2009年4月アーカイブ

2009.0428kaisennabe.jpg■鍋談義で、次の事業を考える

世の中連休です。

こんな時は、仕事の仕込み時ですね。とはいえ28日は、朝からどたばた。早朝に起床して今日の段取りを考え、新事業のフレームを再び試行錯誤しながら、ブログアップ。

0900前には来客が……

もしかすると連休中に九州に飛ぶ必要があるかも……

1000には、打ち合わせが終わり、ちょっとデスクにむかうものの、

1030には、四谷の会計事務所を、ひさびさに訪問。ちょっとお互いに近況報告と情報交換。

1230には書斎に帰り、再びデスクに。

1400東急ハンズに行き、書斎のリフォームの関連部材を発注。で、夕方の来客に備えて東急フードショウで食材を買い込む。

3002yoru.jpgかなり東急に囲い込まれてるなあ~……なんて思う。まあ、渋谷に住んでりゃ、しょうがねぇか……

1420には、事務所にでかけて401k関連月例会に出席し、ちょっとレクチャー。みなさんはその後、懇親会に。

1700過ぎに、私は再び書斎にもどり、来客対応の準備。

本日は『海鮮鍋』ってことで、速攻で準備。

1830にはある社長とそのスタッフ3名の皆さんが到着。2030には、さらに女性社長がお1人加わって、2200過ぎまで鍋談義です。

いま進んでいるプロジェクトの話を、ちょっといろいろ聞きながら、新規のプロジェクトのフレームをつめてゆくことに。

あらかた私のイメージは固まってきましたね。

本日の2人の社長は、今月数回目かな?……この書斎で鍋をつつきながら、いろいろ話をしてますが、まあ、80パーセントは、仕事とは違う話をしてるかも……とはいえ、バカ話をしながら仕事のフレームをつくり、昼間に会って仕事をかためる……新規事業は、こうしたパターンのほうが、うまくまとまりますね。

私の企画は、ほとんど鍋談義が原点かもね。

 

 

2009.0426shosai01.jpg

■連休に突入!……で、お掃除デー

今年の連休は、メーカーのなかでは25日(土)から10日(日)までの、なんと16連休のケースもあるという……

厳しい経済情勢がつくったこの痛し痒しの連休。

私の連休は、やはりほとんど仕事になってしまいますが、快晴の日曜日・26日はお掃除デーに……

いままでは、私がせっせと土日あたりの時間のあるときに、お掃除してたのですが、やはり私の片手間ではイマイチの掃除の状況。主夫失格!

そんなこともあり、プロに頼むことに……

あちこちに見積りをとったものの、1回20万円の見積書をもらって、絶叫しそうになったりすることも……落ち着いたのは、ごくふつうの料金。

2009.0426shosai02.jpg

で、掃除機も買うことに……

それまではサッサなどで軽く掃除してたのですが、やはり掃除機もいるというわけで……掃除機を買いにいったものの、その機能のバリエーションの豊富さに驚きました……こんなにあるのか!

夜の通販で見かける高機能なものから、シンプルなものは、実に安価!

極限までに安い!

私の買ったのは、4000円くらい。メーカー名は知らない。

しかし使ってみるとそこそこ。

こうして日本のメーカーの製品は、徐々に駆逐されるのか……と自分の購買行動を見ながら……これが掃除機くらいから、そのうちに、薄型TVの買い替えで、「性能もそこそこで、日本製より格安じゃん!」とか、自動車でも買うことになって、「国産はいいが、中国製もかなりいい……」なんてな時代になると、いったい日本の産業構造は、どうなってしまうのか……

16連休のはじまりで、なにやら寂しい日本晴れの渋谷の空でした。

 

 

 

2009.0423kinsei01.jpg■京都『ぐりる金星』を堪能

京都は祇園の片隅にあるお店『ぐりる金星』

フレンチ割烹などと一般的に称する、和風割烹とフレンチ風のアレンジの絶妙な割烹料理。いやフレンチ。

聞いたことはありましたが、行くのははじめて……23日の夜におじゃましたのですが、頂戴したのは、すべておまかせの『おまかせコース』

小ぶりのアレンジされて、次々と出てくる和洋折衷。

素材が和で、ソースがちょっと和風のフレンチがかったソース。

いちいち説明していると1冊の本になるかもしれませんね。この金星のお料理は……というわけで、このブログでは、いちおうデジカメでとった写真を並べてみました。

2009.0423kinsei0999.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009.0423kinsei08.jpg上の7品というわけではなく10数品ほど出てきましたね。

