした。そしてじつに楽しく、美味しいランチでしたね。

 

なんと15品目くらいのメニューを頂戴しましたが、その内容はこの次に……

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界にはばたくアルケッチャーノ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/539

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2010年1月 7日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さあ、新年会です」です。

次のブログ記事は「世界に羽ばたくアルケッチャーノ…第2弾!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。