外苑前の銀杏並木が…

2008.1130gaienichou01.jpg

■外苑前の銀杏並木に、たくさんの人が…

11月30日(日曜日)。外苑前の銀杏並木が最高潮で、最後かも…と、出かけてみたところ、人また人……

ここは、東京でも自然の香りが満喫できる、数少ない場所ですが、人の考えることは同じで、はたまた、「外苑前いちょう祭り」なんかもやってて、屋台が多数出ているなど、もうお祭り騒ぎ。

外苑前の銀杏を、静かに観賞しようという意図は、銀杏の葉っぱのように、さらさらと散ることに……

桜の季節は、皇居の千鳥が淵の桜は、たいへんな人出で、とても桜観賞ではありませんよね。

まあ、千鳥が淵ほど、人の動きを気にしなくていいものの、銀杏並木を上ばかりを見ていると、まあ、人にぶつかるのは必至の状況でした。

とはいえ快晴の空に、陽を浴びて黄金色に輝く銀杏並木は、なかなか美しい……仕事を忘れるひとときでした。

この銀杏並木を見るころは、気温は10度以下となり、そのあとは一気に冷え冷えとして冬景色になるのが、東京の街並みですね。

今年の景気も一段と冬景色。

なにやら、いつも以上に、この黄金色はまぶしく感じました。

 

2008.1130gaienichou02.jpg

■東京が不慣れな方へ

青山一丁目か外苑前の地下鉄を出て、絵画館方面にむかうと、青山通りから絵画館が見えますね。この絵画館は、正式名称は、聖徳記念絵画館といって明治天皇の業績を中心に、幕末明治の状況を絵画で描いた展示がほとんど。

美術館、博物館の類の中で、維持管理が国や自治体ではないのは珍しい。明治神宮が維持管理している。

ところで、このあたり、いまの人たちには、考えられないでしょうが、青山練兵場といってたのです。

明治の東京は、江戸川、隅田川を中心とした、いわゆる江戸が中心。青山墓地とは、江戸のはずれもはずれ……まさに木が6本生えていたとかいないとかが、六本木の由来。

明治の日本陸軍は、このあたりで大砲を撃つなど軍事訓練をしてたのです。当時の大砲は、ここから私のいる渋谷にむかって撃っても、とても届かない。

届いたところで、渋谷の谷の狸くらいが、驚いたことでしょう。

もっとも狸は、渋谷はやはり狸穴ですかね。

ちなみに、当時の渋谷を流れる隅田川の支流「渋谷川」があります。

 

 

2008.1130gaienichou03.jpgこの川が、さらさら流れているとかで、

文部省唱歌「春の小川」が生まれたとかいう説もあります。

一般的な説は、作詞者の高野辰之が住んでいた、東京は多摩の代々幡村の河骨川といわれていますが……

渋谷川がさらさらなんてね。いまは考えられませんが……

ところで渋谷川というと、いまはどうなっているでしょう。

企画塾に来られる方々が、渋谷駅の宮益坂口(八公口)を出るとすぐ、駐輪場が細長く続いているのを見ることができるでしょうが、これはどぶ川となった渋谷川にフタをしてその上が利用されているようですね。

この細長い公共場所は、そのまま新宿方面にむかって、アチコチ線上に点在しています。

なにやら、くだらないウンチクになってしまいましたが、東京を歩きながら、東京の歴史を重ねてみると、けっこう面白いですね。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 外苑前の銀杏並木が…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/326

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年12月 1日 06:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アマゾンの中古本で自分の本を訪ねる」です。

次のブログ記事は「インスタント「焼きそば」にハマる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。