すべてが上品な味のオンパレードです。

近々、関西の店がならぶという、ミシュランには、登場するか否か、気になるところですが、東京以上に関西には、美味しいお店があるのは、日本人なら誰でも知るところ。

どうなりますかね。

ちなみに、決して高くはありません。

もっとも居酒屋よりは、かなり高かったですが、その付加価値に支払うものとしては、まったく遜色のないすばらしいものでした。

 

 

2009.0423miyakohotel.jpg

 

2009.0423bukkoji.jpg
■京都を一望に

22日(水)には、大阪でのJMMO月例会が終わると、懇親会に出席しないまま、夕方には京都へ……

で、ひさびさに夜更しして迎えた23日(木)朝は、なかなかいい朝でした。ホテルから京都を見渡すと、一面の新緑。パノラマ状に画像を組み立てましたが、ちょっとドタバタでうまくセットアップされてませんが、ま、なんとかパノラマ状のつもりです。

京都は、もしかするともっともいい季節かもしれませんね。

東京と異なり、非常に緑が多く、改めて京都のよさを感じました。

さて23日は、午前中に京都の経営者の方とちょっと会い、午後イチには同志社大学に立ち寄る案件があって、烏丸今出川に。

2009.0423jinnrikisha.jpg同志社大学の南側は京都御所ですが、今日から一般公開ということで、なにやら周辺には観光客がたくさん。そして御所の新緑は、なかなか深々といい雰囲気でしたね。

同志社から再び都ホテルにもどり、すぐ近くの仏光寺(写真)に墓参に。ちょっと昔お世話になったのですが京都では、いや日本でも知らない人はいない経営者の方のお墓です。

その後、ちょっと京都観光気分で南禅寺周辺や哲学の道あたりに行ってみました。昔とはさまがわり、半分以上が欧米系の外国人観光客が散策してましたね。

昔は団体客がぞろぞろいたような記憶があるのですが……

で、南禅寺や哲学の道あたりでは、なかなか風情のある人力車が、あちこちで観光客を乗せて動いてました。

その後、再び別の経営者の方と、ちょっと夕食に。

京都は、学生時代をすごし、さらに30代では非常に大型のプロジェクト『京阪奈文化学術研究都市』を京都府からプロジェクトリーダーをまかされて、手がけるなど、いろいろハードな仕事をしたことがあるので、ちょっと懐かしい感じでした。

24日(金)には、朝イチの新幹線で、0900前には書斎にもどって、またまた東京で本日はドタバタです。

 

 

 

 

 

2009.0422京都.jpg

■ひさびさに京都へ

22日(水)は、ひさびさに京都に出かけることに。

以前に私の書斎に昔の同好会(クラブ)の仲間が集まった際に、

「次は京都で同窓会をやろう……」ということになって、22日は京都に行くことに。

例によって私はビンボー症なので、大阪でJMMOの月例会がある日に設定することにしました。

1207品川発で新幹線に乗ると、隣には知人が……びっくり!……で、新幹線中で仕事をするはずが、新大阪までいろいろビジネスやら諸々話しをして、仕事はアウト。じつは、かなりマズい!。

直近のプロジェクト準備が伸びでしまいました。

2009.0422京都02.jpg1540ごろに新大阪着。新大阪付近の会場に出席。1600ごろからボクの出番で1800で終了。新幹線にとびのって1845ぴったりに四条河原町の高島屋前の集合場所に到着。そのまま四条を鴨川を渡ったあたりのお店に出かけ、昔話に花がさいていました。

上場企業の役員や重要ポストについているオッサンたちが、話しをしているのは昔ばなしばかりで、私の忘れている昔の私のことを話す記憶力には、ちょっとまいりましたが、おぼろげに昔のことを思い出して苦笑!

