「踊り」のある光景

2009.1101kintanaka01.jpg

■「踊り」のある光景

世の中、3連休ですが、私は例によって毎日仕事です。

今週、明日(4日)からは、大阪→広島→福岡と移動し、土曜日には、まだ確定しないものの、福岡→広島→大阪→東京……と深夜に帰宅予定で、まずは、これが手はじめ……

その後はまた転々と各地を移動することに……

今月、後半は地獄の出張……ってな感じですが、したがって各地でのセミナーほかの準備もあって、とても休みはとれません。

2009.1101kintanaka02.jpgとはいえ、ひとときのお休み……ってわけで、1日(日曜日)は、踊りの発表会などに出かけてきました。

行ったところは、かの有名な新橋の料亭「金田中」です。

場所は、新橋演舞場のすぐ近くですね。そういえば、6月頃に演舞場に「東をどり」を観に来て、ちょっとブログアップしましたが……

江戸時代からの花町ですから、江戸からあったのかと思うと、金田中は大正くらいかららしいですね。しかしここには政財界の大物や海外からも人が来るというところですからね。

 

2009.1101kintanaka06.jpg新橋の金田中に行く……ってのも、かなりキンチョーします。

で、お誘い頂いたのは、頭髪のない私のアタマをコントロールして頂いている美容室のセンセー(最初の写真)です。

私はお寺に生まれたのですが、そこでもよく近所の人が集まって来て練習風景を見て、京都では友人が西川流の名取の女性と結婚したりしてて、これも発表会を何度か見たりしてましたが、なかなか風雅ですね。

忙しい仕事の合間に、風雅なひととき……センセーには、素敵な時間を頂戴しました。

金屏風を背景に、静かにすすむ踊りは、ほとんど西洋もどきになってしまっている日本の最近の光景とは、かなり違って不思議な緊張感がありましたね。

ところで最近の若い人は、こういう和を、日本と感じるのか、エスニックに感じるのか、ちょっと気になったりしました。

2009.1101kintanaka03.jpgそれにしてもセンセーは、上手かった!

2番目の写真は、センセーの踊りのセンセーで、最後にご登場されましたから、これはもちろんスキがない。私の美容室のセンセーは、最後から2番目ですから、武道で言うと、副将格ですね。

踊りでは、なんというのでしょうか?

ま、とにかく踊りに詳しいわけではありませんが、立ち居振る舞いを見ていれば、それは多少はわかりますからね。

1時間で8人の人が舞い、あっという間の時間でした。

3枚目の写真は、登場された皆さんです。

事後は、お食事を皆さんと囲んで、同じテーブルにはすばらしい人達が着席されてて、楽しい談笑ができました。

2009.1101kintanaka044.jpg食事もなかなかで、踊りも「和」、食事も「和」のコースで、忙しい合間のすばらしいひとときでした。

 
また、明日から大車輪で仕事モードです。
 
 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「踊り」のある光景

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/515

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年11月 3日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風一過とひさびさの富士山」です。

次のブログ記事は「またまた書棚などを手作りで…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。