新事業の準備が、佳境に……

■新事業の準備をいろいろ……まあ、しかしこれは大変ですね

新事業は、ほとんどが失敗します。

ことに大企業がやっている新事業で、社長が率先し、社の命運をかけるくらいのケース以外は、ほとんど失敗しますね。

成功するのは、ほんとに小規模なもの。もっとも小規模すぎて成功といえないようなものが多いですね。

時代を先取りして、たとえば現在は、エコや環境、健康系の事業がいいというわけで、進出している会社は、それこそゴマンとあるでしょう。5万社どころか10万社を超えるくらい、いろいろな会社がエコや環境、健康系の事業に進出していますね。しかし、残念ながら、CTPTマーケティングがない。

もう少し正確に言うと、C(コンセプト)があるだけのケースがほとんど。

ちょっと厳し目に言うと、Cもターゲットが漠然としているために、Cのコンセプトは不明確。

こうして時間がすぎてゆきますね。

ctptf.jpg

事業はよく、人、モノ(技術/サービス)、金、情報が重要な資源だ!

といいますね。

私は、真っ先に『時間』を入れたい。

つまり「時間・人・モノ・金・情報」です。

時間がどれくらい恐ろしいか。

1・時間はコスト(タイム・イズ・マネー)

時間がかかることは、コストがかかることです。早い話が、キャッシュインがないのにアウトゴーばかり。

資本金は、このキャッシュインまでの時間のためにありますが、そんなものは、あっという間になくなりますからね。

2・競合の出現

市場が大きいものであればあるほど、資本力のある競合が、先行企業の長短を研究しながら一気に参入してきますからね。これは恐ろしい。

したがって、これを避けるためには、CTPTマーケティングをコンパクトに実践し、徹底することです。

例によって、イチからCTPTマーケティングの実践を、これからやっています。市場も大きい。はてさてどうなるか……

まあ、この結果を、3、4ヵ月後にお話したいですね。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新事業の準備が、佳境に……

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/139

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年5月 9日 06:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モッタイナイ!…で、なにができるか?」です。

次のブログ記事は「今日は、MP成果発表大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。