それにしても、京都でやろうというのは、京都の人が集まりやすいだろうということで、集まったものの東京で会える人ばかりが集まり、なんのことはない。東京でしててもいいのではという集まりになってしまいました。

 

2009.0422京都03.jpgその後、ハシゴを2件しておひらきに。

都ホテルに帰りついたのは1230ごろか……

珍しい夜更かしで、たぶん今年の新記録かも……

もちろんそのまま爆睡でしたね。

都ホテルは、いまは『ウェスティン都ホテル』と名前を変え、なにやら雰囲気も昔とは違う趣に……

ま、夜もふけて帰ってきたので、記憶もイマイチですが。

ひさびさの京都の夜でした。

 

 

 

 

 

 

 
 

2009.0419otatesennsei02.jpg

■19日(日曜日)は、『鯛鍋』送別会でした

中央にお座りの方は、関西の宗教界の重鎮ですが、この方が東京に毎月来られるときに、しばしば会ってたのですが、ちょっと今年度からお運びになれない……

というわけで、渋谷界隈の先生を知る人たちが私の書斎に集まって送別会ということに……

私は、例によって料理人。鯛鍋を用意することにしましたが、人数が多いので鍋は2台。鯛は大ぶりのが送られてきたので、一安心ですが、万が一のために、他のストックも用意。

レシピは、前回アップした私流の常夜鍋の豚肉が鯛に変わっただけと考えてもらっていいですね。違うのは、鯛のかしらを1尾分、出汁用に使いましたね。

 

2009.0419otatesennsei01.jpg■1週間エサをやらず、身を締めて直送されてきます

この徳島から送られて来る『大鳴海鯛』は、発送前の1週間、エサをやらないで身を締めて送られて来ます。ちゃんと3枚におろしフィレになって、カシラもついて届きます。

身は締まり、脂が抜群。じつに贅沢な味になりますね。サイコーです。

というわけで、大半が女性(美女のみ)だったのですが、食べるわ食べるわ……予定よりも、かなり大量に食材が消費されてゆきましたね。彼女たち、この日はダイエットには、かなり無関心な夜だったようです。

徳島は、ココア堂の立川さんからのお話だと、私は、この鯛の関東でのロイヤルカスタマーだそうです。

今月ももう1回、鯛鍋の予定があり、直送されてきます。

地方の物産には、非常にいいものがあり、直販ルートをつくれば、さらにいい状態での需要が見込めますね。調理法も含めて都市に情報を送れば、地方の活性化と直結するのに、ちょっともったいないですね。

 

jyoyanabe01.jpg

■最近の常夜鍋

常夜鍋は、何度か紹介していますが、作っているうちにどんどんオリジナルスタイルになってしまってて「これで常夜鍋かよ…」ってカンジ。

常夜鍋の由来は、毎日食べても飽きない…ってところからきていて、基本は豚肉とほうれん草ですね。出汁は昆布出汁などが多く、だいこんおろしをたっぷり入れるケースもあるようですが、以下は最近のわたし流。

さて以下は約4人前のレシピですが、

左の写真のように根生姜(半分~ワンパック)千切り

ゴボウをちょっと大き目の笹がきに(適量)

ニンジンも同上か短冊切り(適量)

しいたけを、適当に短冊切り(または、まいたけ)

こうした根菜類を中心に炊き込んで出汁にします。

jyoyanabe02.jpgちなみに切るのはほどんどマシンか簡易型のカッターを使って時間を徹底セーブしてます。

そして左写真のように、水を入れてぐつぐつしはじめるとお酒を適量入れます。醤油や昆布、かつおといった定番を使いません。

根菜が出汁をつくり出します。さらに甘みが欲しいときには玉葱をかなりぶち込みますね。

で、あとはこの上で、ほうれん草と豚肉を浸すようにのせて、豚肉がしっかり熱がとおるとほうれん草をからめて食べます。

とり皿にはポン酢でゆず胡椒ですね。

これがけっこうベースになっていて、醤油や昆布、かつおといった出汁の定番がないというやりかたは例がないようです。

ま、美味しけりゃいいですね。

 

jyoyanabe04.jpgjyoyanabe03.jpg今日(19日、日曜日)には、10人くらいの人が集まってきますが『鯛鍋』です。しかしベースは、この常夜鍋とほぼ同じですね。鯛の頭を出汁にするくらいが違うのかな。

というわけで、そろそろ準備にとりかからないと来客が来る状況でしょうか……

しかも小料理屋をしているご夫婦も…

 
 

 

 

 
 
 

cabin01.jpg

■珍しいマシンが……

珍しいマシンが出てきました。

というより保存してあったのですが、これはみなさん、なんのマシンでしょうか?……わかりますか?

