仙台の「岩松」……なんと幸せな味覚!

2009.0916iwamatsu01.jpg

■絶品!……仙台の「岩松」

昨秋から「地場建設業活性化機構」の起ち上げで、全国あちこち出かけていますが、先週は、博多、大阪と動き、今週は15日(火)には名古屋で朝でかけて深夜帰宅、16日(水)の昨日は、早朝に仙台に向かい、数件、経営者の方々とお会いしたのですが、最後は……

なんと、すばらしいご褒美が待ってました。

仙台の、美味しい店というので、入ってみると入口はイマイチ、店内に入ると、単なるさびれたカウンターの居酒屋……東京は新宿の小便横丁風ですよ……「これって、マジ美味いの?」……心配が先に立ちます。

ところがです。

2009.0916iwamatsu02.jpg出てくるものは高級料亭風なのです。

お通し(写真上)に出てきたものは、「ひらめの縁側」をちょっとキムチで味をととのえたもの(写真上、方形器の左上)。時計廻りに「あん肝」、そして「氷頭ナマスとふかひれ」……いずれも絶品です。

左のお椀には高野豆腐と筍の繊細なお吸い物。

今週、なんの仕事をしてきたのか、忘れてしまったひととき。

もっと絶品だったのが、「さんま」の刺身

写真左は刺身の盛り合わせですが、くじら、まぐろ、赤貝、ほっき貝、さば、さんま……と並んでいたのですが、さんまの刺身には、さんまの内臓をたたいて加工したタレが……これにひたしたサンマはサイコーの絶品でした。

料理は企画ですね~~~ホントに~~~

サバも金華サバといって、関サバより美味いと評判の仙台は金華山沖のサバの味も、絶品サンマの刺身に負けてしまってましたが、今度は別に食べてみないと……

この季節、美味しいのは知ってて食べてるサンマの刺身……

 

2009.0916iwamatsu03.jpgサンマの刺身が、こんなに美味しいとは……東京で美味しいと思っていた、その何倍なのか……レベルの違う味はついぞ知らなかった!

東京のあちこちの板さんにクレームを言いたくなる一品でした。

仙台といえばタン(牛タン)。丸ごとドンと焼く店は見たことありませんが、そんな調子でダイナミックにステーキ風に焼いかれ、スライスして出てきましたが、これもすごく美味しい。

さらに金目鯛の煮付け。

 

2009.0916iwamatsu04.jpgこれも大根との炊き合わせが最高でしたね。

これからの時代。企画にはサイコーの美意識が求められますからね。仙台でイベントを設定してときには、スタッフも連れてきて食べさせなくっちゃ……そう思った次第でした。

とはいえ、東京からも続々とお忍びで来る有名人も多いらしく、入れるのかどうか、ちょっと心配ですが……

 

2週間の地方出張の最後に、こんな絶品が用意されていたのは、たいへん幸せでした。で、東京に帰宅して爆睡!

 

阿部社長ご夫妻、ほんとうにありがとうございました。

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台の「岩松」……なんと幸せな味覚!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/494

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年9月17日 08:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美意識抜群の和風フレンチが…」です。

次のブログ記事は「知覧……第2次大戦末期の特攻隊基地……感動ものです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。