沖縄次世代経営者塾が開催されました

2009.0119okinawajuku02.jpg

■沖縄次世代経営者塾(1月18日・日曜日)

2ヶ月に1回くらい、私はこの「沖縄次世代経営者塾」におじゃましています。総務省・沖縄開発庁の肝いりで始まったのですが、この塾の塾長さんは、写真左の江口克彦さん(PHP研究所社長)。

右は、塾の顧問で今回のゲストスピーカーの牛尾治朗さん。ビジネスマンなら誰でも知ってるウシオ電機の会長さんですね。

毎回、この江口さんがお話の口火を切って、その後、ゲストが講演をして、あとはいろいろディスカッションという構成になってますが、毎回の江口節の話しは、なかなか含蓄があって面白いし、なにしろこの方、経営の神様・松下幸之助さんの実質秘書を何十年もしてた人ですから、幸之助さんの生き字引ですからね。

 

2009.0119okinawajuku03.jpgそういえば、この江口さん。この前、渡辺喜美元行革大臣が、自民党離党会見のときに登場されてたので、「ありゃ、なにごとですか?」

ってお尋ねすると渡辺さんが「新党という話しではなく行革に対する国民運動だ」って話しなので、顔を出したという話しでしたね。

なるほど……たしかに国民運動なら話しは別ですね。

■人生のほとんどが日本経済の中心にいた経営者

さてさて、牛尾さんの話も面白かったですね。

経営者としてだけでなく、財界人としての活動歴が非常に長く、知らない人はいませんね。牛尾さんは30代から日本の経済の中心に常にいた人ですからね。松下幸之助さんも、牛尾さんを非常にかってたことは有名ですね。

財界活動をしていて本業がほったらかしになるケースも多いですが、牛尾さんは本業をほったらかしにした人ではありませんからね。ウシオ電機は、紫外線、赤外線関連商品では、もう世界的な企業ですからね。

彼が、これからの2009年におこりうる状況と、いままで日本経済がいろいろ浮き沈みしてきたことへの話しも非常に含蓄のあるものでした。ちょっとブログで話すには紙面はあまりにも少ないので、割愛しちゃいますが、牛尾会長の講演や著作は、あちこちにありますからね。そちらでぜひご覧になってください。

で、終わるとそのまま、いつもの近くの「ぱいかじ」というお店で懇親会……いつものように盛り上がりました。さらに二次会にも出かけ、さらにさらに盛り上がりました。早寝早起きの私が1100を過ぎてなお眠気も感じないで、参加してたから、その盛り上がりようはおわかり頂けるでしょう。

その盛り上がった写真をとりそこなったのは、残念至極です。

次の沖縄訪問のときは、ちゃんと撮らなくちゃね。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄次世代経営者塾が開催されました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/355

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年1月19日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「羽田から沖縄へ」です。

次のブログ記事は「■牛尾治朗著『わが人生に刻む・30の言葉』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。