正面中央にはレンズが突き出ていて、左側には、なにか長方形のボックスが出入りするようになっています。

若い人には、まったくわからないのでは。

じつはこれ、スライドビュアーなのです。つまりはスライドショーをするマシン。日本語では、これ『幻灯機』と呼んでいました

ふる~~('~`;)

幻灯機は、おそらく死語ですよね。

cabin02.jpgスライドビュアーでスライドショーをするといっても、かなりの人はデジカメで取り込んだ写真をスライドショーでみることをイメージするか、またはそのパソコン画面をプロジェクターで投影することを意味するはずですね。

さて、左の写真は、文字通り「スライド」です。

これはポジフィルムを厚紙ではさみ、ひとコマずつスライドにしたもので、これを、前の写真の長方形の箱に1枚づつ収めて、これを順次、写していくマシンなのですね。

これって30年くらい前に買ったと思いますが、キャビン工業製ですね。

20代のころヨーロッパを半年ばかり遊んでたころのデータが、すべてこのポジフィルムなので、結局、捨てられないままマシンも含めて保存してるような次第ですが、おりに触れて出てきたものを見ると時代の変遷を感じますね。

 

 

 

 

 

 

teigakukyuuhukin01.jpg

■定額給付金が、やっと来ましたが……

ほとんど忘れかけているころですが……

昨日(16日)に習慣的に開けてみる郵便ポストのなかに、『定額給付金のご案内』ってのが入っていました。

昨年から高額所得者には出すの出さないの、返上するの返上しないの……麻生総理も原質をとられたり、回答が紆余曲折したり……

いろいろ物議をかもしていた定額給付金ですが、たぶん、いまごろもらった人は、……そう言えば……といった話でしょうね。

で、手続きがけっこう面倒。

ま、なんでもいいですが私には、12000円という数字がプリントされて到着しました。子沢山の人で大家族だと、10万円、20万円になるようですteigakukyuuhukin02.JPGが、景気底上げになるのでしょうか?

これに対して、今年の1月18日に発行した台湾の給付金(日本円で、1万円相当)は対照的でした。

日本の給付金は、現金が銀行口座に振込まれる方式です。

一方、台湾のケースは、『消費券』と称する金券です。チケット方式で、さらによくできていたのは、期限付きです。

商店の販促を実施する際に、クーポンを提供して利用期限をつけるかつけないかで、かなりの効果が違いますね。仕事がら、かけこみ需要などを、何度もみたことがありますから……

期限があると期限までに消費しますからね。

台湾では、百貨店や商店で1割近く売上増になるなど、全国的に歓迎されていました。GDPの押し上げも当初は0.66%くらいの観測だったものが、1%はあるのではとも言われているほど、効果がありました。

さて、日本では、どうなるのでしょうね。

 

 

 

nbc.yamayuri01.jpg

■NBCの朝食会にひさびさに出席

4月16日(木)0730から始まるNBC(関東ニュービジネス協議会)の朝食会に、出かけてきました。朝食会にでかけるのは、ひさびさ。

ゲストスピーカーは株式会社メイン山尾百合子社長。

山尾さん(通称やまゆり)は、私の書斎にもよく登場頂いてる社長なのですが、すごい女性社長さんという以外は、よく考えると事業の内容をよく知らないまま、おつきあいしてましたから、この朝食会はありがたい。

というわけで、朝食会に出かけました。

もともと、やまゆり姉さんは、「青い三角定規」という双子の兄弟と、やまゆり姉さん(当時は高校生)のユニットでアイドルだった!

 

2008.1029nbc3002.jpgで、かのタレント高校の堀越学園では、郷ひろみ、野口五郎、石川さゆり、などと同級生だったらしい……ってな話は聞いてて、高校卒業後には芸能界を退き、仕事は、なにか人材派遣をしているとか……ってくらいでしたから、私も大変失礼な話ですね。

なんせ、飲み友達ってわけですから。

下の写真は、私の書斎でやっているホームパーティ(左奥が山尾さん)

そういえば、ここにおそろいの経営者の皆さんや他の鍋パーティに集まって来る社長のことも、じつは、あまりよく知らないかも……

起業から現在まで20数年間の仕事の変遷や内容やご苦労をいろいろ話て頂いて山尾社長のことが、かなり理解できました。もっと他の経営者の皆さんの話も、しっかり聞きたいな……と、つくづく思いました。

ぜひ、みなさん、メインのホームページをのぞいて、そのご活躍ぶりをご覧になってくださいね。

 
2009.0412blueman03.jpg

■ブルーマンを観てきました

ブルーマン。

かなりの人が見たことはなくても知っているんではありません?

たまたまチケットをもらったので、六本木のブルーマングループinTOKYOに行くことにしました。なんとブルーマンは世界に東京だけに専用劇場があって、インボイス劇場ってのがあるのです。

専用劇場があるとはビックリです。インボイスの社長、何度か会ったことがありますが、こんなことをやっているとは!

