『企画書100事例集』が復刻されます!

2009.0128kikakusho100.jpg■『企画書100事例集』復刻!

私の監修となっていますが、企画塾塾生の作品集が、かつて毎年刊行されていました。かなりの部数が出てますので、もしかすると知らないうちに、あなたの書棚に収録されているかもしれませんね。

ちなみに、以下の5冊でした。

1994年4月『企画書100事例集』

1995年5月『もっと企画書100事例集』

1996年6月『さらに企画書100事例集』

1997年4月『まだまだ企画書100事例集』

1998年5月『あるある企画書100事例集』

発行元はインデックス・コミュニケーションズ(旧オーエス出版)

さてシリーズの最初に出された100事例集が、15年ぶりに復刻版として『企画書100事例集』として判型を変えて復刻刊行されます。

上の白い表紙が、その直下の100事例集の復刻版です。

この最初の100事例集は、10万部近く出たのではと思いますが、22刷(2005年12月)が私の手元に残る一番新しい判ですね。10年以上にわたって売れていますから、復刻も「なるほど……」って感じですね。

本書は、私の提案で企画塾の塾生(現在の制度ではマーケティングプランナー)の企画書集を出しましょうと提案したのですが、当時、出版社の編集長からは「高橋さんの企画書が載っていない本は売れません…」と、冷たいご意見。で、いろいろ策を労してなんとか刊行にこぎつけたものの、初版は5000部と、私の監著のなかでは、最初の出版物につぐ、最低初版刊行数。……ガクッ!!!

かなり売れないと思われたこの本は、しかし皆様の作品のオーラが功を奏したのか、いきなりのヒットではなくジワジワと売れてゆき、ベストセラーというよりロングセラーになってゆきました。

そして版を重ねることになり、さらには第2弾、第3弾と5年連続で刊行することに。

その他、さまざまなエピソードがこの本には包含されていますね。

1994年4月の刊行本ですから、大半は1993年に創られたものです。インターネット上陸前ですからインターネットは、どこにも表現されていませんね。そんな内容でも、なお購入されていたのは、事業やサービス、商品は、ネット以前に着眼やそれを補強する仕組み、組立てが大事ということでしょうね。

ところで、15年ぶりに刊行することになり50人以上に方々がかかわって完成したものですね。しかし私が皆さんの現在を追跡できない人も多数おられる感じがします。というわけで、もし手にとって知人が掲載されていた場合に、その方に教えてあげてください。その本をお届けしたいので。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『企画書100事例集』が復刻されます!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/359

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2009年1月28日 08:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あわただしい1日と、鯛鍋の余韻」です。

次のブログ記事は「事務所のエントランス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。