古~い著作で恐縮ですが…

jidainoKW.jpg

■時代のキーワード事典……異常気象

今年の雨の降り方は、ほんとに変で、みなさん異常気象を痛感されたと思います。

最近は、異常気象とか、いろいろ言われますから、私自身もせいぜい10年くらい前から意識しはじめたくらいに思っていたのですが、前回、環境本を1992年くらいに2冊も出していたので、異常気象をいつごろから意識しだしたのかな?

と思いながら、1985年に出した著に、これからマーケターが意識しなければならない「キーワード」を直近から21世紀にむけて、いろいろキーワードを列挙して説明する書をみつけました。

1985年に著した「時代のキーワード事典」という著作があります。

この書のなかで「グローバルキーワード」という章のなかに「異常気象」があるではありませんか……

 そこには、1980年代に入ってから、かなり異常気象がおこっているなどと、書いていますから、そのころの異常気象に比べれば、昨今の異常気象は、非常に激しくなった感がありますね。

 

kwjitenijokisho.jpg

そうか、80年代からか……などと考えながら、そういえばレスターブラウンが「成長の限界」?だったかな?

あれを著して、けっこうショッキングだったのは、70年ころだったのでは。

いま中国やインドの急成長。それも人口13億と10億の国家が日本や欧米なみに成長するってことは、異常気象や食料、さらには資源争奪など、あたり前におこる話。日米欧をあわせて7億くらいですからね。

この本から25年もたっていることと、今後を考えると暗澹たるものがある感じもしますが、なんとかしないとね。

ふたたび環境がらみの本を書いてみたくなりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 古~い著作で恐縮ですが…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年8月27日 08:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つかの間の夏休み」です。

次のブログ記事は「海鮮鍋と企画書、目的と手段」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。