 

2009.0412blueman01.jpgなんせ、内部でカメラは厳禁ですから、いちおう外の雰囲気を撮影。

上から、ブルーマンの壁貼りのスナップ

2番目は、バックバンドのメンバー、3番目は劇場の外観です。

ブルーマンの演技というかパフォーマンスは、ブルーにペイントした顔の3人が、まったく無言で表情はかわらず、いろいろなシーンを演出していきますが、笑いを誘い、オーディエンスはけっこう笑ってましたね。

さらには、ときおりそのオーディエンスを舞台にのせて参加させ、演出に意外性も多い、楽しいひとときでした。

なかなか企画されたシナリオですね。

なにしろ、話すシーンはまったくありません。

言葉ではなくパフォーマンスだけですから世界中に通用しますね。

 

2009.0412blueman02.jpgちょっと日本にはないショーですね。

顔をブルーに塗ってる素材は、いったいなんだろう。まさかペンキじゃないでしょうからね。身体にリスクをかけないものとして、どんな素材があるのかな……なんて、えらく心配してしまいました。

びっしり塗ってますから皮膚呼吸もさえぎる可能性がありますから大変な仕事ですよ、これは。

最後にブルーマン3人は、劇場の外にでて希望する人に記念撮影などに応じてましたから、なかなかサービス精神が旺盛。

ちょっと感心してしまいましたね。

 

 

 
 

2009.0412raotan.jpg■暑~い日に、老湯火鍋房にでかける

11日(土)は、朝からけっこうな暑さ。このところほとんど夏日の雰囲気で24度、25度くらいの暑さ。

私のように暑さに弱い人間にはたまりません。数日前の寒さから一に夏日ですからね。なにか夏バテでもしそうな感じです。

早朝から原稿他に格闘し、昼過ぎ1415くらいに事務所に出かけて昨日から増販情報センターの発足準備をしている会計事務所の方のオープンへ向けての企画の発表をうけて、私がアドバイスをする役割。

1515くらいに終了し、書斎に戻り雑事をすませるともう1700すぎ。

1730には、渋谷にでかけて、マークシティの裏側あたりのちょっとこみいった場所に……早めの夕食と同時に、出版関連の打ち合わせ。

raoshop.jpg新しい出版物をどうするか……ま、いろいろ。

行った先は『老湯火鍋房(らおたんひなべぼう)』。

けっこう気に入っていて、毎月2、3回使ってますが、中国東北の内陸部あたりの熱い鍋ですが、これが夏でも人気。

何度かこのブログ中でも紹介してますね。

2008年12月5日『PHP講座、着々第3回へ』

2008年9月10日『またまた火鍋!』

ラーメンむつみ屋のハートランドグループが経営している鍋屋ですが、夏でもかなり人気で、もちろん私もしばしば出没。

鍋は中央のS字で分割されて10数種類のスパイスが入っており、これが甘口と辛口の2種類の鍋に。で、これにラムなどの肉や各種の野菜を放り込んで楽しむというもの。

出版の打ち合わせは、そこそこに、ひたすら堪能してました。

 

 

hanabatake012.jpg■オープンした花畑牧場に行列が……

たまたま南青山はベルコモンズあたりの交差点にいると、なぜか不似合いな女子高生風の女の子たちがぞろぞろ……

なんだろうと、その先を見ると、あるお店に長蛇の行列が……昨日(9日)の午後5時ごろのことです。

デジカメを持ってなくて古いケータイのカメラで撮りましたから、ちょっと画像は悪くて失礼しますが。

このお店、タレント田中義剛さんの生キャラメルが大ヒットしている『花畑牧場』が、東京・青山進出をし、8日にオープン。翌日の9日も、女の子がこの長蛇の列をつくっているのです。

昨日(8日)の行列はもっとすごかったのかな。

アイスクリームにホットキャラメルのソースをかけるという、不思議なアイスが人気だそうですが、さすがに私は食べてませんが……

それよりも……

この花畑牧場、あの財政破綻の夕張市に200人の工場を新設し、20日から稼動とか……

40人が夕張に転入するということですから、これは市の財政にも非常にいい話ですね。

食は工夫すると、なかなか面白い市場形成しますね。タレントだからうまくいったという陰口をきくことはありますが、そんなことより、こんな厳しい時代に、急成長しつつ雇用も生み出しているわけですから、この際すなおに田中さんにがんばっていただきましょう。

2009_0407marulabo11.jpg

■『丸の内みらい創生ラボ』発足!

