『100事例集プレミアム』台湾版刊行決定

2009.0128kikakusho100.jpg■『100事例集プレミアム』台湾版刊行決定

先日、古い著作『企画書100事例集』(オーエス出版)が、再度、化粧直しをして『企画書100事例集プレミアム』(インデックス・コミュニケーションズ)として、登場しました。

というお知らせをしました。

最初の著作は1994年のことですから、今年は15年ぶりのデビューということです。これだけでも、ちょっとうれしい話しなのですが、昨日(31日)に、出版社の担当者の方から電話が入りました。

「台湾からオファーです。」

数社来ているといいますから、これはいいですね。即刻、台湾で翻訳本をすすめることに。

じつは、古い本は、中国語に翻訳されて海賊版で出回ってました。

大陸も含めて中国語圏で高額本として(確か日本円で当時1万円くらい)書店に並んでいたようです。

今回は、海賊版ではないので、まずはひと安心。

これで中国語に訳された私の監著本は12冊くらい?

ちょっと正確にはわかりませんが、海賊版の状況があまりよくわかってないので、こんな表現しかできません。

 

しばらく台湾に出かけていないことを思い出しましたが、ちょっとひさしぶりに台湾を訪問したくなりましたね。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『100事例集プレミアム』台湾版刊行決定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/396

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年4月 1日 08:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひさびさの「新聞の景品」」です。

次のブログ記事は「日本版ニューディール政策(8)…政府の成長戦略原案」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。