株とカニ

kanidouraku02.jpgカブトガニは蟹じゃないですが、なぜか「株とカニ」

昨日(17日/水)のニューヨーク株式市場は、火曜日に反騰したものの再び大きく反落。リーマンにはあっけなく公的資金を断られたものの、FRBは、さすがに一般への影響を危惧した結果、AIGには公的資金が導入されましたが、しかし金融不安は、ぬぐえない状況でしょうね。

ところで……

おまえ、なに考えてんの…って思われるでしょうが

株と蟹のお話。

2週間ほど前に「かに道楽」に行ったのですが、談笑しながら、カニを最初に食べた人はエラいよな……なんて思ってたのですが、万葉集にもカニを食べる話が出ているようですから、日本人はよほど昔からカニを食べているらしいですね。

よくよく見ると、とんでもない、かなり恐ろしい風体をしてますから、最初に食べた人間は、よほど飢えてたのか好奇心が旺盛だったのか…ウニやナマコにも同じ印象がありますが、最初に食べた人に感謝しきりです。こんな美味しいものを、よくぞ挑戦して美味しい食べ方を子々孫々に伝えてくれたものだとね。感謝感激です。

で、この蟹、ご存知のように、横に歩くわけですね。

 

kanidouraku01.jpg横に歩く蟹の視界には、いったい何が見えるのでしょうか?

というわけで、いま株の世界やより大きくは世界経済は、それこそ大騒ぎしてますが、そんなの関係ない(小島ヨシピー風には、関係ねぇ…ですか)って雰囲気で、蟹の視線で見てみましょう。

メディアの情報を適当につまみ食いしながら、実態はどう動くか、またそれをうまく乗り切るためにはどうするのか、大企業は?…中小企業は?…パパママショップは?…ひとりの個人は?

って考えてみると面白いですね。

 

kanidouraku03.jpg世界同時不況が、世界中が不況感に漂っても、楽しく見えてきますよ。蟹のような美味な感じがしてきますから、楽しい。

前後に歩くことはないでしょうし、ビビッて萎縮して止まる必要もないでしょう。横に動いてみようと思いますね。

■このところスケジュールがムチャ。要調整(/--)/

このところの9月のスケジュールがむちゃくちゃです。まあ8月が比較的のんびり目だったのかもしれませんが、今日も朝0400からドタバタ仕事しています。

1100からは来客対応で、次いでランチで会食、ちょっとその後もテーマを変えて3つの課題。1400から1時間、セミナーで講演すると、書斎にもどって、先ほどまで原稿を書く。

ちょっと、気分転換のブログアップしているのですが、この原稿、明日が締め切りなのに、このあと1800から、歌舞伎の観劇が予定。まずいスケジュールを入れたものですが、これも前に決まっているので、キャンセルはできない。明日早朝から原稿の最終にとりかかって、午前までに済まさないことには、午前は品川に出かけて面談、さらに午後は月例会がある。

なんかちょっと太ってきましたね。

生活のリズムが狂うと、人は太りますからね。

なぜかって?

この話は、またそのうちに……とにかくこの1ヶ月くらいは、株とカニですかね。

 
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 株とカニ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/265

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年9月18日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「印刷会社の皆様にむけて、本格講演」です。

次のブログ記事は「株価?……いや、歌舞伎です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。