東京の玄関・丸の内の新名所、『新丸の内ビルヂィング』の10階に『日本創生ビレッジ』があります。

オープンなミーティングスペースなどもあって、地方の皆さんの東京拠点としても使える場所ですね。

それに『東京21cクラブ』があり、ここには小さなベンチャーも拠点を置いていて、関連してアドバイザーなども配してあり、三菱地所さんがかかわってできているだけあって、さすがですね。

さて、4月7日(火)には、ここで『丸の内みらい創生ラボ』が発足しました。

 

2009_0407marulabo12.jpgセルフウィングの平井由紀子社長(下の写真の女性)が主宰して創生ラボの発足式があり、私もここに出席してきました。

森法務大臣や、猪口元少子化担当大臣なども来賓の祝辞をしてて、私は関係ないと思ってたら、『祝辞を……』ってご指名があって、あわてて私も祝辞を……そのときのワンカットです。

日本再生、日本創生は、日本中が期待しているところですが、なかなか大きなムーブメントにはほど遠いようですが、この『丸の内みらい創生ラボ』が、そんな状況を打ち破るきっかけになれば、すばらしいですね。

平井社長は大きなパワーがありますから、やってくれるかもしれませんね。それに発足式を仕切ってた、セルフウィングとのコラボ会社、フューチャーラボの柏社長もいますから、鬼に金棒かも……

 

私も、この5,6月にかけて、ちょっと大きな全国組織の起ち上げを準備してますが、いいかたちでご協力できればな……

なんて思って、懇親会を途中で……

丸の内から渋谷に失礼しました。

 
2009_0407marulabo13.jpg

2009.0130tieparty02.jpgこの写真は、7日のものではなく、1月29日(木)に、同じ東京21世紀クラブで行われたパーティの写真です。

 

tableb01.jpg

■わが三ツ矢社長が、おしゃれな店をオープン

西麻布と六本木の中間くらいのところに、わが三ツ矢社長(知っている人は知っていますね…)が、おしゃれなお店をオープンさせました。

昨日4月6日(月)に、皆さん勢ぞろいして、おじゃましました。

例によって、イケメンと美女の社長だけが厳選な審査により入れる、私の書斎でしばしば鍋をつついているみなさんです。

さてこのお店、tableB(テーブルB)

インテリアは、さすがに六本木、麻布界隈。そして三ツ谷社長の見立てですから、なかなかおしゃれ。

 

tableb02.jpgで、出てくる食事は、ちょっと無国籍っぽいけれど、地中海風。トルコのシシカバブー風なのだけれど、モロッコ風のような……

でも、イタリアンやエスパニョールって雰囲気も……ま、みんな地中海ですがね。

でもレバーのペーストはうまかった。特性なのかな?

聞き忘れました。

24席くらいの落ち着いた店です。

みなさんも、六本木、西麻布付近に行ったらぜひのぞかれたらいいと思いますよ。いいお店です。

ワインも美味しい。

落ち着いた店とはいえ、さすがに昨日(6日)は、元気印の社長ばかり、1人で10人分くらいのパワーを発散するメンバーが大挙押しかけて騒然としてましたが……

tableB(テーブルB)

〒106-0031 東京都港区西麻布1-2-13

デュオ・スカ-ラ西麻布 タワーセントラルB1F

tel03-6804-1205

 

 

 

 

 
brind0012.jpg
■がらくたを蘇生して役立つものに……

以前に、これはなんになるか?……

なにができるか、10日ぐらい後に……

というブログアップしたものがありましたね。ちょっと皆さんを欲求不満にしたかもわかりませんね。

想定できた方は、まずいなかったのではないのでしょうか。当社のセミあールームに何度も来訪したことのある人意外でね。

ガラクタというものは、ほんとになにかの折に約に立つものです。したがって私は、ガラクタを捨てられない正確です。

カッコつけると『モッタイナイ』ということになりますが、人によれば、なんでこんなゴミを集めて……

ということでしょうね。

で、上の写真にあるように、カッティングの指示通り、カッティングはされて、東急ハンズから持ち帰りました。

そして、この図面のむこうにある、3つのサイズの板を組み立てて作成したのですが、これが下の写真でブラインドの取り付け部をつくりました。

上はスチールなので、これだとプロに頼まないとできないしコストもかかbrind002.jpgり、しかもsとで現状復帰も大変ですからね。

そこで、取り付け部分をちょっと工夫して作成したのです。

ま、なんとか無事にできました。

思えば、1年くらいは、担当の一色に「つけろ、つけろ……」といわれ続けてましたが、若い男性がたくさんいるのに、なんでボクが……ってな気分もありますが、けっきょくおハチは私に……

