謹賀新年……あけましておめでとうございます

2008.1231huji01.jpg

■あけましておめでとうございます

これほど厳しい年の年頭でも……やはり、おめでとうございますというのが、しきたりというものでしょうね。

しかしビジネス環境は、「あけましてたいへんな年ですね」とか「激動の年があけました」

って、ところです。ちょっと、ブログを書いているいまは、まだ早朝なので日の出はまだですが、31日、昨日の朝の富士山と、3枚目には、昨日の17時前の日没の富士山です。

 

2008.1231wagasa01.jpgさてさて、どしゃぶりの景気に対して、今年の私の書斎には、しゃれた和傘を用意しましたが、ちょっとこれでなんとかなるでしょうか、ちょっと対策にはなりませんね。

■底は、3、4月か…

さてさて、この事態は、もう1年以上前から兆候はあったわけで、それについては、いろいろとブログで話していたとおりです。私はこのブログのなかで、オリンピック後の、米中ダブル不況といった表現をしていましたが、その中国と米国の株価はどうなったか。

株価は景気の指標そのものです。今年の株価の下落率は年初比で

中国上海は、60%超の下落率、米国ダウは、35%

そして米国だのみの日本は40%超下落

BRICs諸国のインドは50%超、ブラジルも日経なみの大幅下落です。

みなさん、ご存知のように、米国では自動車のビッグスリーが、青息吐息ですね。この対応が来年1月に就任するオバマ大統領の最初の難題となりますが、なにがおこるかわからない。

 

2008.1231huji03.jpg■大ピンチは大チャンス!

しかし、よく言われるようにピンチはチャンスそのものですね。

1年以上前から、その兆候はあり、昨年当初からサブプライムの問題は言われ、2007年の秋から中国の株価は下落傾向にあって、とにかく準備をしなさいといわんばかりの状況でした。

自社の準備としては、新しいプロジェクトを立ち上げて、ようやく準備がととのった段階です。これから、いろいろ皆さんにご提案をしてゆきますから、よろしくお願いします。ピンチはチャンスですからね。

これほどの落ち込みは、誰でも本気で考えることになり、問題の先送りはできなくなりますね。

その結果、大きな変化がもたらされることになります。

日本全体の再生の話しは大きすぎますが、しかし、いまとは異なる経済循環をつくらないと、とても難しい。

これについては、別枠のブログをつくるか、本を著すか、いろいろ考え中ですが、なんとか今年半ばまでには出力しようと思っています。

たいへんな年の幕開けですが、大ピンチは大チャンスです。

みなさん、思いっきり大胆な行動に出るのも一策です。もっとも、しっかりした企画を、シナリオを持った、ごく一部の人に限られますが

 

 

 

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 謹賀新年……あけましておめでとうございます

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/343

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年1月 1日 04:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年の瀬の富士山…来年は厳しいですが、ピンチはチャンス」です。

次のブログ記事は「お正月は、やはり「和」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。