能面が書斎に……

noomote03.jpg
■能面が書斎に……

書斎には、いっさい装飾などなかったのですが、

「イマイチ…」とご心配になった方から、「能面」をプレゼントして頂きました。そこで来客された方が見える箇所に……

確かに、なかなか引き締まった感じですか……

 

日本の代表的な伝統芸能である「能」

歌舞伎と並ぶ、日本の舞台芸術の双璧ですね。世界的にも有名ですが、案外日本人が知らない。

私も、あまり知りません。

実際の舞台もみたことはなく、戦国時代の最後の三大スター武将、

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康

の3傑のなかで織田信長がテレビドラマなどに登場すると「能」のシーンが登場しますね。彼が舞う幸若舞『敦盛』にある「人間50年」……

これが、あちこちに登場します。

 

noomote01.jpg

彼が戦国武将として当時の強豪・今川義元をわずか10分の一の兵力で一気に撃破し、鮮烈にデビューしますが、この『桶狭間の戦い』(1560年)の前にも、この「人間50年」を舞ったといわれてますね。

さて、この能面。

いろいろな種類があって、みなさんがよく知っているのは、きっと般若の顔をして「鬼面」でしょうね。

なにやらおっかない。

こちらは女性の面ですね。

上から見るのと、下から、正面から見るのと、なかなか違う表情になり、不思議な芸術品です。

こうした芸術品を飾ってるのに、『能』を知らないではマズイですね。

それにしても、日本の学校教育は、ピアノの伴奏でいろいろ唱歌を教え、情操教育ってわけでピアノ教室に行く。

伝統芸能は教えない。三味線も琴も、歌舞伎も能もほとんど触れることがないまま大人になる。

日本が日本である所以が、どこに行ってしまうのでしょうか。

……などと考えながら、今年は『能』の舞台も観劇しなければ……などと思った次第でした。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 能面が書斎に……

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/398

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年4月 3日 07:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本版ニューディール政策(8)…政府の成長戦略原案」です。

次のブログ記事は「1週間ぶりのホームパーティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。