お正月は、やはり「和」

2009.0102osechi01.jpg

■お正月は、やはり「和」

お正月くらいは、ビジネスを忘れて日本の伝統に浸るのもいいかも……

そんなわけでしょうか、連日、初詣は超満員のようです。もっともビジネスの、商売繁盛を願って初詣をする人もいるわけで、ビジネス度外視というわけではないかも……

今年はとりわけ厳しいですからねえ……

テレビは、正月特番で、どこを見ても和服だらけ、それになぜか「お笑い」ばかり……笑う門には福来るということなのでしょうか……

笑ったところで、景気は回復しませんが、日本のテレビは、どうしてこうお笑い系で占められているのでしょうかね。

もう少し、硬派な番組があってもいいような気がしますが……

2009.0102osechi02.jpgまま、それはともかくとして、やはりお正月は、おせちとお雑煮ですよね。

おせちは、1日に訪問してきてくれた知人が、すばらしいおせちを持参して頂きました。正月の殺生をいましめた、すべて植物系でつくったおせちですが、それにしても美しすぎます。

日本の、こうした美学はすごいですね。

まさにおせちは「幕の内弁当の美学」の、極致ですね。

お雑煮も全国でいろいろな伝統的なスタイルがあります。お雑煮の基本は、お餅ですが、とにかく雑煮のベースが違う。

私の田舎は鳥取ですが、お正月の雑煮は「小豆雑煮」でしたね。

 

2009.0102osechi03.jpg関西では、昆布と鳥出汁でのおすましが多いような気がしますが、大阪、神戸、京都で違うらしい。また商家や武家、ごく普通の家庭でもいろいろ違いがあるみたいですね。

東京では、全国各地のお雑煮が、それこそごった煮のように、いろいろ食されているみたいですが、もちろん江戸前のお雑煮はあるのでしょう。

ちょっと、研究してみたいですが、ま、仕事の合間に雑学的な勉強をしてみることにしましょう。とにかく、おせちとお雑煮で、新年を祝うことに。

もちろん、皆様の幸せとご健勝、そして厳しいビジネスを乗り切って頂くことを祈念して、いただきました。

東京は、昨日の元旦も今日も、見事な快晴です。

下の写真は、私の事務所近くの国連ビルと青山学院。そういえば青学は今日の箱根駅伝33年ぶりに出場とか。今日は半日、のんびり箱根駅伝でも見ますかね。

 

2009.0102kokurenbild.jpg

2009.0102aogaku.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お正月は、やはり「和」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/344

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年1月 2日 08:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「謹賀新年……あけましておめでとうございます」です。

次のブログ記事は「正月、三が日も終わり、仕事モードへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。