松下幸之助さんとの共著!?

2008.1022sennkennryoku01.jpg

■ドタバタした1日、そして最後に講演が…

21日(火)は、20日(月)で、講演を済ませたあと、朝、高崎をたって東京へ……高崎に行ったのは、5,6年んぶりか?

たしか、ポツンとひとつだけ高層化したバブリーな群馬県庁で、なにかの講演に行って以来。

高崎から大宮経由で、埼京線で渋谷にくると、案外近いって感じ。

首都圏は、ひとつになってるんだな……っと距離感で痛感しました。こんなに近いのなら、群馬や栃木や郡山あたりまで、気楽に行かなくちゃ……って思ったりもしましたね。

で、21日は、1000には東京に帰ると、来客。

そのあと、ちょっと作業があって、仕事しているうちに、よく考えるとランチを食べ忘れ。(もっとも気付いたのは、夜でしたが…)

原稿制作もちょっとやったりしているものの、電話も入ってきて、ドタバタ。……もうちょっとゆっくり仕事ができないものかと思いながら、まあ、

2008.1022sennkennryoku.jpg

仕方のないところ。

あっという間に夕方に。

で、事務所近くの渋谷で講演があったので、1600すぎに入り、ちょっと準備して1630から講演。2000に終わり、グループに分かれた皆さんが討議して、合同で質問するという面白い方式。で、質問に解答しつつ2100ちかくに。それから移動して懇親会。また盛り上がって、2300。

■ところで、松下幸之助さんとの共著!?

帰ると深夜に電話がかかってきたり、めずらしく爆睡しないで、書棚にふっと目が行くと、古~い書籍が……

書籍というより、高額な限定販売のテキスト本。

で、よく見ると私が著者に名を連ねてますが、あとの方々はとんでもない方々。三菱総研の会長もしていた技術者の大スター、牧野昇さん、で、私が続き、そのあとになんと、松下幸之助さん!?

いいんでしょうかね。さらに続いてハーマン・カーン……いまの人たちは、知らないかもしれませんが、80年代には、このカーン氏はハドソン研究所のトップで『21世紀は日本の世紀』と、もちあげてくれ、欧米の日本論では、たいへんなオピニオンリーダーでしたね。

刊行年をみると1987年。なんと20年以上前。

これって、共著ってことなんでしょうか?……じつは私はいままで共著ってのは、オープンにしてないのです。というのは昔は若輩でしたから、相手の方に失礼になってもと思いましてね。それがそのまま今日まで続いています。

たぶん10冊以上ある共著を、調べてみたくなりました。

そういえばこのころ、晩年の松下幸之助さんにお会いしたことがありますね。この本でのことだったのが、定かに覚えていないのですが、たしか京都のPHPの最上階だったような。

しばし、昔を思い出した夜でした。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 松下幸之助さんとの共著!?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/294

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年10月22日 08:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高崎で講演のダブルヘッダー」です。

次のブログ記事は「あわただしい1週間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。