ご前は原稿と格闘し、気分転換に午後イチからブラインドとりつけに……

ま、でも気分転換にはいいですね、

完成するとグー。

小さい写真は、その完成までの簡単なスナップです。

brind005.jpg

brind004.jpg
brind006.jpg
brind007.jpg

左のように、まったくブラインドついてなくて、PPTなどスライドショーすると、光が入ってイマイチ。

で、金属の窓枠ののあたりに、ちょっと取り付け部をつくるのですが、少々ひと工夫して、設置し、しっかり作って、そこにブラインドを設置するわけですね。

で、ブラインドをとりつけます。

ま、そんなことをして、最後にブラインドを下ろすと2番目の写真。

なんとか完成!……これで一色ディレクターに、おこられないで済みます。

日曜日の、午後のできごとでしたが、私はその後、原稿に……

 

 

2009.0403winesuki01.jpg

■1週間ぶりのホームパーティ

なにかこのところ、静かな日々が続いていると思ったら、ホームパーティをやっていないことに気付きました。

なにしろ、1月は、懇親会、新年会の連続で、ホームパーティは、おそらくその半数くらいはやってましたね。

で、少なくなっても、週に2回くらいは、なんのかんのでホームパーティを開催してたのですが、それがなんと……

丸々1週間もホームパーティがない。

3月26日(木)に来訪頂いた会社社長があり、事後は、4月3日(金/昨日)まで、ホームパーティがなく、宴会も28日(土)に、古い友人と上野で花見をしていただけ。(もっとも私は、花見には参加できず、事後、宴会だけでしたが……)

というわけで昨日(4月3日)に、ひさびさのホームパーティの開催とあいなりました。来客は3名の方、こちらは社員2名と私の3名で計6名。

ひさしぶりのワインすき焼をすることになりました。

仕事の話から、趣味の話に至るまで、じつに多様に。

ひさびさのホームパーティは、なかなか楽しいひとときでしたね。

写真は、宴たけなわのころの状況をショット。

2009.0403winesuki02.jpg■ワインすき焼には、トマトがあう

上の写真下に写っているのは、プチトマトですが、このトマト、ワインと相性がいいので、いつも入れるのですが、非常に評判がいい。

トマトは、鍋にあいます。

何度か、このワインすき焼は、ブログに登場していますが、私のオリジナルレシピのなかで、

『根生姜のサシミしゃぶ』についで、2番目に好評の鍋ですね。

ま、みなさんも楽しんでみてください。

 

レシピは、ブログ中のどこかに掲載してあります。

これでは、不親切ですね。

でも、すぐこのあと出張なので、出張帰りくらいにちょっとブログ内を検索して、みなさまにわかりやすくすることに。

それでは、ちょっと出張です。

 

 

 

 

noomote03.jpg
■能面が書斎に……

書斎には、いっさい装飾などなかったのですが、

「イマイチ…」とご心配になった方から、「能面」をプレゼントして頂きました。そこで来客された方が見える箇所に……

確かに、なかなか引き締まった感じですか……

 

日本の代表的な伝統芸能である「能」

歌舞伎と並ぶ、日本の舞台芸術の双璧ですね。世界的にも有名ですが、案外日本人が知らない。

私も、あまり知りません。

実際の舞台もみたことはなく、戦国時代の最後の三大スター武将、

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康

の3傑のなかで織田信長がテレビドラマなどに登場すると「能」のシーンが登場しますね。彼が舞う幸若舞『敦盛』にある「人間50年」……

これが、あちこちに登場します。

 

noomote01.jpg

彼が戦国武将として当時の強豪・今川義元をわずか10分の一の兵力で一気に撃破し、鮮烈にデビューしますが、この『桶狭間の戦い』(1560年)の前にも、この「人間50年」を舞ったといわれてますね。

さて、この能面。

いろいろな種類があって、みなさんがよく知っているのは、きっと般若の顔をして「鬼面」でしょうね。

なにやらおっかない。

こちらは女性の面ですね。

上から見るのと、下から、正面から見るのと、なかなか違う表情になり、不思議な芸術品です。

こうした芸術品を飾ってるのに、『能』を知らないではマズイですね。

それにしても、日本の学校教育は、ピアノの伴奏でいろいろ唱歌を教え、情操教育ってわけでピアノ教室に行く。

伝統芸能は教えない。三味線も琴も、歌舞伎も能もほとんど触れることがないまま大人になる。

日本が日本である所以が、どこに行ってしまうのでしょうか。

……などと考えながら、今年は『能』の舞台も観劇しなければ……などと思った次第でした。

 

