レッドクリフ(赤壁の戦)を観てきました

2008.1109redcliff01.jpg

■11月8日(土曜日)は終日、ドタバタ

例によって早朝0500前に起床し、あいかわらずドタバタと仕事をこなし、0930前には、来客。新規プロジェクトのツメを行う。

で、ひとまずランチには出かけ、お客様とはお別れ。

で、1300には、タワーマンションのゲストルームとやらを見せてくれると大手不動産業者の方が手配してくれたので、34階から東京を俯瞰できる絶景を見てきました。

ちょっととんでもない物件で、売値が10億円とやら。しかしパーティールームや改装も含めると1千万円くらいしたのではと思われるジャグジー&バスルームなど、かなりびっくり。

0300には再び来客あり、0400にはさらに合流があって、またプロジェクトのツメ。

0600前には、おお枠をおさえてひとまず合流。

PCにむかってちょっと作業をしていると

2008.1109redcliff03.jpg1900すぎには、次のお客様から連絡。2000から夕食をどこかで……って約束だったのですが、ちょっと早まって、渋谷のマークシティ最上階のアンビエントで食事。

で、帰宅して2300ごろには爆睡へ。

■11月9日(日曜日)は、「レッドクリフ」を観る

日曜日なので、主夫デーで、炊事洗濯掃除をちょっとやりながら、仕事を少しのんびり目にしてましたが、そうそうひさびさに、裁縫なんかもしてました。ミシンを踏んでね。(これは後ほど)

で、ジョン・ウー監督のレッドクリフは、観たかったので、だらだら仕事をするより観るか……というわけで1600には、ちょっと渋谷の道玄坂入口の渋谷東タワーに行って鑑賞。

三国志は、何度か小説や漫画で触れてるので、興味津々。春秋・戦国300年の乱世のあと、始皇帝で統一された秦(といっても今の中国のごく一部ですがね)のあと、漢の時代が400年続きます。そしていまから約1800年前が、三国志の舞台。そして魏・呉・蜀の三国が争覇争奪戦で、曹操・孫権・劉備に戦い、で孫権・劉備の同盟で、曹操と争う最大の山場が赤壁の戦い。

たいはんが戦闘シーンで、大迫力でしたが、金城武や中村獅童も、なかなかの存在感で登場して、映画館も超満員。制作費は100億円とか、ジョン・ウーも力が入って10億出したとか。先週の「ホームレス中学生」とは、内容も価格も違いすぎ、ちょっと比較するのも、なんですよね。

私も思い出したころに小説を書くので、ついつい映画もシナリオで観てしまう傾向があるのですが、ハリウッド映画と香港のカンフー映画の合体したような、なかなか面白い娯楽映画です。

ところでこのレッドクリフ。パート1ということで、前半の陸上戦が中心。最大の山場、水軍の戦いは、4月を待たねばならないようです。お正月ぐらいにしてくれればいいのにね。

とはいえ、主夫デーには多少の刺激のある映画でしたね。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: レッドクリフ(赤壁の戦)を観てきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/309

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年11月10日 06:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今週は4日連続『鍋屋』開業」です。

次のブログ記事は「不思議で、素敵なプレゼント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。