ちゃんこダイニング若

2008.0921chankowaka.jpg■ちゃんこダイニング若

昨日は、ヤボ用でおもしろい経営者の仲間と、茨城は、取手のほうに行っていたのですが、帰りがたいへん。

ものすごい渋滞で渋谷に帰り着いたのが、2000にもなってしまいました。とはいえ、1800過ぎに、渋谷で……と、会う予定の人に2000まで待ってもらって、食事へ。

ちょくちょく行っている、ラーメン「むつみ屋」で有名なハートランドグループ(竹麓輔社長)のやってる「老湯火鍋房」には、よく出かけるのですが、その真向かいに元横綱若乃花のやってる「ちゃんこダイニング若」の渋谷店があり、いつも気になっているので、はじめて入ってみました。

「ちゃんこダイニング若」は、韓国店も含めると全国30店舗にもなっており、有名なのは、六本木店ですが、六本木の店と比べると、ずいぶんこじんまりな感じ。

「丸ごとコラーゲン鍋」ってのにそそられて、ちょっと頼んでみると、売り切れらしい。なるほど、これは女性に大人気なんだろうな……なんて思いながら、頼んだのは、もっとも基本の「塩鍋」。鳥と豚だったのですが、出汁は鶏がらベースでちょっとオイリッシュ。ようは鳥の脂がでてる。

これはちょっと難しい味だな……なんて思いながら頂戴してましたが、鳥鍋といえば、いろは、永野など、博多の「水炊き」が有名。渋谷でも私の事務所から3分ほどのところの246(青山通り)をちょっと入った裏通りにある水炊き専門店「酒井」があります。

この水炊きは徹底的に炊き込んで、黄色く浮かぶ鳥の脂を徹底的にとって白濁した出汁にしているんですね。しかしちゃんこダイニング若では、鳥の脂が多少残っているのか意図的に使っているのかイマイチ理解に苦しむ味でしたね。もっとも、悪くはありませんが…

ふーむ…水炊きは、とても時間的に挑戦はむずかしいのですが、このちゃんこダイニング若の味より、美味しい鳥ベースの鍋に挑戦したくなりましたね。

どんな工夫をするかは、そのうちに……

料理は企画、レシピは企画書ですからね。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ちゃんこダイニング若

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/269

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年9月22日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Z塾月例会と、今週の株価暴落と今後」です。

次のブログ記事は「鶏のカレーワイン鍋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。