 

 

keizaiseichousenryaku.jpg■日本版ニューディール政策(8)

政府の成長戦略原案が3月27日に明らかに。

4月に正式に発表されることになっていますが、原案のあらかたを見ると、ちょっと常識的だな~あ、って感じ。

以下に28日日経朝刊5面から…

■低炭素革命

<太陽光・省エネ世界一プラン>

・太陽光電力を買い取り制度などで20年をめどに20倍に

・役所や学校など5万4000の公立建築物を省エネ改修

・公立の小中学校3万7000校に太陽光発電設置

・エコポイント活用などで省エネ家電への買い替え促進

・燃料電池・超伝導などで日米の共同研究・標準化を推進

<エコカー世界最速普及プラン>

・国4000台、自治体20万台の公用車を次世代自動車に

・電気自動車やハイブリッド車などの購入に補助金

・電気自動車などの普及へ10ヶ所程度のモデル地域

<低炭素交通革命>

・12年度までに電池式路面電車の実用化技術を確立   ・船舶版アイドリングストップを5港で実証

<資源大国実現プラン>

・携帯電話の回収制度で金などをリサイクル   ・和製水メジャーを設立し世界の水市場へ参入

 

低炭素革命は、絶対に必要ですが、問題は政策の中身ですね。

太陽光の促進も、ドイツに相当水をあけられてのスタートで、今度どうなるのか。発電設備へ30%程度の補助金が制定されているが、費用対効果はまだ20年くらいかかる。不景気で、新規住宅には住宅価格増につながり、そうそう設置されない。古い住宅に設置するには費用対効果が不明快で、不況のために設置は加速しない。

まあ、多少の効果があるものの、抜本的にはいかないのでは。

公的建物の省エネ改修や太陽光発電の設置は、やらないよりやったほうがいいでしょう。

全体的にいえることは、従来のリプレースなどが中心で、ちょっと寂しいですね。

太陽光については、全面的に賛成ですが、買取制度などをドイツ並みに劇的な買い取り価格にするなど、ビジネスベースで太陽光を、風力発電へ投資するうくらいの状況にすべきで、ようは補助金レベルをちょろちょろ出すよりも、投資の対象として考えられるくらいにすれば補助金不要で民間の資金が大きく流入する。

電力会社には反対されるでしょうが、そのくらいやらないとスピードが出ない。

EV(電気自動車)やハイブリッド推進は、もちろん悪くないが、これは経済にどう繁栄するのか……

ようは、EVやハイブリッドが出るぶん、従来のガソリン車は売れない。すると経済効果は、そう大きくはならない。100万台、200万台くらいが見えて大きく市場が拡大する状況が見えると、自動車メーカーなどの設備投資を呼び込むわけで、こちらでの経済波及効果は大きくなる。そのためには量的拡大のスピードがだいじ。

きょうは、ボヤキということで、次号ほかで詳細に移りますね。

 

 

 

2009.0128kikakusho100.jpg■『100事例集プレミアム』台湾版刊行決定

先日、古い著作『企画書100事例集』(オーエス出版)が、再度、化粧直しをして『企画書100事例集プレミアム』(インデックス・コミュニケーションズ)として、登場しました。

というお知らせをしました。

最初の著作は1994年のことですから、今年は15年ぶりのデビューということです。これだけでも、ちょっとうれしい話しなのですが、昨日(31日)に、出版社の担当者の方から電話が入りました。

「台湾からオファーです。」

数社来ているといいますから、これはいいですね。即刻、台湾で翻訳本をすすめることに。

じつは、古い本は、中国語に翻訳されて海賊版で出回ってました。

大陸も含めて中国語圏で高額本として(確か日本円で当時1万円くらい)書店に並んでいたようです。

今回は、海賊版ではないので、まずはひと安心。

これで中国語に訳された私の監著本は12冊くらい?

ちょっと正確にはわかりませんが、海賊版の状況があまりよくわかってないので、こんな表現しかできません。

 

しばらく台湾に出かけていないことを思い出しましたが、ちょっとひさしぶりに台湾を訪問したくなりましたね。

 

 

 

 






このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。