日本全国梅雨入りと、沖縄の梅雨明け

■梅雨の語源?……と現実

日本全国が梅雨入りしたのと同時に、沖縄は梅雨明け宣言が出たようですね。

ところで梅雨(つゆ)の語源は、梅の熟す頃に雨……ってのが一番有力な語源ですが、黴雨(ばいう)という、ようはカビの生える季節という「ばいう」に梅の「ばい」をあてたという説があるようですが、これはどの時代の、また中国のどの地域の中国語があてられたのかわからないから、もしかして日本語なんでしょうかね?

経済、技術、工学…など、近代用語の技術や思想、経営用語の、ほとんどは日本人が作成、ネーミングした漢字で、中国でもかなり自然に使われていますが、梅雨は、さすがに江戸時代か、それ以前でしょうか?

で梅雨は「つゆ」と読むことと同時に、「しとしと…」と降るのが梅雨のイメージだったはずですね。梅雨を「つゆ」と読むのは、この、シトシト感と、霧雨状態で木の葉の上にできる露(つゆ)に由来があるらしいのですが……さていまどきの現実です。

いま梅雨は、しとしとですか?……まるで違いますよね。

しとしとなんてもんじゃない。バケツをひっくり返したような豪雨が続きます。

私は、かなり以前から、リフォーム業の人や工務店の人に自信を持って言ってきたことがあります。

梅雨(豪雨)入り前には、必ず養生シートを100枚くらい買っておきましょう……とアドバイスするのですが、養生シートは建築現場で使う6mサイズのブルーのシートです。これを豪雨で雨漏りしたお宅に雨の中をかけつけて屋根や雨漏りする場所にかけてあげる。すると梅雨明けにリフォームの受注に繋がりますからね。

■梅雨は、これからは「豪雨(つゆ)」としたほうがいいかも

つまり梅雨=豪雨という図式は、もう当然の時代になっているのです。温暖化などの影響もあるかもしれませんね。気象学的なことは、イマイチ私はわかりませんが……

今年も豪雨です。今日は、西日本は派手に降る予報が出ています。南九州と四国あたりの降り方は、普通じゃないですよね。みなさん、ほんとに気をつけて下さい。

今朝の渋谷からのパノラマです。東京の降雨率は、50%を超えないようですが、東京より西は降りそうです。この方向は、北(新宿副都心のビル群)から、西(左端は、渋谷のマークシティ)方面を俯瞰してますが、いまにも降りそうですね。

明日、明後日は東京もしっかり降るようです。

経済も、梅雨から豪雨になる気配もありますが、皆さん、元気に突破しちゃいましょう。

2008.0620shibuya001.jpg

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本全国梅雨入りと、沖縄の梅雨明け

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年6月20日 07:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出張帰りの、夜のひととき」です。

次のブログ記事は「香港帰りの前鼻さんと、不思議なオニオンカレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。