レッドクリフ・PartⅡをみてきました

2009.0509hjujisan01.jpg■レッドクリフ・PartⅡをみてきました

今朝は、ややもやがかかっているものの、昨日の雨がちな空とは異なり、富士山も見える、いい天気ですね。今日は少し気温があがりそうな予報ですが……

ところでちょっと合間の時間を見つけて、渋谷の街に……

レッドクリフPartⅠは、昨年末に見たので、やはり続きが観たい……ってわけで観てきました。

 

2009.0509redcriff01.jpg昨年12月にパート1を観たおりに、パート2は、4月に……って前宣伝を見せられて、「おいおい続編は4月かよ……長く待たせるなぁ……」と思った記憶があるのですが、4月はあっという間に来てしまいました。

ときの経つのは早いですね。

そのパート2・大半は、過激な戦闘シーンで、まあ確かに迫力はあったのですが、ちょっと食傷気味なくらいの戦闘シーンでしたね。

ちょっと大味な印象でしたね。

■日本の成立とも関係するか?…レッドクリフの時代

ところで、魏・呉・蜀、そして曹操・孫権・劉備の三国志の時代(180~280)は、1800年ほど前の話ですが、このころの日本は、弥生時代の終わりごろですね(弥生時代:BC10世紀ごろ~3世紀ごろ)

日本人のルーツといわれるバイカル湖周辺のツングース系の民族がマンモスを追って氷河時代に南下し、日本に定住して縄文人になったといわれてますが、縄文文化は、青森の「三内丸山遺跡」などに代表される周辺にドングリの森を育成し、ドングリを主食とし、ドングリが収穫できなくなるとドングリの木を住宅の木材に使用していたらしい、なかなかエコな循環社会をつくってたらしいですね。

2009.0509redcriff02.jpgで、こうした縄文文化圏に、大陸や朝鮮半島から米作をもって入って来たのが弥生文化といわれてますね。

レッドクリフの時代、いわば戦乱の混乱期ですから、大陸から、かなり難民が日本に来たらしい。この時期の縄文人の埋葬された頭蓋骨などに、それまでにはない、大きな穴が開いているものもあって、これはどうやら武器によるものらしい。

縄文人は、そうとうに殺された……武器や持ち込まれた疫病で……で、縄文人はこの時期から相当に減ったらしい。

混乱する大陸から大量の難民が武器を持って縄文社会に侵入してきた結果が、弥生社会の成立に影響しているのかもしれませんね。

ミトコンドリアDNA塩基配列で縄文人と弥生人のDNAを測定すると、東北や沖縄では、圧倒的に縄文人。しかし九州北部や近畿では、弥生人が半分くらい。で、中国山東半島や朝鮮半島のDNAと類似しているらしいですからね。

ま、科学者や考古学者ではないので、なんともぼんやりと類推するしかありませんが、レッドクリフを見ながら、大陸や北朝鮮で、なにかあると、いったいどれくらいの難民が日本になだれ込んでくるのだろうか……ぶっそうな武器なんかを携えて……ついでに疫病も持って(新型のインフルエンザも猛威をふるってますが……)、なんて考えてると背筋が寒くなりましたが……

 

 

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: レッドクリフ・PartⅡをみてきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/420

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年5月 9日 09:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自作の棚&デスク02(写真版)」です。

次のブログ記事は「■MP17期・成果発表大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。