台湾版の著作が、またまた完成!

kikakushojissennhenn01.jpg

■台湾で、翻訳本がまた出ました

かなり重い荷物が来ていて、なにか本だな……ってことはわかってたのですが、少しの間、失礼ながら開梱しないまま昨日開けてみました。

なんと、私の本の中文訳(中国語訳)ではありませんか。

そういえばダイヤモンド社から連絡が、かなり前に来ていたような……

「企画書・実践編」(2001年12月)の訳文です。

前にブログで紹介した「企画書・初級編」の姉妹本で、これで両方とも中国語(台湾語)版ができたことになります。

シリーズなので、前回同様にタイトルの前に詹宏志最推薦的日本主席企画大師と、まくら言葉がついてます。

前回にも説明したように、詹宏志さんが私のことを推奨するにあたって

「もっとも推薦の日本ナンバーワンの企画の大先生……」

ってな意味ですが、私は渋谷の段ボールハウスのホームレスと馴染めるような風袋ですがね。

 

kikakushojissennhenn02.jpg詹さんは、網路家庭薫事長(日本語で言うと、「ネットワーク(PC)ホーム」編集長) 台湾では有名なPC雑誌の編集長です。懐かしいですね。また、台湾に行ってみたくなりました。

■8月16日(土曜日)

昨日、16日は、ほとんど書斎にこもりっきりで、いろいろこなさなければならない仕事をしてましたが、まったく誰とも話さない日でしたね。

食事も朝昼夜と、3食とも自作で、外出は、1時間足らず、1度だけ渋谷の書店に出ただけでした。朝昼晩、3食自炊というのは、もしかしてはじめてのことかもしれません。

でも、なかなか楽しいですね「料理は企画」ですからね。

工夫をするのは、なかなか楽しい。

今日、日曜日も1日、書斎にこもっりっきりで、仕事ばかり、今日もまたたぶん3食自炊かもしれませんね。ちょっといろいろ工夫して楽しい1日にしたいところです。

なにぶんビジネスでは、人と会いすぎるので、こうした日があるのは、素晴らしいですね「ひきこもりデー」ですかね。

最近は、ひきこもりは社会問題になってますが……

仕事三昧になれるはずなのですが、ちょちょっとオリンピックの状況が気になるので、これが大問題。

まあ、たまに気分転換で見てみますかね。

みなさんも、のんびりテレビでオリンピック観戦でしょうか。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 台湾版の著作が、またまた完成!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/237

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年8月17日 08:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鍋のあとのスープはサイコー!」です。

次のブログ記事は「のんびり目のお盆の夕方は、常夜鍋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。