山梨・常盤ホテル

2008.1115tokiwahotel01.jpg

■山梨・常盤ホテル

11月15日(土)0500頃に起き出して、0600にはタクシーをフロントによんでもらって出発。

渋谷から途中の初台で、女傑をおひとりピックアップして中央線中野駅に到着。なぜか工事の関係らしく、この日だけ新宿発ではない「かいじ(甲斐路)」で、0702中野始発。

で、他の方々と合流して、計4名で一路、甲府へ。

車中は、なぜか女傑が朝から下ネタを大声で連発。周辺のお客様が、顔を赤くして笑っているという状態。これで1時間少々を過ごし、甲府に到着。さらにバスで30分の道程も、同様に下ネタ攻撃が……

 

2008.1115tokiwahotel02.jpg朝からすごい体験ができました。めったにできるわけはありません。

で、0900ごろにゴルフ場に到着して、皆さんの到着を待って1000スタート。ゴルフ8回目、練習場1回のみという、とんでもない素人の私は、右へ左へと歩き続けて、ランチ。でビールも呑んで午後のスタート。

またまた右や左へ打ち分けて(勝手に飛んでいくのですがね…)皆さんの倍くらいの運動量をこなして終了。

もちろん女性を含めて最下位。で、クラブを出発してホテルへ……

これが、山梨最高級、いやいや日本でも指折りの常盤ホテル。なにしろ天皇陛下をはじめ皇族の山梨での宿泊は、ここと決まってるようですね。

すごいホテルでした。

上の写真は、ホテルのロビーを2階の廊下から見たところですね。

左写真は、離れへの渡り廊下。なかなか風情がありますね。

泊まった部屋は、天皇陛下や皇族の宿泊する部屋とか……和風のリッチな雰囲気の部屋でした。

温泉にのんびりし、宴会でブレイク。2次会では、さらに皆さんブレイクしてましたね。

■日本の高級旅館の美意識のすごさ

 

2008.1115tokiwahotel04.jpgそれにしても日本の高級ホテル、いや高級旅館の美意識のすごさは、ハンパではありませんね。たいへんなホスピタリティ能力があります。

ただ、それが従業員の末端まで到達しているかは、ちょっとビミョー。

しかし伝統ある旅館の建築物から庭園のすみずみにいたるまでのハードの設計レベルは最高。また女将の立ち居振る舞いなども素晴らしい。

日本の地方には、名だたる高級旅館が多数あって、こうした旅館が日本の高度成長のなかで、客層の激変が起こった。

団体客への対応をやっているなかで、かつての優雅な個別対応の、繊細で高度なホスピタリティが失われたのじゃないか……なんて思ってしまいました。

もっとも、この常盤はかなりの水準を保っていますが、一般的な地方の高級旅館は、ちょっと中途半端になってきたのでは……

それを地方の資源として見直し、徹底的に復活させると、これは国際的にもすごい資源になるのでは……

なんて思いながらの山梨の2日間でした。

 

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山梨・常盤ホテル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/316

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年11月17日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひさびさの「奥藤そば」と「わさび焼酎」」です。

次のブログ記事は「昨夜は、あまりモノの「シチュー鍋」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。