景気が急速に沈む……しかし渋谷の街角

2008.1005.shibuya01.jpg

■景気の急速な減速…

連日、すごい勢いで株価は落ちていますね。

昨日(16日・木曜日)は、1000円を越す下落という、歴史的なデータでしたが、このところの下落率は、金融恐慌寸前の状況ですね。

今朝終わったニューヨーク市場は、401ドルと一転上昇に転じたものの、また来週は下落傾向になるのでは……

 

昨日は、例によって0500には起床し、デスクにむかって、原稿と格闘。ちょっと小腹がすくと、簡単なスープと、バナナで朝食。

このところバナナダイエットやらで、バナナがまったく買えない状況でしたが、最近は、売場にあり、常食している私としては一安心。

2008.1005.shibuya02.jpgで、昨日は、原稿以外にも他の企画書の作成があり、1100には来客。そのままご一緒にランチ。

その後、企画書にむかい、1500には、衆議院議員会館へ。とある大物議員秘書と、いろいろ景気対策談義。

1630には、書斎に帰り、再び原稿へ。

と、今日行っておかないと医者にいけなくなるので、1730にはちょっと病院へ。身体が悪いのではなく、雑談に行くのが私のメンテナンス法のひとつなのでね。月に2回の習慣。

1830には、来客あり会食へ。景気の話と、対策の話に終始。ま、ちょっと早めに切り上げて、マンションへ帰り、2130には爆睡モードへ。

ところで

2008.1005.shibuya03.jpg■景気減速でも、渋谷の街角は……

一方、渋谷の街角は、景気の悪さなど微塵も感じない人ごみです。

地方から出てきた人が言ってましたね。

「なんの、お祭りがあるだか……」

「うちのお祭りより、賑やかだがや…」

たしかに、その通りですね。ほんとに賑やかです。どの程度消費に貢献しているかは、ともかくとして、相当な人出と賑やかさですね。

1929年の恐慌に比喩するひとがいますが、そんな状況にはならないものの、逆に危機感がないぶんだけ、ゆでガエル状況にならないとも限らない景気の下落です。

明後日(18日/土曜日)のコンファレンスでは、そのあたりの話もしてみたいですね。

ゆたかな国の景気減速。

まあ、この渋谷の賑わいに象徴されますね。

これが外国なら、渋谷を通る車の数十台が、炎上するような暴動が突発的に起こるわけですからね。

日本の現状に感謝の念と、将来への落胆と双方が混在した心境ですね。

日本も、堺屋太一さんが言ったように、平成30年でアルゼンチン化するのかな。あと10年しかありませんね。

 

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 景気が急速に沈む……しかし渋谷の街角

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/291

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年10月17日 06:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10年前の著作「日本崩壊」、世界同時不況は「世界崩壊?」」です。

次のブログ記事は「経済は暴風圏、しかしここだけは違う!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。