自作の棚&デスク02(写真版)

 
2009.0508tana01.jpg

■自作の棚&デスクづくり(写真版)

さて、前日ブログアップした棚&デスクづくりですが、今日は写真でお見せします。

狭いスペースにセットアップしているので、前日の立面図と合わせてみてください。

写真だとどうにもヒン曲がってしまいます…

①安定棚は、左サイドにとりつけるものですが、ここに2枚あるのは、別の部屋も同時進行しているのでね。ひとまず、1つ使います。

②は、棚板の側板にネジ止めして固定した安定棚です。棚のほうには棚板をのせてフラットにするところですね。

④は右端棚(H2200mm)と思いっきり長い棚をセットアップします。で、正面棚の右サイドの空間をうけるように⑤⑥でネジ止めして固定します。

⑦で、デスク用の天板をとりつけてます。天板はじつは、ガラクタです(⑱へ)

2009.0508tana03.jpg⑧⑨で、天板がセットアップしたところ。

狭い空間を写真撮影しているためにヘンですが、これって左右の棚&デスクがあらかた完成したところですね。

まっすぐ一連の棚&デスクですから、そんな意識で見てください。

写真では、これで完成した雰囲気ですが、棚板とデスク天板は、別物なので微妙にフラットではありません。

そんなこともあって、段ボールでデスクトップをつくることにします。

2009.0508tana04.jpg⑩黒段ボールを所定のサイズにカットし、

⑪必要数だけカットして

⑫デスクトップにセットしますが、上手に部分的にカットしながら差し込むように段ボールを載せていきます。

⑬デスクトップ前面にセットアップし、微妙な調整をしながら、ま、だいだいいいかっ……っという状況にします。

で、細かいところを調整して小きれいにし、

2009.0508tana05.jpg⑮さらに段ボールのつなぎ部分は製本テープを貼りこみます。

こんな調子で、黒いテーブルトップができました。黒段ボールでテーブルトップをセットするのは、かれこれ20年近い習慣。

昔は、こうして段ボールがマウスパッドの役割も果たしてなかなかよかったのですが、いまのマウスはパッド不要ですがね。

いずれにしても、棚、デスク、テーブルは、ガラクタで制作して上に黒段ボールを置くというスタイルは昔から変わりません。

2009.0508tana06.jpg他のいろいろなメリットは、ここでは省きましょうね。

⑯⑰は、そんなわけで、⑧⑨のメープルの板の上は黒くセットアップされて、ちょっと古いPCなどものせてます。

夏休みの期間くらいに、この古いPCを動かして、いろいろ作業をする予定にしてます。

また、ちょっと緊急に手伝ってもらう方の作業テーブルもできたので、仕事が増えてもいろいろ対応できるというわけですね。

ま、どうなりますか……

 

さて、完成しましたが、ちょっと妙な工夫を紹介しましょう。

⑱天板は、市販の棚の側板ですが、これはじつのところ⑦~⑨のデスクの天板に使って2009.0508tana07.jpgるのです。

ガラクタでもなんでも私の書斎では使えるものに化けますからね。

⑲は、高い右端棚のトップにアジャスターをつけてて、これで天井まで突っ張っていちおう安全確保です。

⑳は、この右端棚の足元ですが、下30cmくらいは、側板がありません。これは部屋角のコンセントユニットが自由に使えるようにしてあるわけですね。

側板は⑥棚とネジ止めしてますから、下の側板がなくても安全ですね。

こうした工夫をしておかないと、便利な空間は不便になりますからね。

古いPCデスクや、ガラクタを組み立ててる光景は、以下を参照してください。

古~い、私の自作デスク

小さくていいから書斎がほしい!……って人のために

「グーグルを超える…」スペースを作る

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自作の棚&デスク02(写真版)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/419

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年5月 8日 07:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自作の棚&デスク01」です。

次のブログ記事は「レッドクリフ・PartⅡをみてきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。